精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

【アーティファクトネメシス】とはネメシスのデッキタイプの一つ。
強力なトークンカードであるタイプ:アーティファクトのカードを主軸として戦うデッキである。

長所

アーティファクトカードのパワーは総じてコストに比べ強力である。例えばレディアントアーティファクトは4コスト相当のスタッツに疾走とラスワ1ドローが付いて5コスト、エンシェントアーティファクトは実質1コスト3点として見ることが出来る。
また、豊富なPP回復カードコスト軽減カードなどから展開されるコスト詐欺ムーヴは最早AFの風物詩である。

短所

例えばアーティファクトをデッキに埋め込むカードとデッキからサーチするカード、あるいはパラダイムシフトを加えるカードとアーティファクトを場に出すカードのように2種類のカードのコンボが前提となっており、さらに機構の解放のようなキーカードまで組み合わせた動きを求められることもあるため事故率は高め。
また、どのアーティファクトを生成するかやカードを今投げるべきか否か、あるいはパラダイムシフトチョイス先はどうするかなど選択肢が多くなりがちであり、プレイング難易度がかなり高め。特にアンリミでPP回復カードが絡むとかなりの操作量になるため制限時間いっぱいまで操作しても時間が足りないことも。

主要カード

アーティファクトカードについてはタイプ:アーティファクトのページを参照。

主なアーティファクト生成カード

魔鉄の獅子2/2/2、ファンファーレでアナライズアーティファクトを2枚デッキに埋め込むネメシスのベーシックカード。アーティファクトを埋める最も基本的なフォロワーと言え、埋めるタイプの【アーティファクトネメシス】ではまさに基本となるカードであった。
ハーメルン厳密にはアーティファクトの生成役ではないのだが、手札の3コスト以下のカードをコピーできる。これでアナライズアーティファクトなんかをコピーして一気に展開する動きは強力であった。
生命の量産0コストで使用でき、手札のアーティファクト1枚のコストを-1しながらデッキに3枚同じアーティファクトを埋め込む。当然手札にアーティファクトがなければ使用できない。また、埋め込む枚数も多めなので下手に使うとキーカードへのアクセスが悪くなることも。
製造術1コストでアナライズアーティファクトを1枚デッキに埋め、そのターンの終了時に1ドローするカード。奇数枚の埋め込みカード全般に言えることだが、共鳴調整にも使用できるカードである。
機構翼の剣士アナライズアーティファクトエンシェントアーティファクトミスティックアーティファクトレディアントアーティファクトの4種の中から異なる2枚をランダムに埋める。ランダムではあるものの守護や疾走の確保要因であった。
イカロスファンファーレでエンシェントアーティファクトを2枚デッキに埋め込む。さらに、下項で説明する進化時効果も強力。
鉄杖の機構士ファンファーレでミスティックアーティファクトを埋める3/2/3守護持ち。本体も守護を持ち、いつ出しても仕事をしてくれる存在であった。
安息の少女・ミリアム造られし命・ミリアムチョイス先の1つ。ファンファーレでレディアントアーティファクトプライムアーティファクトをデッキに埋め込む。レディアントアーティファクトが強いのはもちろん、プライムアーティファクトも半永続的に場に居続けるのでプレッシャーになりうる存在だった。
オートメーションアナライズアーティファクトエンシェントアーティファクトミスティックアーティファクトレディアントアーティファクトの4種のうち異なる2種を2枚ずつデッキに0コストで埋め込む。好きなタイミングで好きなアーティファクトを埋め込めるため、使いどころには腕が出る1枚であろう。
機構二輪の天使ファンファーレでアナライズアーティファクトエンシェントアーティファクトを1枚ずつデッキに埋め込むカード。2種1枚ずつの埋め込みは痒い所に手が届く良い効果ではあるが、3コストと若干重め。
試作機械兵ファンファーレでトレースアーティファクト2枚をデッキに埋め込むカード。トレースアーティファクトは同時期に出た機構の解放マーキュリーイージス・シオンなどと相性の良いカードではあったが、自身がタイプ:機械を持つためメカニカルガンナー機械の加速兵のサーチを阻害する要因でもあった。
キャットガンナーファンファーレでエンシェントアーティファクト2枚を埋め込み、さらに本体も突進を持つため盤面処理に使える優秀なカード。
ブライトシューター結晶1で2ターンの間ターン終了時にアナライズアーティファクトエンシェントアーティファクトを1枚ずつデッキに埋め込む。恐らくオートメーションの代用としてデザインされていたであろうカードであるが、埋め込みにラグがあったり盤面を圧迫したりと使いづらさが目立つカード。本体はpickでは強い
ヴァーテクスコロニー結晶2で2ターンかけて攻撃型ゴーレム防御型ゴーレムを直接手札に加えるカード。本体は破壊された種類数点顔込みAoEをぶっ放すフィニッシャー。こちらもタイムラグと盤面圧迫が若干気にはなる。
デバイスチューナー盤面に存在しているアーティファクトを1枚手札に加える。エンシェントアーティファクトなど軽めのアーティファクトを取っても良し、パラダイムシフト産の強力なアーティファクトを取っても良し。
アーティファクトの同調アナライズアーティファクトトレースアーティファクトレディアントアーティファクト、そしてパラダイムシフトの4枚の中から1枚を直接手札に加えるという、オートメーションを彷彿とさせる汎用性を持つスペル。特にパラダイムシフトはさらにそこから3つのアーティファクトをチョイスするので実質6択のカードである。AF遣いの腕が試される1枚であろう。
ロボティクスユーザーファンファーレでパラダイムシフトを1枚手札に加える2/2/2フォロワー。WUPでプッシュされたパラダイムシフトを加える最も基本的なフォロワーであろう。
マジックエンジニア3/1/1でアナライズアーティファクトエンシェントアーティファクトを1枚場に出す。一度埋め込んでからサーチするという手順を省略して直接AFを場に出せる効果が強力なのか、本体性能は控えめ。
アイアンスティンガーファンファーレでパラダイムシフトを手札に加えつつ、進化時効果でエンシェントアーティファクトを場に出す。2面処理しながらパラダイムシフトのコストダウンを行えるというのはとても優秀な効果であるが、実装前の評価はそこまで芳しくなかった様子。
運命への反逆ユアンの憤怒側の効果でミスティックアーティファクトエンシェントアーティファクトを直接場に出す。発表当時はミスティックアーティファクトのファンファーレも発動せず、4コスト払って4コスト分の動きしかしていないので他のストーリーキャラスペルサイクルと比較して弱いと言われていた。しかし、パラダイムシフトが2コストダウンし、共鳴状態ならを手札に加えると言えばこのスペルも決して弱くないことは分かっていただけるであろう。ゴミが手札に入りうるとも言えるが共鳴外して使えばいいだけだし。間違えて右のベルフォメットの弾圧を取ることが無いように気を付けよう(2敗)。
アーティファクトスキャン既に破壊されたアーティファクトの中からランダムに2種を0コストで手札に加える。さらに、6種以上破壊されていればそのコストを0にするというコスト詐欺カード。ついに0コストでアーティファクトが手札に加わってしまうようになった。
機構の技師ラストワードでパラダイムシフトを1枚手札に加える1コストフォロワー。彼自身は無能と言っているが、中々取ってくれない相手にはちまちま1点ダメージを与えることもできる有能。
遺物の番人・ルチルファンファーレで強力な専用アーティファクトである神秘の遺物・スピネ&ルチルをデッキに埋め込み、進化時にレディアントアーティファクトを出す。いわゆるダイレクト型では神秘の遺物・スピネ&ルチルのみがデッキに埋め込まれることがほとんどであるからレディアントアーティファクトが自爆特攻することで確定サーチになる。場にアーティファクトが出ると無料進化を持つので進化権をそこまで気にする必要もないのもGood。

主なアーティファクトサーチカード

イカロス上記で説明した通り生成役でありながら進化で1枚サーチできるカード。奇数枚のサーチなので共鳴調整も可能。
熱狂の機兵士3/2/3の旧標準スタッツに1枚のサーチ付きと丸い性能。共鳴調整にも役立ってくれる。
ハクラビファンファーレで最低1枚、共鳴状態なら2枚サーチしてくれるカード。このサーチ形式はカードを使えば必ず共鳴状態になるという点も見逃せない。
悪戯な少女・ミリアム造られし命・ミリアムのチョイス先の1つ。共鳴状態という比較的軽い条件でアーティファクトを1枚サーチしてくれる。
異次元からの侵略ハクラビと同じようなサーチに加え、体力4以下のフォロワーを消滅させる効果付き。ただでさえ重く影の薄かった異界転送の影がさらに薄くなった。
メカニカルガンナー1コストでアーティファクトをサーチする、2020/8/8現在では最軽量のサーチカード。さらに8PPあれば実質1コストで2枚サーチすることも可能。こちらは2020/8/8現在では最高のサーチ効率である。本体が1/1なので若干邪魔になりやすいのが玉に瑕。
機械の加速兵下項で記す通り加速装置を供給してくれるのはもちろん、ファンファーレで1枚サーチもしてくれる。加速装置を加えた後でサーチを行うので手札が9枚の時に投げるとサーチしたアーティファクトが燃えてしまうことに注意。
アーティファクトコールハクラビ式サーチだけを行う2コストスペル。共鳴状態で使えば通常状態のメカニカルガンナーと同等のサーチ効率であり、こちらは盤面を埋めないのも優秀。

主なフィニッシャー

造られし獣人・サフィラエンハンス10で破壊されたアーティファクトの数と同じだけの攻撃力になり、自動進化して疾走を持つ。フィニッシャーとしての役割を与えられたカードであるが、安定性に欠けるカードであった。
マル・ドッキオ非共鳴状態から共鳴状態に切り替わる度にスタッツが+2/+2され、攻撃力が10以上の際に攻撃すると相手の顔含めた全体に2点AoEを飛ばしつつ特大打点をぶっ放す目玉。登場当時こそネタ扱いされていたが、機構の解放の登場以降は簡単に育つようになり、序盤から中盤辺りに膨らませて押し付けたり、終盤に2枚同時に育てたりと使い方は様々。その性質上アーティファクト同士のミラーになると容易く処理されてしまうため、ネメシスが環境から数を減らした時に採用例が増加する。
破壊の絶傑・リーシェナコストダウン効果を持つ二つの巨大アーティファクトを有する、言わずと知れたネメシスの絶傑。破壊数稼ぎに操り人形が使われるイメージが強いかもしれないが、OOT期の登場からALT期にかけてマキナが引けなかった際のサブプランとする目的で当時のアーティファクトネメシスにも採用されていた。現在でも機構の解放と大量のアーティファクトを絡めれば、早期のターンに黒の章を着地させることも可能である。
エンシェントブレイダー・ダイン普通に使えば5/3/5の突進に顔を含めた相手全体へ1点のAoEが付随した中型のフォロワーだが、バトル中に破壊されたアーティファクトのコストの合計が20を超えているとAoEが5点となる。STR期に登場したトレースアーティファクトと相性がそこそこ良く、クリスタルキャノンを搭載したアーティファクトネメシスに採用が見られた。
粛清の英雄・メイシア3コスト+7コストで破壊されたフォロワーの数+4点の攻撃力を持つ疾走フォロワーと造られし獣人・サフィラのような運用が出来るカードであるが、こちらは序盤に引いても3コストで1ドローが出来たり、あくまで分割してコストを払えるのでPP回復を十分にできれば最速7Tに決められたり、アーティファクト以外のフォロワーの破壊数もカウントされたりとサフィラよりも圧倒的に使い勝手の良いフィニッシャーであった。
マーキュリーイージス・シオンアクセラレート3で通常フォロワー全てを+1/+1、そしてアーティファクトフォロワー全てを+2/+2するという強烈なバフを与える。ベイリオンの号令が全体+1/+1、連携非発動時の武装強化が単体+2/+2であることを考えればかなりのパワーカードであることが分かるだろう。本体は8/7/7のクソデカスタッツにリーダーへの打点を1点まで抑えるという強力なダメージカットを持つ。
アーティファクトリメイカーファンファーレで既に破壊されたアーティファクトフォロワーをランダムに場が埋まるまで出す。生成役と言うことも出来るが、どちらかと言えばその後の動きの保証というよりは詰めに使うカードのためこちらに記載した。
マキシマムメタルゴリラ厳密には【アーティファクトネメシス】のフィニッシャーではないが、共鳴状態またはナテラの大樹が場にあるなら疾走を持つ8/8/8のファッティ。汎用性の高いフィニッシャーとして積まれることもあった。
カイザーインサイトファンファーレで相手のランダムなフォロワー1体とリーダーに7ダメージを食らわせ、潜伏を持つ7/7の大型フォロワー。更には進化後のスタッツは圧巻の14/14となり、10コストという重さではあるが1枚で相手の体力を20から0まで持って行けるポテンシャルを有する。後述するアクセラレートの能力も中々優秀。
ヴァーテクスコロニー上項で述べた結晶効果に加え、本体のファンファーレは破壊された種類数点の顔込みAoE。さらに5/7のケツデカ守護も持っている。結晶を使えば2種類確保できるのもGood。
音速の機構・ララミア素で出せば2/2/1突進だが、アーティファクトが場に出ると無料進化し、さらにPPが6余っていれば消費して破壊された種類数分だけ+1/+1する。上記のマキシマムメタルゴリラに似た使い勝手の大型疾走フィニッシャーでありながら、最低限2/2/1無料進化持ちとして盤面取りもしてくれる。

その他キーカード

加速装置場に出たアーティファクトフォロワーに突進を与え、さらにアーティファクトをプレイしたならPPを1回復する。直接場に出す効果ではPPは回復しないことに注意されたし。
虚数物体2ターンの間、リーダーに与えられるダメージを3点になるまでカットするカード。手札にアーティファクトがあるならばランダムに1枚捨てて4ターンに延長することもできる。CGS、DBN辺りではこのようなアーティファクトを捨てて追加効果を発動するカードも見られていた。
デウスエクスマキナアーティファクトをプレイしたならPPを1回復する効果とターン終了時共鳴状態なら手札のリフレッシュを行う効果をリーダーに付与する。これと加速装置が組み合わさるとアナライズアーティファクトなど1コストのアーティファクトをプレイしたときPPが何故か回復するようになる。なお、必要なカードを間違って捨ててしまわないよう共鳴調整する力が求められる。
機械の加速兵上記加速装置のローテ落ちに伴いその補填として与えられたカード。ファンファーレで加速装置を手札に加えつつアーティファクトを1枚サーチできる。
機構の解放デウスエクスマキナのローテ落ちに伴い新たに与えられたPP回復カード。使用したターン中、アーティファクトが場に出るたびPPを1回復し、カードを1枚引く。この効果は重複し、2枚使おうものならトップが燃えかねないドローと無尽にも思えるPP回復も可能。また、こちらは前2枚のPP回復カードと異なり場に出さえすればPP回復が行われるのでトレースアーティファクトの複製やパラダイムシフトなどにも反応する。
マグナジャイアント【アーティファクトネメシス】では専らアクセラレート1でタイプ:機械カードのサーチに用いられる。例えばタイプ:機械メカニカルガンナー機械の加速兵に絞るなど、タイプ:機械を絞って優秀なフォロワーをサーチするために用いられた。
暗雲の巫女・エネス非共鳴から共鳴になるたび顔込み1点AoEを放つ。本体は攻撃されないので場持ちもよく、機構の解放中は共鳴非共鳴が頻繁に入れ替わるので場と顔面に強烈なダメージを与えることも出来た。
アブソリュート・モデストアクセラレート1でデッキに埋まっているアーティファクトの枚数分フォロワーにダメージ、本体は4/3/4で進化時にターン終了時フォロワーか顔面に破壊された種類数点のバーンを与えるリーダー効果を付与。さらにエンハンス7で無料進化と手札のアーティファクトのコスト-1のファンファーレを持つ。
カイザーインサイトアクセラレート1で選択した1枚を残して手札を消滅させ、その枚数分山札からドローする。さらに1ターン目なら1ドローが付いており手札が減らないようになっている。デウスエクスマキナのローテ落ち以来の手札リフレッシュ要員であり、手札の総数が奇数枚の際に使用すれば盤面を使わずに共鳴と非共鳴を切り替えることも可能。
界門のホムンクルス・ラズリ2/2/2守護という性能に加え、エンハンス9でコスト最大のネメシス・フォロワーをファンファーレを起動しつつデッキから呼べる。【アーティファクトネメシス】における主なサーチ先は9コストのヴァーテクスコロニーであろう。

歴史(ローテーション)

初版作者は初期のデッキに関してそこまで詳しくありませんので、これは違うと思ったら誰でも書き換えていただけると幸いです。

歴史(アンリミテッド)

このページへのコメント

新レジェ使いたいけど、バフ系の新カードとか新レジェなんか入れずにジャスパーだけ入れたAFの方が強いっていうジレンマ

1
Posted by 名無し(ID:cb3POli9MA) 2020年09月27日(日) 01:47:17 返信

ここまでアで強化受けたのに環境から減ったクラスも珍しいね。
カードパワー的には強いんだが相性が…

0
Posted by 名無し(ID:j/UBQZu+6A) 2020年09月26日(土) 12:48:39 返信

逆に昔のミッドロ好きだった身としては今のローテAFはすごくしっくりくるわ

1
Posted by 名無し(ID:MBt6IxfU/A) 2020年09月26日(土) 12:19:09 返信

PP回復による大宇宙展開こそAFの風物詩だと思ってたんですが、最近だとコスト軽減の方に舵を切っているっぽいですねぇ……。
アンリミのあの理不尽さがあるので当然と言えばそれまでですが。

1
Posted by 名無し(ID:/qUepO92VA) 2020年09月26日(土) 11:39:14 返信

無機的なトークンを量産して物量で攻めるコンセプトは登場してからあんまり変わってないんだけど、やっぱり山札にどっさり埋めてマキナや解放で回しながら際限なく展開するのがAF特有の楽しみなんだと思うんだ
最近のシフト軸やアンリミのあれも悪くないんだけど、プレイしたカードの横に直接トークンが出てきたりチョイスがいっぱいだったりでちょっとロイヤルっぽく感じる時があったりする

7
Posted by 名無し(ID:dF5xq+6YuQ) 2020年09月08日(火) 13:08:44 返信数(1) 返信

超わかるマン
倒されても倒されても無限に湧き出て圧殺、的なね
プラクティスとかストーリーでシオンも冥府もメイシアも入れずに並べ続けて勝つの楽しいもん

6
Posted by 名無し(ID:1EFo9DKvtA) 2020年09月08日(火) 14:03:12

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ