健全なシャドバスレのwiki





システム関連

概要

Open 6とは、その場で直近4弾のカードが封入された5パック+ゴールドカードとレジェンドカードのみで構成される1パック(通称ファントムカードパック)の計6パックから出たカードでデッキを組み、試合を行う対戦方式のこと。MtGなどでいうシールド戦に近いか。
事前に用意するものが一切ないので、カード資産がない人や初心者にもおススメ。

Open 6 の流れ

入場する
アリーナ→チャレンジ→Open 6→入場方法(チャレンジチケット4枚、600ルピ、600クリスタルの中から一つ)を選択して入場できる。
クラスを選ぶ
ランダムで3つのクラスが提示される。
それぞれのクラスごとにゴールドとレジェンドのファントムカードが1枚ずつ提示される。このカードたちは必ずデッキ編成に使用できるのでクラス選びの参考にしよう。
パックを剥く
最新4弾の5パック(最新弾のみ2パック、残り3弾は1パックずつ)と、ゴールドのファントムカード5枚およびレジェンドのファントムカード3枚から構成されたファントムカードパックを開封する。ファントムカードの中の2枚はクラス選択の時に提示されたカードである。
最新4弾のパックから出てきたカードはそのまま手持ちに加わるが、ファントムカードパックから出てきたカードはデッキ編成に使用できるだけで入手したことにならない。
ちなみに、スキンカードは排出されないほか、天井に必要な"所持カードパックポイント"は増えないので注意が必要。なんで?
デッキを組む
合計48枚引いた中から、30枚以上48枚以下でデッキを組む。「ファントムカードを必ず編成しないといけない」とかそういう縛りは無い。
試合をする
1回のチャレンジで5試合を行う。試合の間にデッキの編成が可能なので適宜デッキを調整しよう。
報酬ゲット!!!!!!!!!!!
宝箱がゲットでき、勝利数が多いほど内容が豪華になる。4勝するとファントムカードパックのゴールドレアのカードの中から1枚を選んでゲットできる。5勝するとファントムカードパックのレジェンドカードの中から1枚を選んでゲットできる。目指せ5勝!!!

利用所感

はじめに

「実際プレイしてみてどうなの?」って話。
メリットデメリットや攻略もどきについて記載。
まあオープン繋がりだしとりあえず読んでプレイしてこいよ。

メリット

pick能力不要
デッキ形成能力さえあれば2pick特有の戦略や技術は必要ない。
有用カードを選ぶ事は出来ないが、それは相手も同じなので2pickよりフェアと言えるかもしれない。
(コストバランスも著しく偏ってはいないはず)
運に任せろ!
狙ったクラスのカードが手に入る
Open 6で開封するパックからは、最初に選択したクラス+ニュートラル以外のカードは排出されない。
つまり、選んだクラスのカードプールを増やしやすいのが大きな利点なのである。
多分このためにOpen 6をプレイする人も少なからずいると思う。
時間がかからない
例えばチケット4枚消化するのに2pickで20試合のところ、Open6は5試合で済むわけだ。
時間を節約したいせっかちさんにはピッタリである。

デメリット

報酬が渋い
4勝したケースを考えてみよう。
筆者はOpen6を4勝で開封パック5個+240ルピ+ゴールド1枚をもらった。
ルピ換算すると740ルピ相当である。
一方2pick4勝は下限がパック1+120ルピ(だったはず)
これは220ルピ相当であり、4倍すると880ルピ相当である。
筆者のオープン4勝報酬が下限だったとしても140ルピ≒2pick1回分の損である。
Open6は5勝ならレジェが確定で1枚貰えるとはいえこれは酷い。
1試合の重要度が高い
Open6の1ゲームは2pickの4ゲームに相当する。
つまりOpen5勝は2pick5勝×4だし、Open0勝は2pick0勝×4となる。
勝てるならともかく、負けた時のリスクは相応に高い。

利点不利点まとめ

つまり以上をまとめると、
・ピック能力は要らないから楽
・狙ったクラスのカードを手に入れやすいがトータル資産は減る
・時短できるけど負けたら悲惨
となる。
新しいクラスに手をつけ出す脱初心者〜中級者あたりは美味しいかも?
まあ面白いから損得無しでやってみるのも一興かも!(ここまでの話が台無し)

攻略もどき

プレイしてみて気づいたことを紹介。
単なる一例なので参考になるかは微妙。
デッキは30枚で組め
Open6では30枚〜48枚のデッキを組んで使えるが、下限の30枚デッキがおすすめ。
これは、
・ドローソースが大体足りない
・ピン挿しが多くなりやすい
という2点から「必要なカードが手元に来にくい」ことを意味するから。
デッキ切れにならないか心配かもしれないが、ドローぶん回しのコントロールデッキでランクマを潜ってもデッキが10枚を割ることは少ない。
つまりライブラリーアウト系さえ来なければ大丈夫。
一応ブロンズの半分以上がドローソースであったFOHのネクロマンサーや、環境レベルの大量ドローソースがブロンズに複数存在するSORのビショップなど、カードプールがドローソースに大きく偏るパックとクラスの組み合わせが存在することには留意する必要があるが、このような場合でもデッキ枚数を増やすよりもドローソースの枚数を調整する方がバランスの良いデッキになることが多く、逆にいえば、このくらいのレベルでもない限りライブラリーアウトを意識する必要はないといえる。
また例外として、ネメシスに限っては先4で共鳴になりたいなら31枚で組むのもあり。
シナジーは忘れろ
構築はシナジーありきだし、2pickもある程度シナジーを考えてカードを選ぶはず。
しかしOpen6は使えるカードが完全にランダムなので、原則シナジーなんてないものと思ったほうがいい。
例えばヴァンパイアなら復讐・渇望・狂乱といったキーワードでバラけるし、そこに機械や自然といったタイプも散見される。
そんなのを揃えて運用するとかまず無理である。
ただしシナジー前提のカードだからダメ、というわけではなく、たとえばアサルトジャガー密林の守人系列のカードだが、3/3/2突進で手札に2/2/2が加わるという汎用性を持ち合わせており、これをシナジー前提のカードだからと採用の選択肢から外すことは、かえってデッキパワーは落としかねない。肝要なのは「シナジーがなくとも使えるカード」を採用することである。
カードパワーとマナカーブを意識しろ
じゃあ構築するときに何が大事かって、カードパワーとマナカーブになる。
カードパワーが強いものは積極的に採用し、イマイチの性能でもマナカーブを埋めるためにとりあえず採用する(特に低コスト)
逆にデメリットが大きいあからさまに外れのカードは早々に弾いてしまう。
48枚から30枚を選ぶのだから大体1/3は不採用だしヘーキヘーキ。
マリガンではフィニッシャーも確保する
先に述べたとおりドロソは大体足りない。
なのでマリガンでフィニッシャーを引けた時はありがたく確保しておくと安心感がある、
進化権は大事
最近はEP補充カードやEPを使わない条件進化のカードがある。
しかしOpen6においてそんなものは殆ど無い。
テンポ維持や条件が達成出来ないことが理由だ。
ゆえに進化権を強能力起動のためになるべく使いたい。
それまでは温存戦法。
攻略まとめ
・デッキは30枚。カードパワーとマナカーブを意識して、シナジーはほぼ無いものと考える
・マリガンでフィニッシャーがついでに手に入ればラッキー!
・進化権の使用は特に慎重に

さいごに

Open 6は、2pickと比べて人口が少なく、当wiki内でもカード評価や攻略情報の更新はほぼ凍結してしまっている状態である。悲しいなぁ…
また、前述したように、開封したカードがそのまま手に入るぶん、一度のチャレンジのコストが相当高いため、チャレンジに躊躇してしまう部員も多いだろう。pickと違ってルピやクリスタルを消費しての参加もハードルが高いしね。
しかし、チケットを持て余していたり、少しでも興味があるようなら是非やってみてほしい。楽しいから。
あなたのOpen 6への挑戦を心よりお待ちしています。







これを読んだあなた。
どうか追記、修正してください。
それだけが私の望みです

前原圭一

このページへのコメント

高くて不味くて練習出来ないから一回だけ試しにやってそれっきりな人も多そう
open6グランプリとかも全然ないしな

0
Posted by 名無し(ID:dy7LIHFhuA) 2021年05月12日(水) 17:11:44 返信

正式名称はOpen 6な気がする
ページ名に空白って入れられないんですか?(無知)

0
Posted by 名無し(ID:qAeXo7hL9w) 2021年05月11日(火) 03:08:47 返信

せめてルムマで報酬なしモードみたいな感じで遊べればなぁ…

3
Posted by 名無し(ID:o4v4whj3ww) 2021年05月08日(土) 18:59:15 返信数(1) 返信

ほんまこれ
ピックあるんだからこっちも用意してほしい
パックを剥くって行為はカードゲームの醍醐味の一つ?だと思うから無料にしたくないのかも

1
Posted by 名無し(ID:OcBc6i2bxg) 2021年05月12日(水) 06:29:54

4勝してゴールド1枚って.....

4
Posted by 名無し(ID:Pw5+vg5/Ow) 2021年05月08日(土) 12:25:06 返信

1回150ルピにしてパック没収で4勝5勝報酬を2pickにもつければいいんじゃね

1
Posted by 名無し(ID:Z9pVz+f2cQ) 2021年05月08日(土) 12:15:49 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集




クラス別カード一覧




【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
武神流最大の秘奥義・閃華裂光拳は、無敵とも思われた超魔生物に対しても有効だった。マァムは軽い身のこなしと閃華裂光拳でザムザを翻弄し、腹の口に飲み込まれていたダイの救出に成功する。意識を取り戻したダイは、彼女の戦いぶりを見て、戦いのヒントを得る。紋章の力が底を尽きかけている中、活路を見出したダイは最後の反撃に打って出る。