精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


AoEとは、Area of Effect」の略語である。

概要

本来は「Area of Effect(範囲効果)」の名の通り、エリア全体に範囲が及ぶ効果を指すゲーム用語である。
したがって、「エイラの祈祷」や「キャプテン・リーシャ」のような強化効果もAoEという括りに入ることになる。

しかし特にカードゲーム界隈においては、全体効果の中でもダメージや破壊などの除去効果を指してAoEと呼ぶ場合がほとんどである
基本的にはアグロやミッドレンジなどのフォロワーを展開するデッキに対して効果を発揮するが、一部存在するぶっ壊れAoEはそれ以外の場面でも使われる。
AoEには主に「相手の場にのみ影響するもの」「敵味方双方に効果を及ぼすもの」があり、後者の方がダメージや効果に対してコストが低い傾向にある。

AoEカードの例

シャドウバースのAoEはクラスカード、ニュートラルともに性能が様々で、どれが標準的であるかの評価は安定しない
クラス特性、「味方も巻き込む」というデメリット、コストパフォーマンスなどを踏まえたとき、組み合わせが膨大になることが原因かもしれない。
以下に挙げているカードの評価も、筆者の1意見であることを念頭に入れてほしい。

このページへのコメント

All of Effectじゃなくてarea of effectで範囲効果だった気がしますよ まぁ男なら言葉は魂で感じるから何も問題はないよ

0
Posted by 名無し(ID:oIeZ6xna7g) 2019年06月10日(月) 00:29:38 返信

卵の大爆発は2pickとレアリティ縛りのときに世話になったから好きだよ
ただベーシックカードよりも弱いからやっぱり滅多に使わない

0
Posted by 名無し(ID:Fa//kAVu8g) 2018年10月08日(月) 08:21:01 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除