精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


簡単な説明

「プリンセスコネクト!Re:Dive」はShadowverseと同じくCygames社が配信するアニメRPG。
キャッチコピーはもう一度、君とつながる物語

ペコリーヌからのお願い

このページの更新は自由ですが、ネタバレ要素は出来る限り控えるか、白文字にしてください☆
白文字のやり方は&.color(#ffffff){こんな感じ。}から.(ドット)を抜いて{ }の中身を変えてくださいね☆ コッコロママをすこれ

注意

キャラクターの性能説明などの一部に誤りがある可能性が大きいです。頑張って追記修正はしていますが、その点を理解ください。

ストーリー(公式サイトより引用)

概要

かつて1年ちょっとでサービス終了してしまった前作「プリンセスコネクト!」のキャラクターと設定を下敷きに、新たな世界で女の子たちとイチャイチャする冒険するサイゲのアプリ。
シャドバと同じくKMRがプロデューサー。
バハムートっぽい見た目のアストライア大陸で来る日も来る日も装備を集めてキャラを強くするゲームであり、たくさんのママに甘えるゲームである。大丈夫なんかこのゲーム

スキップチケットによるクエストスキップやオート3倍速などによるストレスフリーな周回を売りにしている。
またいつリセマラしてもクリス・ムイミ・ネネカ・プリペコら強力な限定キャラを引ける上にクエストの周回などで手に入るメモリーピースを使ってキャラを入手出来るので大体の恒常キャラは時間さえかければガチャでどれだけガバ運を発揮しても引けるようになっておりいつ始めても充分に楽しめるというのも推せるポイント。
『時短の為の課金』『空いた時間の暇を潰す為のもの』というソーシャルゲームの原点を思い出させてくれる作りとなっている。

シャドウバースとのつながり


Cygamesがリリースしているゲームであるので、シャドウバースともコラボした。
プリコネキャラ達がリーダースキンとしても登場している他、コラボカードも作られ配布された。
ちなみに全部実戦レベルの強さなので見る機会も多いだろう。
またKMRはプリコネのプロデューサーでもある。こっちではプリコネを立て直した有能と扱われるらしい。

ランクマッチの片手間でできるゲームということでスレにもプリコネ盆栽愛好家が一定数おり、
スレでプリコネの話をしていたり、パメ犯ならぬキャル犯をしてたりする。
ただバイクスレとは言われてるものの本命はシャドバなので、無理矢理話題を出したり、ずっと喋り続けるのは控えよう

第一弾

ではペコリーヌ、コッコロ、キャルの3人がリーダースキンとしてクリスタルで販売された。
この時にはほかにもログインボーナス、グランプリ、イラスト違いカードのミッションが行われた。
公式サイト→ここ

第二弾

ついに第15弾パックのアルティメットコロシアムにて収録カードとしても登場。
またクリスタル販売のリーダースキン5種やリーダースキン付きカード2種も実装されている。

公式サイト→ここ

Q&A

キャラクターのステータス画面のざっくりとした説明

絆ランククエストで連れて行ったり、ギルドハウスでギフトを上げることが出来る。これを上げるとキャラストーリーを見ることが出来る。これ自体は特にステータスとは関係ないが、ストーリーを見ておくとステータスUPボーナスが獲得できる。
LVレベル、クエストで連れて行ったり、EXPポーションで上げれる。上げることによりステータスを上げられる。
戦力キャラクターの強さの目安。あくまで目安であり、戦力が低い方が絶対的に弱いということはない。基本的にこのゲームって単体性能よりもPT全体でのシナジーが重要になるんでね
ユニオンバースト端的に言えば必殺技、TPを1000溜めると使えるようになる。行動する、。敵を撃破する、ダメージを受けることで溜まる。また一部キャラクターのスキルでもTPを上昇させられる。
スキル上からスキル1、スキル2と区別される。スキル1はランク2で解放、スキル2はランク4で解放される。そして専用増備を付けるとスキル1、アリサだと絡みつく蔦の名前に+が付き、スキルの効果が強化されたり効果が増える。EXスキルはバトル開始時に使われる永続ステータス強化のスキルである。こちらはランク7で解放される。EXスキルは星5にすると強化され、+が付き効果値が強化される。スキルはスキルレベルを上げることで効果が強化できる。

ステータス詳細

物理攻撃力殴る威力。通常攻撃の威力。スキル/UBはこれに掛け算補正でダメージが決まる。ちなみにペコリーヌのランチタイムのような物理キャラの回復スキルの回復量にも影響する。
魔法攻撃力魔法の威力。計算式は物理と同じ。魔法キャラの回復スキルの回復量に影響するのも一緒。
物理防御力殴りに対しての硬さ。「1+この値/100」分だけ相手のダメージを割り算して減らす。簡単に言うと防御100あると受けるダメージが2分の1、200あると3分の1になる。
魔法防御力魔法に対しての硬さ。計算式は同じ。
HPそのまま。
物理クリティカル殴りでのクリティカルの出やすさ。この値×0.05%が実際のクリティカル率。ただしレベル差で増減する。高レベル相手には出にくい。クリティカルダメージは基本2倍、一部例外あり
魔法クリティカル魔法でのクリティカルの出やすさ。計算式は同じ
回避回避のしやすさ。しかし計算式不明。なお対象は物理攻撃のみ、このゲームの魔法は全て必中。
HP自動回復通常クエやダンジョンなどの連戦の際、バトル終了時に自動回復するHPの値。この値がそのまま回復量。
TP自動回復上と同様にバトル終了後に自動回復するTPの値。この値がそのまま回復量。勘違いする新生児が一番多い数値。クラバトやアリーナでは全く意味が無い。
HP吸収与えたダメージからこの数値%分だけHP吸収する。ただし相手レベルにより増減あり(レベル差では無い)。高レベル相手には吸収量が落ちる。
回復量上昇スキルで回復を行った際にこの数値%分だけ回復量が伸びる。回復上昇100あれば2倍、200あれば3倍、ユイUBが異様に大量回復する理由がこれ。
TP上昇最重要パラメータ。あらゆるTP増加行動時にこの数値%分だけ増加量が増える。推奨装備ランクなんてものが存在するのは全てこれが原因
TP消費軽減UBを撃った際にこの数値%分だけTPが残る。TP最大値は1000なので、TP消費軽減が10あるとUB撃ってもTPが100残るという具合。
命中計算式不明の謎の数値。当然必中攻撃の魔法キャラには関係ない。(そもそも魔法キャラは全員命中0だけど)

主な登場人物

美食殿(主人公組)

目的は食べ歩きのギルド。主な登場イベントはデンジャラスバカンス!渚のグルメプリンセス、アストルムに咲く双輪の華など
個別記事はコチラペコリーヌコッコロキャル
主人公(デフォルトネーム、アニメはユウキ)
CV:阿部敦
プレイヤーの分身ではあるがキャラとして操作はできない。
ゲーム開始時はほとんどの記憶を失っており、そのせいか赤ちゃんレベルまで精神退行している。
そのせいで赤ちゃんとかプリコネ太郎とか岸くんとか呼ばれたりする。
ちなみに前作ではめちゃくちゃ喋る、こいつがイキりちらすから終わったんだと言われるほど蛇蝎の如く嫌われてた。
現在の赤ちゃん状態は好評の模様。シナリオライター有能。

しょうがねぇだろ赤ちゃんなんだから

第一部では喋らないにしてもママ達の教育のおかげでそれなりに知性のようなものは垣間見えていたのだが、第二部では精神状態が正真正銘の赤ちゃんになってしまい、キャルちゃんの耳やネビアを食べるなど行動も赤ちゃんに退行してしまった。ひらめいた(反転ここまで)
アルティメットコロシアムのアディショナルカードにて遂にシャドバに参戦した。

CV:MAO
このゲームの実質的なもう一人の主人公。例のCMでも言っていた「やばいですね☆」が口癖。
ペコリーヌはコッコロに付けられたあだ名であり、その名の通り超大食い…を通り越して常軌を逸した悪食。仕留めた魔物を調理して食うなんてまだいい方、倒した魔物をその場で生のまま食ったり、酷いときは戦闘中の相手に食いついて踊り食いすらかます。アニメで飛んできたキノコ(魔物)を生きたまま食べるという心配になるような食べ方をしている。
星6ではユニオンバーストによる自己バフと自己回復のスキルを持つため非常に耐久力が高い。
水着バージョンの他に2周年でフェス限定のプリンセスバージョンが追加され、攻防共に秀でた能力を持つようになった。
この火力で本当にタンクなのか?しかしUBは命中精度に難があり、よく外す。
本名はユースティアナ・フォン・アストライア(超弩級のネタバレなので反転)
データダウンロード時にそれはもう立派な双丘を見せてくれる(DMM版のみ)。ペコリーヌ・コッコロ・キャル・主人公で食べ歩きギルド「美食殿」を立ち上げる。(ネタバレにつき反転)地位と家族と友人を奪って国中で指名手配して仲間を洗脳した挙句装備を奪って牢獄に捕らえ自分の国まで壊そうとするという(反転ここまで)酷い事をした悪人とすら対話しようとする優しい心の持ち主。
アニメでは拳で魔物と戦ったり、魔物から奪った剣で殲滅という凄まじい実力を見れる。
(以下ストーリーのネタバレにつき反転)
現実世界での名前はユースティアナ・フォン・アストライア
実は元々アストルムの姫であり、カロリーを大量に消費する代わりに強力な力を発揮できる王家の装備を持って修行の旅に出ていたが、名前と地位を千里真那に奪われてしまい帰って来たら家族も友人も誰一人自分の事を覚えていない上に皇帝の名を騙る不届き者として指名手配される羽目になったというクッソ重い過去を持っている。変な喋り方も翻訳装置の故障が原因なので元々はめっちゃ普通の女の子。ほんへではOPで親の顔より見るキャルちゃんが吹っ飛ばされるシーンの後助けるために近寄るが洗脳が解けておらず1人だけ王宮に捕まってしまう。王家の装備を没収されてしまい普通の女の子になるが助けに来た主人公とコッコロと共に洗脳されたジュンを撃退。王家の装備を取り戻し主人公と共に深層心理でキャルちゃんと対話することになる。その後はアストルム中で暴れている千里真那と対峙し、ここでも対話を試みるというぐう聖っぷりを見せている。(反転ここまで)
第15弾カードパック「アルティメットコロシアム」にてコラボカードではないマジもんの本人が参戦。
カードの詳細は空腹の姫君・ペコリーヌにて。


CV:伊藤
主人公とこのゲームのガイド役でエルフの長老の娘。
現実世界での名前は棗 こころ(反転)
「アメス」と呼ばれる存在の神託により、主人公のガイド役を務めることになる。ほんへでは途中で一時離脱するペコリーヌやキャルと違い主人公と常に一緒にいるので出番も1番多い。
星6がユニオンバーストで味方全体の体力回復や物理魔法の攻撃力バフ、TP上昇のバフが出来て非常に強い。正月も物理パーティならばまずクランバトルなどでとても強い。水着も登場したころは強かった。なんなのこいつ
フェス限でプリンセスフォームが実装された。ユニオンバーストの効果が持続回復とTP上昇をあげるをフィールド展開する。味方全体の物理魔法クリティカル時のダメージを上げる。敵全体の物理魔法防御力デバフ。スキル1が味方全体を回復。スキル2が味方全体の物理魔法攻撃力バフとTP回復。バフ、デバフ、TP上昇と回復を持っており、このゲームで強いと言われていることは大体できる。物理魔法両方で安定したサポートができ、かつ効果が非常に優秀で他に同じことができるキャラがいないため、クランバトルでは3戦すべて使われることもあるくらいに壊れている。
主人公の世話をする姿はまさしくママ(公式)である。栄えある第一回人気投票☆1部門一位。
アニメはキャルをギルドに誘ったりしておりアニメでもすごくかわいい。
あとミッフィー顔するのがノルマ恒例になっている。*8

(以下ストーリーのネタバレにつき反転)
イリヤが持っていた古文書に記された七冠の名前にコッコロの父親の名前があったがこれは……?キャルやペコリーヌと別れてしまった主人公をずっと支え続けるが魔物の攻撃を受け倒れてしまう。そして目を覚ました場所はランドソルとは全く異なる景色の公園。そこのクレープ屋で昏倒していたはずのラビリスタと出会いコッコロの父親が七冠である事、コッコロの父親はゲームにも世界の覇権にも興味が無かったので七冠の称号と権能を娘に譲り渡していたことを伝えられる。七冠の権能は今のところ不明。最新話で自分に七冠やプリンセスナイトのような力があればいいのにと言っていたので次回更新の時に明らかになるのだろうか。(反転ここまで)

CV:立花
スパイ。薄汚い獣人。裏切り○ックス*9の裏切りの方。ラスボス。親が宗教にハマっている。特にね、味覚がダメなんだ。唐揚げに勝手にレモンをかけるタイプ。
アストルムでも現実でも可哀想な子。公式がいじめ最大手。通常と水着、着物バージョンの3種類用意されている。
ストーリーではいじめられているが、水着バージョンも通常バージョンもとんでもない火力を出せる上に互いの絆ストーリー閲覧によるステータスアップが共有、さらに同キャラも同時に使えるという仕様が味方し、アリーナでは引っ張りだこな模様
通常水着正月の3バージョンとも強くシャドバでも両方最強レベルの強さでヤバいわよ!なおグラブル
星6はユニオンバーストにTP回復を妨害する効果が付き、アリーナで範囲アタッカーとして活躍した。水着バージョンはシンプルなデバッファー兼アタッカーだが、シンプルなゆえに非常に強く様々な場面で使われている。
正月バージョンは運営も想定していなったと思われるレベルの活躍を見せ、クランバトルを破壊した。ユニオンバーストによるバフで桁違いのダメージを出しすべてのボスをワンパンした。これによりクランバトルにダメージ上限が設けられたりボスがバフを消すスキルを使うなどの対策が行われたが、それでも非常に強くクランバトルなどのボス戦で使われている。ただ、正月キャルを使うにはサポートのために様々なキャラを持っていて、そのうえでUBの発動タイミングを見極めるプレイヤースキルが必要なための使うのは非常に難しい。
アニメでもペコリーヌにあつあつの料理を口に突っ込まれたり、ペコリーヌに部屋に飛び込まれ大事にしていたぬいぐるみをボロボロにされるなどやっぱりかわいそうな扱いを受けている。
(以下ストーリーのネタバレにつき反転)
実は皇帝である千里真那のプリンセスナイトであり王宮のスパイでもある。知ってた主人公達を監視し始末するタイミングを伺うが中々始末できず、結局千里真那に主人公ごと捕まった上に電撃を浴びせられ、次は無いと脅される。その後は魔力の枯渇で倒れた皇帝の代理として洗脳された状態でオクトーと共にラビリンスと合流した主人公達を襲撃する。変な仮面(実際は魔力増幅装置で魔力を増幅しすぎると身体に悪いらしい。)を付けていたためお約束ではこれが洗脳装置だろうと思われて破壊されるが(OPのアレ)強めに洗脳されていたため洗脳は解けずペコリーヌを捕まえて王宮に連れ帰る事になる。その後なんやかんやで王宮に潜入した主人公達と戦ったことによって魔力の使いすぎで倒れてしまうが、アメス様の協力で深層心理に入り込んだ主人公とコッコロとペコリーヌと対話し洗脳が解ける。でもまだ倒れたままだから活躍は先になりそう。と思ったら13章の内にユイの治療によって復活を果たした。なんでも主人公を強化するにはキャルが主人公にあることをする必要があるらしいが………?実はキャルという名前はゲームを始めたところを親に見つかりそうになり慌てて操作したが故のタップミスによるもので本名は百地希留耶(ももち きるや)という。なお本人は毒親に付けられた希留耶という名前が嫌いなようでキャルという名前は割と気に入っている様子。*10(反転ここまで)

シャドバ関係あるキャラ


フワーッと浮き上がって蔦を絡ませ私の矢があなたを貫く!大体あってる。
厳密にはフワーッと浮き上がるとTP(ユニオンバーストを使うのに必要)が貯まり、「私の矢があなたを貫く!」は彼女のユニオンバースト(奥義)である。つまり彼女はスキルでTPを貯めてユニオンバーストでダメージを稼ぐアタッカーである。あとくまさんパンツ。
地味にキャラストのタイトルやスキル名が全てシャドバのエルフカードの名前から付けられているがバハムート降臨までのカードから選ばれてるのでみんな覚えてなさそう。そもそもアリサもインフレに若干取り残されてるし
そのまま使っても結構ダメージ出せるので、アタッカーの少ない初心者はわりと重宝する。

コラボキャラなのでほんへには出ない。なおネカマ四天王戦には参加する模様*11

ルナだよ。ソウルコンバージョンで味方を殴ってTPを回復しつつおともだちを増やして消えぬ怨恨ファントムハウルで攻撃するよ。なお原作再現でおともだちを使うかどうかの選択は出来ないもよう。味方殴ってTP回復とかそれソルコンというより紅の渇望じゃね?
プリコネではもっぱらキャルとリノに腹パンしまくってUBを連打させている。UBを撃つタイミングを調整しなくても1キャラに集中しやすいTP加速という点が非常に強く、アリーナでは人権とも言われている。正月キャルとのシナジーがエグいのでクラバトでも使われている。
たまに弱った味方をソウルコンバージョンで殴り殺すことがある。キャラストーリーはアリサとは違いシャドバのカード名ではない。残念
コラボキャラなのでほんへには(ry
様々なパーティに入る強キャラな為、おりゃん勢は長年血の涙を流していたが、2020年6月にハード落ちしたので時間をかければガチャ外からでもゲットできるようになった。
2020/10/10専用装備が実装された。魔法攻撃力とクリティカルを上昇させ、自分のTPを回復する効果が増えた。これにより魔法サポーターとして順当な強化がされ、よりキャル(ニューイヤー)と相性が良くなった。

マナリアフレンズコラボイベントと同時にガチャで実装された。
体重55kg。ぷにぷにむっちむちである。
はいてない疑惑あり。
スキル1は敵一体に魔法ダメージを与えるだけだが、スキル2は一定範囲のキャラクターに英霊の加護を付与し、ユニオンバーストで敵単体にダメージと英霊の加護を受けているキャラクターにバフをかける効果を持つ。バフの効果めっちゃ強いので魔法パの人権とまで呼ばれているレベルのキャラ。なおアタッカー寄りのキャラではあるが、性質上UBの回転が非常に重要になるので星とランクは要注意。(専用装備でマシになったが。)
コラボキャラだが常設。クッッッッッッソ時間がかかるが一応ガチャを回さなくても手に入る。
コラボキャラなので(ry
2020/04/10に専用装備が実装された。これによりスキル1で英霊の加護を受けているキャラクターのTPを回復できるようになった。つまり魔法版ジータというわけなので非常に強い。ついでとばかりに装備にTP上昇と消費軽減も付いているので、それまで低めで抑えていた星も上げて使えるようになり、全体的な使い勝手が大きく向上した。

マナリアフレンズコラボイベントが終了した後にガチャで実装された。プリコネではよくあることである。
体重67kg。
グラブルで格闘キャラだったため「使う装備は拳だろうなぁ」と思った多くの赤ちゃんの期待を裏切った。
また、アンが魔法パの人権だったんだしグレアも強いんだろうな、2人のシナジーもありそうだなという赤ちゃんの期待を裏切ったことでも悪名高い。
スキル1は無敵状態で突進し、敵一体に魔法ダメージを与える。スキル2は最も物理攻撃力が高い敵を中心に毎秒魔法ダメージを与えるフィールドを展開する。ユニオンバーストで範囲内の敵に魔法ダメージを与える。
「私、結構丈夫なんだ」とか言うがクッソ柔らかくすぐ死ぬ。やっぱ胸が柔らかいから……
なんとか生き残っても火力がクッソしょぼい。おまけにアンとのシナジーもせいぜい魔法攻撃力バフを受けられるくらい。恒常キャラなので思わぬタイミングでガチャから出てきて赤ちゃんの期待をへし折ってくる。
現状どうにも使い道が無いという、シャドバでいう旧グレアをさらに酷くしたような立場にある。悲しいねえ…
プリコネではもっぱらトカゲ呼ばわりされてハズレキャラ扱いされている。
2019/9/16に追加されたハード27-3でメモリーピースが手に入れられるようになったのでとてつもない時間を掛ければガチャなしで手に入れられるようになった。いる?
コラボキャラ(ry
2020/04/10に専用装備が実装され、スキルでも範囲攻撃が行えるようになった。マルチターゲットを持つボス相手では範囲攻撃が有効で、さらに専用装備を着けることによるステータス上昇でユニオンバーストをより早く撃てるようになるのもあり、かなりのダメージを出せるようになった。これにより今までの評価からは一転してマルチターゲット相手限定とはいえ必須とも言えるような性能となっている。

マナリアフレンズコラボイベントで配布キャラとして実装された。
体重45kg。
4コマでキャルちゃんに先生になってもらうもすぐ撃沈した。いつも通りだな!
スキル1でおメメちゃんを最大5体呼び出せる、スキル2はは敵一体に魔法ダメージを与えるだけである。オメメちゃんに数に応じてユニオンバーストの威力を上げる独特な性能をしている。また攻撃を受けるとルゥの代わりに一体につき一度おメメちゃんがダメージを受けてくれる、しかしどんなダメージでも一度受けるとおメメちゃんは敵にダメージを与えて帰ってしまう。
要するにクッソ使い辛い。
コラボ(ry
2020/04/10に専用装備が実装された。これにより一度に二体のオメメちゃんを呼び出せるようなった。また魔法攻撃力バフもついた。ただ二体呼び出せても最大5体という制限は変わらないし、攻撃を受けると帰ってしまうのも変わらない。正直使い辛いという点ではあまり変わらなかった。
ちびっ子軍人。ギルドメンバーたちにいつも頭を悩ませている。身長を2cm水増ししてる。
コラボキャラとも言いづらい独特な立ち位置のキャラ。コラボキャラはギルドに基本的に所属していないが、彼女は前作からコラボキャラとしていたので、1人だけギルド所属である。端的に言えば名前と見た目が同じなだけ。いわゆるスターシステムというやつである。
アリーナコインでメモリーピースが交換出来るので非常に育てやすく*12、専用装備の速度上昇効果がシンプルながらも強力なので最初の頃はアリーナクラバトクエストの全部で活躍できる。
コラボキャラだが前作からいたキャラでありギルドにも所属しているのでほんへにもにも出てくる。

イベントでモーラの力ででセーラームーン魔法提督ラブリー★モニカに変身した。
また恒常キャラとして魔法少女(マジカル)バージョンが追加された。スキル1、自分を中心とした範囲内の味方の物理攻撃力を上昇させる。自分の物理攻撃力に応じて攻撃力の上昇量が増加する。スキル2、目の前の敵1キャラに物理中ダメージを与え、さらに最もHPが低い味方1キャラのHPを回復させる。このスキルで与えたダメージ量に応じてHPの回復量が上昇する。ユニオンバースト、目の前の敵1キャラに物理ダメージを与え、さらに物理防御力をダウンさせる。
デバフバフ回復すべてが出来るサポーター、UBでのデバフ量もそこそこ高く、スキル1も攻撃力分上昇するため効果値が十分、しかしスキル1の効果範囲が絶妙に狭く編成で使えるキャラが限られるためしっかりと運用は上級者向けと言える。


3人ともにリゼロコラボにより追加。シャドバともコラボしており縁が無い訳でもないのでここに追記する。
ラムは配布キャラ、エミリアとレムは限定キャラで実装された。復刻や常設はまだですか?
ラムはちゃんと育てたらアリーナではスキルの千里眼が刺さる場合があるので出番がある。
レムは凍結と呼ばれる稀有なスキル*13持ちで、回復もこなせるがいかんせん自身が脆い。専用装備によるテコ入れを期待したい。
エミリアはヒーラーでかわいい。専用装備によるテコ入れを期待したい。
復刻と同時に専用装備が実装された。
エミリアとラムは効果値が強化され、レムは効果の強化に加え効果が範囲になった。
コラボ(ry

2pickを荒らし一時代を築いた害獣がまさかの参戦。ただし非プレイアブル。
登場イベントは「二人は魔法少女ミスティ&ピュアリー」、プリキュアかな?「魔法提督★ラブリーモニカ レッツゴーマジカルカルテット!」
カスミとシオリに目を付け、魔法探偵ミスティ★カスミと魔法狩人ピュアリー★シオリに変身させた。
今度はモニカとトモに目を付け、魔法提督ラブリー★モニカと魔法剣士シャイニー★トモに変身させた。
おばさんに鞍替えしたかと思えば今度は別の少女に手を出す害獣を許すな。

その他登場人物

記述が長くなったので移転しました。

プリコネの登場キャラ一覧

用語集

コンテンツ

バトル

メインクエスト
シナリオを読み進めていくだけでなく、キャラを強化する上で避けては通れない道。
クエストはエリアごとに分けられており、エリア最後のクエストにはボスがいる。エリアのクエストを全てクリアすることで、そのエリアのハードが開放される。装備集めもここで行うことになるが、キャラの育成画面から直接出撃できるのでここで一々ドロップする装備を探す必要はない。たまにドロップ量が2倍とかまれに3倍になる期間が来るのでその時は石を割ってでも周回するのがお得。
ハードクエスト一日三回までクリアできる。キャラクターのレアリティを上げる、もしくはそのキャラクターを手に入れるために必要なアイテム「メモリーピース」が手に入る。こっちも入手アイテムが2倍やごくまれに3倍になる期間がある。50ジュエルを使うことで一日一回だけ回れる数を回復できるが若干割高なので基本的には推奨はしない。
ベリーハードも同じく一日三回までクリア可能、キャラクターを星5から星6にするために必要なピュアメモリーピースを集めることができる。
メインクエストの編成指針
身も蓋もないが右上のボタンから他ユーザーのクリアパーティを確認することができる
新要素や新キャラ追加などで状況が常に変化しており後期高齢赤ちゃんは検証も不可能であるため育成段階の的確なアドバイスというのは難しい。そんな中クリアパーティ一覧はこれ以上ない確実な情報である
クリアレベルの水準や流行りのキャラなどこれを見れば一目瞭然でとりあえず丸パクしてしまえばクリアできる。オススメ
クッソ激烈に身も蓋もないがフレンドのサポートキャラはレベルに制限がなく、☆6レイ単騎でかなりのメインクエストをクリアできるという噂もある
高レベル赤ちゃんフレンドを探してみるのもいいだろう
クリアパーティ知らんキャラしかおらんのやけど
というリセマラ否定派ガチャよわよわ新生児のためにガチャよわよわ後期高齢赤ちゃん知恵袋も公開するで
繰り返しになるが最新の情報はクリアパーティ一覧にある。覚えておくように
他ゲー経験者向けTIPS
  • タンクの火力は基本的にあてにしなくていい。ヘイトという概念もないので優先ターゲットは飛ばないしアタッカーに自重させる必要もない
  • 前衛中衛後衛をバランスよく配置する必要はない。1人前衛4人後衛や5人前衛などもプリコネではよくある編成例。
  • 物理魔法をバランスよく配置する必要はない。シナジーを見てタンク以外はどちらかに統一するのがオススメ
Q.これ順番自由に配置できひんのか?
A.無理です。立ち位置含めキャラの特性なので我慢してクレメンス
Q.○○クッソ強い聞いたけど嘘やん!
A.育成段階、対象コンテンツ、敵、情報の鮮度によって変わるのでなんとも。プリコネはキャラ調整をバフやナーフを介さず新装備や新要素で行うため進行度が違うと情報の共有が難しい。クリアパーティ見ろ!!!
基本的な編成
ヒーラー兼アタッカーデバフ兼アタッカー中衛タンク兼サポータータンク
初期メンバー4人はこのような役割を持つ。メインクエストはこれが適正になるようデザインされている…はずなので基本的にこのバランスを維持して編成を行う。
全員丸い性能をしているのでこの4人に最初の確定☆3を雑に突っ込んでも大体成立する割とオススメの編成。
育ち切ったこの4人は様々なコンテンツで見かけるくらいの性能だが初期状態だと基礎ステータスが低く結構つらいので☆2や☆3で同じ役割のキャラがいるなら入れ替えをするといい。

Q.そもそもタンクってなんだよお前の彼か?(再掲)
A.MMOなどの用語で防御に優れ敵の攻撃を引き受ける役割を持った存在のこと。守護
プリコネは敵味方問わず基本的に一番近くにいる敵を攻撃するため防御が高く自己回復手段を持つキャラクターを一番前に配置することでタンク役として機能する。

Q.じゃあこの挑発状態になるスキルの存在意義ってなんだよ
A.2番目以降に配置しても優先ターゲットになる他、中距離攻撃や遠距離攻撃と記載されているユニットは先頭ではなくそれぞれ3番目5番目を優先ターゲットにする。こいつらの攻撃を一手に引き受けることができる。

Q.じゃあ挑発持ちいないと3番目5番目が死ぬやんけ!
A.せやけど育成が進んでいない序盤だと挑発して集中砲火を受けるとタンクが落ちるんやで?

Q.どないすんねん…まるでわからない!
A.3番目と5番目にタンクや回復を持ったサポーター(ヒーラーとは異なる)を配置することで受けきることができる。中衛タンクなどとも呼ぶ。

Q.2番目が真っ先に死んだんやけど…
A.当然2番目狙いもいるし2番目に着弾しそこから小範囲に広がる攻撃をしてきたり単に範囲攻撃をしてきたり1・2・3番目を同時に狙うような奴もいる。

Q.あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)
A.ステージ選択時敵アイコン長押しで詳細を見ることができる。適宜編成をいじって攻略、しよう!
・2番目中心の範囲攻撃は2番目の周囲にタンク以外のユニットを置かない。
・範囲攻撃はタンク1と(後ろの方の)中衛か後衛4人で対処。
・123狙いは前3タンクで対応。
許されざる敵はこちらも参照
Q.誰がタンクなのかわからん…
A.じゃあ俺恒常ガチャ産タンク書いて帰るから…

デバフってなんだよ(哲学)
プリコネにおいてはおおむね防御ダウンをかけることを指す。
これをするとしないとではダメージに大きな差が出る。ボス戦などでタイムアップするときは入れてみよう
物理と魔法の2種類があるが同時にかけられるのはキャルと専用装備をつけたスズメのみ。
両方十分な数値になるまでかけていては編成が5人に収まらないのでどちらか一方に寄せる必要がある。これが物理パと魔法パに分かれる大きな理由。

Q.誰がデバフ持ちなのかわからん…
A.じゃあ俺恒常ガチャ産デバフ持ち書いて帰るから…

Q.特大大中小しか見えなくてどのデバフが強いのかいまいちわからん…
A.さらにそこから頻度と持続時間の問題も追加でスペック見ただけじゃさらにわからん。とりあえず物理はマコトかアオイ(編)、魔法はネネカが使いやすくて強力。
ガチャよわよわ赤ちゃんはいにしえより伝わるキャルとアカリの並びで凌ごう
ペコリーヌ(プリンセス)以外全員ヒーラーというクリアパーティを見たことがある%
ペコリーヌ(プリンセス)以外全員ヒーラーというクリアパーティを見たことがあるので案外デバフがなくてもいけるのかもしれない。いっそばっさり切ってみてもいいかも。

Q.デバフキャラって☆3多くない?
A.ま、多少はね?これが初期にキャルアカリが流行った理由で後期高齢赤ちゃんがやたらとマコトを勧めてくる理由でもある。
☆1のレイが星6まで育ちきると強力なデバフ役になるのだが…そんな話してもしゃーない。
クソ梟&クソ猿

絶対に許してはならない存在。かなりの頻度でスタン攻撃をしてくるわ普通にダメージ高くて魔法バリアを貫通するわ挑発効かないわ配列がやや後ろだわと嫌がらせのオンパレード。
しかもたまに無敵持ちのクソタヌキと同時に出てくる。絶対に許すな。

こちらも頻出のクソ猿。脆いキャラが多い最後尾を狙ってダメージの高い岩投げを連発してくる。こいつがいるせいで挑発持ちのタンクが手放せない。しかもイラストでシズルおねえちゃんのおっぱいに身を沈めている。絶対に許してはいけない。

 その他の絶対に許してはいけない愉快な仲間たち

探索

スタミナ消費なしで毎日2回ずつクリアできて、マナと経験値ポーションを手に入れることができる。たまにドロップが2倍やごくまれに3倍になる期間が来る。マナ購入や課金で挑戦回数を増やせる。
一番上のレベル以外を選ぶメリットは基本存在しない。2020/8/20現在レベル10まで存在する。
ダンジョン

ほかの赤ちゃんのパーティの偽物と戦い、一戦ごとにご褒美がもらえる。
ダンジョンの最終層にはボスがおり、倒すことでアイテムを、さらに初回にはおまけでスタミナを生成する家具を貰える。最悪一回クリアすればいいのでどんな手を使ってでも早期にクリアした方がいい。画像のやつはジャバウォック(シャドバとは別物)
基本的にダンジョンはタイムアップで敗北してもキャラクターが継続して使えるので、ボス戦では耐久戦術が有効であり、最初にクリアを狙うときには活用しよう。ただしボス側も耐久対策を取ってるので注意*16
ダンジョンコインは非常に集まりやすく(早ければ1ヶ月で1キャラを星5+専用装備の状態に出来るペース。課金すれば2倍になる。)一部キャラのメモリーピースと交換出来るので忘れずにやっておこう。
ダンジョンコインの効率は基本的にボス分のコインを除いた最新のダンジョン4戦>他のダンジョンのボス討伐なので、最新のダンジョンをやるのがオススメ。
聖跡調査 神殿調査

キャラクターの「専用装備」を作るために必要なアイテム「プリンセスハートの欠片」を手に入れることができる。専用装備があるかないかでは戦力が全く違うのでこれもやっておきたいところ。たまに入手できるアイテムが2倍になる期間が来る。
神殿調査の方は星6が解放されたキャラの才能開花に必要なプリンセスオーブの入手の為に周回する必要がある。ドロップ率はLV2で約50%と優しいが1キャラ100個というアホみたいな量を要求されるので忘れずにやっておこう。スタミナこわれる
聖跡調査はレベルが3種類、神殿調査はレベルが2種類あり1日5回ずつしか出来ないが50ジュエルという若干割高な値段で回れる数を1日3回まで回復できる。同じくたまに入手できるアイテムが2倍やごくまれに3倍になる期間が来る。
プリンセスハートとプリンセスオーブはメモリーピースと違い一気に大量に仕入れる手段が無いので何もイベントが無い期間などにコツコツやっておくべき。
クランバトル
イベント参照。
バトルアリーナ・プリンセスアリーナ
対人戦要素。バトルアリーナは1パーティ、プリンセスアリーナは3パーティで殴り合い勝敗を決める。自分の最高順位*17を更新するとジュエルが沢山貰える。また順位が上がれば上がるほど毎日貰えるジュエルなどの報酬が美味しくなるので頑張って勝とう。
対人戦といっても基本的に他プレイヤーが組んだパーティと戦うだけな上に最上位以外では戦う前に大体の結果が察せるのでシャドバ程キチゲは溜まらない。
ちなみにアリーナは他のコンテンツとは求められる強さの要素が大きく異なるため、こっち独自で強いというキャラがたくさんいる。

アリーナ特化キャラ


アリーナQ&A


メタの組み方

共闘(2018年11月に終了)
最大3人で協力してクエストを攻略する本作では唯一のマルチプレイ前提のコンテンツだった。1日20枚まで溜められるチケットを一日2枚もらえ、ルームを建てるときはそれ1枚消費し参加は自由に行える形式だった。基本的にはやることは普通のクエストと変わらない、1人1パーティで最大で3人が3つパーティを用意して戦うという点、他のプレイヤーが対戦中にユニオンバーストで援護*20ができる点などが特徴。テンポの悪さ、強制マルチの点などが非常に評判が悪く、実装されてから一つもクエストが追加されることもなくに終了*21した。
サイドストーリー
基本的には下記のシナリオイベントからボスの勲章形式とボックスガチャの要素がなくなったもの。
おそらくイベントで配布されたキャラクターを入手できていないプレイヤーに対する救済措置として用意されたものだと思われる。
基本的にはイベントクエストと変わらないが、ハードのクリア可能回数が3回から5回に増えてるいたりと微妙な違いはある。ハードは回数回復が行えず、5回クリアしたら翌日の更新を待たないといけない。
現状ボスは各一回ずつしか倒すことが出来ない。

クラン

プリコネには「クラン」というシステムが存在する。簡単に言えば他のゲームで言うところのギルド的なもので、*22プレーヤーたちが集まるチームのようなものである。
入った方がいい?
ぶっちゃけて言えば絶対入った方がいい。クランに入ると、クランバトルの参加・報酬の増加、メンバー間での装備品の寄付、挨拶でのスタミナ回復などなど特典が様々についてくる。
初心者OK・出入り自由のクランから、要審査でdiscordでバリバリにコミュニケーションを取り合うガチクランまで様々あるので、概要欄を見てとりあえず入れそうなところに入ろう。合わなければ脱退・再加入も自由にできる。
シャドバ部のクランって無いの?
いくつか存在している。ここで書いていいものかわからないので詳細は省略するが、スレ民に聞けば教えてくれると思う。

キャラ育成

装備

メインストーリーとかを周回することで集まる装備の欠片を使用することで装備を作成し、キャラに装備させることができる。全部の部位に装備を着けることで装備しているものを消費してランクアップが出来るがランク10辺りからは強化しきったフル装備の方がランクアップ後の無装備状態より強かったりランクは現在(2020年11月)最大ランク19まであるが、ランク11や14、まれに特定の装備だけ着けない方が良かったりするキャラもいるのでその辺は気をつけよう。まあ装備は次々と追加されていくので長い目で見たらランクを上げてしまっても何とかなるのでよっぽどのガチ勢以外はあまり気にしなくていい。ただ全部の部位が実装されきってないランクは上げない方がいいキャラが割といるのでそこだけは気をつけよう。
なお装備強化はそのランクのみ適用される。神バハやモバマスなどフューチャーフォン時代のソシャゲによくあった最大強化せずに次の段階に進むと最終的にステータスが低くなるシステム、いわゆる8MAXやMM特訓のような仕様は存在しない
こんなの今時の赤ちゃんは気にしないかもしれないがかつて別ゲーでトラウマを負った古めの赤ちゃんのためにここに記す。


Q.RANKを上げないほうがいい場合もあるとは一体(再掲)

レベル

キャラクターのレベル。色々な方法で手に入る経験値ポーションを使うことで上げれるがプレイヤーのレベル以上には上がらない。
装備のランクやレアリティと違って上げない理由は無い*23のでどんどん上げていこう。
スキルレベル

キャラクターが使うスキルやUBのレベル。こちらは色々な手段で手に入ったり買ったりできるマナを使用することで上げれるがそのキャラのレベル以上には上がらない。こちらも上げない理由は無いのでどんどん上げていこう。装備ランク4で2つ目のスキルが、装備ランク7で永続で働く自己バフスキルが発動する。専用装備によってスキルが強化されたり星6にすることでUBが強化されたりもする。
才能開花

秘石やコインを使ったりハードを周回することで手に入るメモリーピースを使うことでキャラのレアリティ(星の数)を上げる機能。手に入るメモリーピースは毎日3~5とかなのに120とか150とか要求されるのでクッッッッッソ時間がかかる。ガチャを回すことで手に入る秘石にはそういう制限はないので課金しまくってガチャを回しまくれば、かなり早く完成するが秘石以外でメモリーピースが手に入らないキャラもいるのでそっちに使った方が良さげ。そういうキャラは大体性能も高いし。
キャラによっては星3とか星4で運用するのが正解なのもいるので十分気をつけよう。上げてしまったら星5まで上げないと戻せないので熟考すること。基本的に星3までは上げ得。また星5にするとEXスキルが強化され、EX+になり性能が変化する。さらに称号と石も貰えるので良い事尽くめである。

星変更機能実装され、星5のキャラクターを星3〜5に変更できるようになった。当然だが星5から下げればEXスキルも変化する。ただ星4のキャラクターを星3に下げることはできないので、もし星3にしたいときは星5まで上げなければならない。星6は下げる理由がほぼ存在しないため、下げることが出来ない。

一部キャラには星6が実装されていて、専用装備を作成済みでありベリーハードで手に入るピュアメモリーピース50個とメモリーピース50個、プリンセスオーブ合計100個を装備することで解放クエストに挑めるようになり解放クエストに勝利することで星6に才能開花出来る。クッソ手間がかかる代わりにアホみたいな強さなので目標として頑張ろう。
専用装備

装備ランク7以上のキャラにプリンセスハートの欠片30個もしくはプリンセスハート3個とメモリーピース50個を使用してそのキャラ専用の装備を作成することができる。効果としては1スキルの強化やステータスアップ。プリンセスハートの欠片は一日2~7個ぐらい手に入る上にルナの塔で現物を何個も貰えるので才能開花よりは早めにできる。ジータとかエリコとかアンナのような専用装備があるかないかでは天と地ほど性能が違うキャラがいるので作る順番には気をつけよう。キャラのレベルと同じレベルまでプリンセスハートの欠片とメモリーピースを使うことでレベル上限を解放することができる。
気を付けたいのは専用装備のレベルは専用装備のステータス強化であってスキルはレベルを上げても強化されない。またマホやユイなどの一部のキャラは専用装備のレベルを上げない方が良い場合もある。
現在(8月15日)は最大レベル180まで上げることができる。
注意:才能開花・ランク上げをしない方がいいキャラ
プリコネの育成のややこしいところは、星やランクを上げれば必ず強くなるとは限らないということである。それもこれもTP上昇というやつの仕様のせいなんだ。(ステータスの欄参照)さらに面倒なのは一度上げたランクは元に戻せないので、後悔しない選択をしたい。
キャラごとに推奨☆、ランクというものが存在しており、調べながらプレイすることを推奨する。むろんマックスで育てた方がいいキャラもたくさんいる。星上げ・ランク上げを疑うキャラ基準としては、
  • ユニオンバーストが重要なキャラ
  • サポーター、ヒーラー職
の2点を意識しておくと良いか。まあ無論ちゃんとキャラごとに調べた方がいい。また星・ランクの基準もどのコンテンツで使っていくかで変わったりするので、自分のプレイスタイルを考えて決めよう。

ストーリー

メインストーリー

通称ほんへ。記憶を失った主人公とペコリーヌコッコロキャルを中心としたストーリーが展開される。
途中でクッソ重い設定や衝撃の事実が発覚したりする結構シリアスな内容となっている。
読む前に登場するキャラのキャラストーリーの一話目を読んでおくといいかもしれない。
キャラストーリー

女の子にミックスベリーケーキをキメさせるの絆ランクを上げることで見ることが出来るストーリー。ほんへの設定とリンクしていたりほんへの補足がちょくちょく出てきたりするが時系列がどう考えてもおかしい部分があるのでループ説が唱えられてたりもする。ストーリーを閲覧することでそのキャラのステータスにボーナスがかかる*24ので是非見ておこう。ちなみにこのステータスボーナスは同キャラの別バージョンでも共有されるので別バージョンを持ってるならそっちの方も見ておこう。
ムイミとネネカとペコリーヌ(プリンセス)はキャラストーリー中でとんでもないネタバレをする事になるのである程度ストーリーを進めないと見れない仕様になっている。
ギルドストーリー

ギルド所属キャラの合計絆ランクを上げることで見ることができる。こっちは特にボーナスとかは無いがジュエルが微妙に多めに貰えるのでやはり見た方がお得。
エクストラストーリー

イベントクエストやルナの塔をクリアすることで見れる。一々見るとテンポが悪い上にタイトルとサムネだけで大体の内容が分かってしまうがメモリーピースとジュエルを貰えるのでやっぱり見た方がいい。過去のイベントの信頼度エピソードなどもここで見れる。
バースデーストーリー

2020/03/31、ペコリーヌの誕生日に実装された。キャラクターの誕生日にログインすることでこのストーリーを再生される。ストーリーを閲覧すると報酬として、誕生日のキャラクターの通常バージョンのメモリーピースを10個獲得できる。
このストーリーは当日1回最初にログインした時しか閲覧できないので、注意が必要である。途中セリフを三つの選択肢から選べるが、一回しか見れないのでひとりですべてを見るとなると現状最低3年必要になる。

ショップ

同じ商品はメモリーピースを除き1回しか買えないが、マナは6時間ごとに、そのほかは毎日5時に更新される。またマナかコインを支払うことで手動で品揃えを更新できる。ただ更新にかかるコストは一定回数ごとに上がっていく。
マナ

装備を強化するアイテムや経験値ポーションを買える。値段がクッソ高いので序盤はせっかちなホモ以外は買わない方がいいだろう。ただ成長するにつれてと経験値ポーションはほぼ間違いなく、探索分だけでは足りなくなってくるので購入を推奨する。
ダンジョン

1日に1回ダンジョンを攻略する事で貰えるコインを使ってメモリーピースや装備を買える。入手量が他のコインと比べて多い上にユカリさんやキャルちゃんなど強力なキャラのメモリーピースが買えるのでどんどん買おう。最終的には余るので育てたいキャラに一点集中させるのがオススメ。
アリーナ

時間経過で貰えるアリーナコインを使ってメモリーピースや装備を買える。序盤から集められる上にヒヨリやリノなどのキャラのメモリーピースが買えるのでどんどん買おう。現状(8月20日現在)はヒヨリ>タマキ>リノ>その他の優先順で集めた方がいいと思われる。品揃え以外はダンジョンコインと同じ。
プリンセスアリーナ

時間経過で貰えるプリンセスアリーナコインを使ってメモリーピースや装備を買える。品揃え以外はダンジョンやアリーナとほぼ同じ。だがミヤコという強力な物理タンクのメモリーピースが買えるのでどんどん買おう。現状(2020年4月10日)はハツネ>ツムギ>その他の順に集めることを推奨する。
クラン

クランバトルで貰えるクランコインを使ってメモリーピースと交換出来る。他のコインと比べて入手量がクッッッッッッソ少ないのでマコトに全部突っ込むんだよおうあくしろよ。今はアリーナを優先するプレイヤーはイオの方を取った方が良かったりするかも。
マスター

レベルがカンストした後にクエストなどでスタミナ1消費につき1コインもらえる。一週間で入手できるコインの上限が設定されており、入手上限数は月曜日にリセットされる*25
色々面倒臭い仕様があるがマスターコインを入手可能なエリート赤ちゃんはわざわざこんなとこ見ないと思われるので割愛。
交換できるものはプリフェスキャラのメモリーピース、一部限定キャラのメモリーピース、メモリーピースの欠片、女神の秘石、経験値ポーション、マナ、装備がある。
交換先で優先すべきモノを述べておくならマナ、ポーション、プリンセスハート等の育成関連だろう。今後の専用装備の為にプリフェスキャラのメモピを交換しておくのも悪くない。
女神の秘石

ガチャでキャラが被った時やイベントのボックスガチャなどで手に入る女神の秘石を使ってメモリーピースが買える。ここでしかメモリーピースが手に入らないキャラも多いので使い方はよく考えよう。
最初は1個でメモリーピース1個と交換出来るが20個買う毎に2→3→4と上がっていき最終的に5個で1個というレートになる。
星6に上げるためのピュアメモリーピースとは秘石20個で1個と交換できる。めっちゃ高い。
限定
クエストをクリアする事で一定確率で1日5回まで出現するマナを使って経験値ポーション*26と装備を買えるショップ。値段がクッソ安いので必要な物は全て買っておくべし。10分経過で自動的に閉じる。ショップが閉じていないと次の限定ショップが出てこないので注意。必要なもの買い終わったあとに下のボタンから閉じておくべき。

ガチャ

一回150ジュエルでで。10連で引くと一枚星2以上確定になる。また有償ジュエルのみ1日一回50ジュエルで一度引ける。
プラチナガチャチケット*27(10枚ためても10連は引けない)、10連ガチャチケットの二種類のチケットがある。
サイゲのガチャによくある天井システムも存在*28する。1回引くと1ポイントになり、ピックアップ期間中に300ポイントためるとピックアップされているキャラ一体を獲得できる。また期間終了時に交換しきれなかったポイントはスキップチケットになる。
また、ダブってしまったキャラはそのレアリティに応じて「女神の秘石」というアイテムになる(星1は1個星2は10個星3は50個)。
女神の秘石は、メモリーピースと交換できる。ただし、所持しているキャラのメモリーピースとしか交換できない。
運が悪いとジュエルが一瞬で消えてしまうので育成に重点を置く場合は控えた方がいいかもしれない。
プラチナガチャ
常設の恒常キャラのみが排出されるガチャ。常に誰かのピックアップガチャやっており、わざわざこちらを引くメリットはほぼ存在しない。
プリンセスフェス
不定期に開催されるガチャ。強力なフェス限定キャラが排出され、星3排出確率も2倍になっている。積極的に引いていきたい。
ノーマルガチャ
午前と午後で1回ずつ、一日2回無料でアイテムや引けるガチャ。メモリーピースや装備の欠片などが出てくる。特にいいものが出ることはないが、デイリーミッションで引けばプレイヤー経験値が貰るのでとりあえず引いた方が良い。

ギルドハウス


デレステのマイルームと同じように、キャラクター・家具を配置して自分だけの部屋を作ることができる。
ルピで家具を買うことが出来る、家具には期間限定発売のものも多いので収納ボックスに余裕があれば家具はすべて買っておいた方がいいかもしれない。
一部の家具には、一定時間でスタミナ・スキップチケット・expポーションを作ってくれる効果がある。これらの機能を持った家具の一部はルピでレベルを上げることで性能を上げることが出来る。レベル制限があるがルピは基本的にダダ余りするので強化しない理由は無い。忘れないようにしよう。
ダンジョンクリアでスタミナを作る家具がもらえるがこれらは配置しないと意味がないので忘れず配置しよう。
お菓子を女の子に渡すことで絆ランクを上げれる。媚薬かな?星2以下のキャラはは4までしか上げれないが星3以上にすると8まで上げれるようになり星6まで上げると12まで上げれるようになる。
クエストを進めることで2階と3階が解放され、その時に見れるストーリーでギルドハウスの本来の役割と割と大事な設定が明らかになる。
3階を解放することでとある機能を持った家具(画像の右端のやつ)が入手できる。
管理人さん CV:

主人公たちにギルドハウスを貸している「ギルド管理協会」から派遣された、「美食殿」担当管理人さん。「カリン」という名前がある。ユーザーからはクソ緑などと呼ばれ親しまれている。
しかしながらその正体は邪悪そのもの
何故なら彼女はガチャを引いた時、「素敵な仲間が増えますよ!」と言って走り寄ってくるのに石しか持ってこないから。管理人さんがガチャキャラを石に変えているのである。まさしく邪悪。
ギルドハウスの家具として配置することができ、スキップチケットを作ってくれる。アロマディフューザーでちひろ蒸しならぬカリン蒸しも可能
ゲームテーブル
ギルドハウスのメニューから選べ、過去のストーリーイベントであったしりとりなどのミニゲームが遊べる。
報酬はイベント時と異なり限定家具のみ存在する。2020/8/15現在6種類のミニゲームがある。

しりとり

イベントの種類

シナリオイベント


大体毎月あるイベント。
明確なシナリオがあり、数人のキャラがメインとなってストーリーが進む。
形式は今までずっと勲章形式。クエストをでチケットをためてそのチケットでボスに挑み報酬の勲章を集めて、それでガチャを回して景品ゲット。4回目まではメインの景品であるメモリーピースを引けたら次の景品テーブル進めるようになる。5回目以降は内容がかなりしょぼくなるか景品の数が多くなる、そしてすべての景品を獲得したら同じテーブルものにリセットする形式になる。
雑多な装備の他、貴重なメモリーピースやジュエルが手に入るので是非やっておこう。ボックスガチャの4回目までをコンプするだけなら毎日のハードだけでスタミナ消費は足りる。
復刻シナリオイベント
基本的には通常のシナリオイベントと同じく勲章形式。クエストをでチケットをためてそのチケットでボスに挑み報酬の勲章を集めて、それでガチャを回して景品ゲットするもの。
ただイベント期間が一週間に短縮されている。ボックスガチャの内容が少し変わっており獲得しなければリセット出来ないメインの景品が二つに分かれて景品テーブルを更新しづらくなっている。

ルナの塔だよ


毎月行われるイベント。
毎月10階ずつ違法建築されるルナの塔を登っていく。
スタミナは不要*29で一定レベル以上のキャラがいればそのキャラが全員倒されるまで何度でも挑戦できる。またステージ挑戦中にリタイアした場合、挑戦前まで巻き戻される。注意点としてはタイムアップになると強制的に全滅させられるので、耐久は不可能。
EXクエストという3パーティーで挑む強力なボスに挑める階も存在する。塔を最上階まで登り切ったプレイヤーは回廊探索という報酬が良いクエストを1日5回までクリアできるようになる。スタミナ消費すら無いので完全なやり得である。
マナやプリンセスハートが集まる上にえっちなストーリーも見れてしまうのでお得。
余談だが、過去にルナコインという使い道のない幻のコインが存在した。結局使い道がないまま後に実装されたプリンセスハートに置き換えれた。

クランバトル


クランのみんなと協力して強い敵を倒すイベント。
グラブルでいう古戦場。逃げるな。ただ最上位の報酬でも貰えるのはジュエルとメモピとコイン(一部キャラのメモリーピース、装備と交換出来る)だけなのでグラブルほど血眼になってやる必要はない。
1日3戦分(計4分30秒)しか殴れない上にその日に1回使ったキャラは編成できなくなるのでよく考えて構築しよう。1戦につき1キャラをクランの他プレイヤーのキャラを借りることが出来る。ガチるなら模擬戦でシュミレートして色々模索しよう。
2周年のアップデートでボスを倒した次の持ち越し時間で編成を変えることが出来るようになった。ただし使ったキャラは全員その日は使えなくなるので注意。
4段階で強さが分かれており、一定数倒すたびに段階が上がり敵が強くなる。

またシングルモードもある。こちらはランキングがなく、そしてほかのクランメンバーと協力することもない、ただ純粋に一人で討伐数を稼ぐだけのモードである。順位にもよるが基本的にクランモードよりジュエルなどの報酬が少ない。総じて初心者向けのモードである。

クランバトルのコツ


ニューイヤーキャルについてのTips

やきう 


ハランデイイ
7/31より開始したイベント「ミサトサマーエール!」にて登場したミニゲーム。
詳しくはこ↑こ↓のページで。
ストーリーが野球(甲子園?)をモチーフとしているだけに野球がテーマのミニゲームだが、なんかどこかで見たことが・・・?
ラスボスがカヤなのだが、クリア条件が10球で合計飛距離1000mを達成と一見簡単そうな条件だがドラベースよろしくオウルボールを投げてきたり急加速する火の玉ストレートを投げてくるのでまともに捕らえるのすら難しい。ついたあだ名がロビカスならぬカヤカス
挙句の果てに各難易度には特定の合計飛距離を達成すると獲得できる隠し称号があるのだが、ここではなんとホームラン10本打ち合計飛距離2200m達成が条件であり、クリティカルホームラン1回で200〜270mぐらい出せるので10本全てをクリティカルホームランしなければならないという鬼畜仕様。
ロビカスですら40/50で負けを認めたのに・・・
なお、前座のハツネも超のうりょ・・・特別な魔法を駆使して消える魔球分身魔球を放ってくる。こちらも隠し称号があり、その条件はホームラン7本以上打ち合計飛距離2100mを達成*30というもの。
幸い打席に立てるキャラは4人いるのでトライアンドエラーを繰り返しながら相性のいい対面を模索することはできる。

打席に立てるキャラ

その他


プレイヤー全員で協力して敵を倒すイベント。いわゆるレイドバトル。
挑戦回数が決まっており、回数は最初にもらえるのと一定時間ごとに少し回復する。
今までに3回行われ、ロボリマ来襲というエイプリルフールイベント、ストーリーのラスボスを倒すための王都終末決戦の2種である。
ロボリマ来襲は体力が3つのMODEで割り振られてはいるが、純粋に一体のボスを全員で攻撃する形だった。王都終末決戦では弱いボスを1人で倒す方式になっている。
余談だが、王都終末決戦は序盤挑戦回数が少なく。使用キャラの制限や報酬が美味しくない、その割にはボスがあまりにも固すぎた。そのため討伐が進まないという状態で明らかにバランス調整のミスだった。この状況を運営は問題と思ったのか、調整回数制限を緩和し、ボスを大幅に弱体化しさらに報酬にジュエルを追加した。
これにより初心者でも簡単にワンパンできたり、借りたキャラだけでワンパンできるレベルの非常に緩い難易度になり凄まじい勢いですべて討伐された。報酬目当てにユーザーが敵を狩りまくる、某ゲームの最終決戦と同じような状態になった。

課金要素

ジュエル

課金アイテムであるジュエルの値段は1ジュエル2円とシャドバと大体同じで、天井までの値段は約9万円とグラブルと同じである。
9800円で7500クリスタルが購入出来るお得なセットが3回限定で購入出来る。またデイリージュエルパックという960円で500ダイヤを入手して30日間毎日ジュエル50個とスキップチケット10個が貰える上にダンジョンのドロップアイテムが2倍になるという月額プランもある。
このドロップアイテムにはダンジョンコインも含まれるので、購入しておくとユカリやノゾミ、マホなどの有力なダンジョンコインキャラの育成が飛躍的に早まる。新生児にはオススメしたいパックの一つ。

その他

ジュエル以外にも1400円で30日間の間探索が出来る回数を3回増やせる(元の回数は2回)というものや、7日間毎日探索の回数が+1されスタミナを500貰える(上限レベルから15以下のプレイヤーのみ買える)というものや装備を直接買えるというものがある。これらはやらなくても強くなる事はできるが、育成にかかる時間を大幅に短縮出来るのでせっかちなホモはこれを買うといいだろう。
スペシャルキャラ交換ガチャセットという好きな恒常星3キャラとそのキャラのメモリーピース100個と交換できるチケットと10連ガチャチケットのセットをガチャ10連分のジュエルと同じ金額(グラブルにおけるサプチケのようなもの)で購入できる。

ジュエルの使い道

ガチャ
主な使い道。一回150ジュエル。また有償ジュエルのみ1日一回50ジュエルで一度引ける。詳しくは上記のガチャの項目を参照。
スタミナ

このゲーム独特の法則を持つ。1回の回復量は120固定。
1回回復するにつき、
1〜3回目の回復は40、4〜6回目の回復は60
7〜14回目の回復は100、15〜22回目の回復は150
23〜30回目の回復は180、31〜35回目の回復は200
36〜40回目の回復は250、ジュエルを使う。
日付が変わるとリセットされるので40で回復できるところまでは使ってもいいかもしれない。

それぞれの総使用ジュエル、スタミナ/ジュエル

マナ購入

最初は10ジュエルで1回買えるが2回目からは20、11回目からは40、21回目からは60、31回目からは80、41回目からは120、51回目からは150、61回目からは180と上がっていき70回目で打ち止めとなる。
デイリーミッションにマナ購入があるが経験値効率がいいわけでもないのでこれに石を割るのはオススメできない。
いっけんマナの入手量がクッソショボくやるメリットは無いように思えるがこれの真の価値は副産物にある。10回目からは引く度に探索回数が+1されていくのでマナと経験値ポーションを大量に入手する事が出来るのだ。探索の報酬が2倍になる期間中に2~30連くらい回せばマナと経験値の不足を一気に解消出来るのでせっかちなホモにオススメな機能。あと地味にメモリーピースや女神の秘石も入手出来る。ただマナ自体時間をかければ簡単に集まるものなので、マナ購入はよく考えて行おう。
周回数の回復

ハードや神殿調査などの回数制限があるクエストに挑戦できる回数を回復できる。探索は出来ない。
若干割高だが秘石を突っ込むよりかはマシな効率なのでハード3倍の時やベリーハード2倍の時やどうしても育てたいキャラがいる時には使った方がいいかもしれない。
装備強化

その名の通り装備を強化できる機能。精錬石というアイテムとマナを使って装備に星が付けられる。お手軽なわりに結構ステータスが上がるので、ある程度ランク上げが落ち着いたら忘れずやっておきたい。なおランクを上げた際、使った精錬石は戻ってくる。(マナは戻らないので、すぐランク上げする予定があるなら強化しない方が節約になる)
他の装備を使っての強化もできるが、このゲームは基本的に常に装備が不足していくため、よほど大量に余ってなければまず使うことは無いだろう。

「最大強化」ボタンはジュエルを吸うトラップ。コストパフォーマンスが悪いとかそういうレベルを超えた酷さをしている。絶対に触ってはいけない。
現在最も強化にコストがかかる赤装備では0から最大強化まで1800ジュエルかかる。*32ちなみにガチャは10連で1500ジュエルである。どうしても強化したい場合はマナ購入して探索を周り、マナショップの強化素材を購入しよう。
装備強化はちゃんと適切なアイテムを使えば簡単に上げられるので間違っても使わないようにしよう。
もっとも、この機能を使うユーザーは基本間違えて使うのだろうが…

ボス戦やフィールドで流れるBGMやイベントの歌などをルピ*33で買ってマイページやギルドハウスで流れるように設定出来る。特定のストーリーを見なければ解禁されない曲もあるがイベントのは見なくても聴ける仕様となっていて、イベントを見逃したから曲が聴けないという事は無いので安心。
BGMにはカッコいいのが多いのでホモのみんなも是非聞いてみよう。また、ワサリで使用された曲は「高みを目指して」というタイトルで配信されている。
またサウンドトラックとキャラクターソング発売中であり、サウンドトラックではフィールドで流れるBGMが、キャラクターソングではイベントのエンディング曲をフルバージョンとオリジナルドラマがセットが聞ける。オリジナルドラマもとてもよかったので興味をもったホモはぜひ手にとってみてほしい。

アニメ化

2020年4月6日よりアニメ放送されている。
ストーリーはゲームと違うものになっている。
詳しくはこちら
なおDVD/BDも発売されており、かなり豪華なゲーム内報酬(と何故かグラブルの金剛晶)が封入されている。
アニメもゲームもハマったという人は購入を検討してみるのも良いだろう。

第2期『プリンセスコネクト!Re:Dive Season 2』の制作が決定している。
話数サブタイトル
Menu 1冒険の始まり〜夕焼け空にきのこのソテー〜
Menu 2きまぐれ猫の悪戯 〜黄金色のポカポカおにぎり〜
Menu 3美食のフロンティア〜隠し味に天上の果実を添えて〜
Menu 4ようこそ美食殿〜宵のとばりにビーフチュー〜
Menu 5愛情たっぷりポリッジ〜トワイライトな運命をのせて〜
Menu 6旅立ちの調べ〜星空はスパイスの香り〜
Menu 7闇穿つ光〜仲良し姉妹のマリアージュ〜
Menu 8リトルでリリカルなお子様ランチ〜田園風玉子焼きセット〜
Menu 9美食のバカンス〜磯の香りはテンタクル〜
Menu 10常闇に集いし華〜呪いのプディングなの〜
Menu 11夕暮れマイホーム〜サクサク探索ホットドッグ〜
Menu 12きまぐれパティシエ自慢の一品〜迷宮とクレープのメモリー〜
Menu 13ロストプリンセス〜皆の笑顔を添えて〜

関連

おまけ

このページへのコメント

最近はスレでマナーの悪い部員がいて荒らしのイメージが…
プリコネスレとシャドバスレの住み分けはして欲しいわね

2
Posted by  mgtasjtmhmtmjdt mgtasjtmhmtmjdt 2020年10月08日(木) 22:54:13 返信

ロビカスは50球中40球ホームラン
カヤぴぃは10球中10球ホームラン+合計2200m
どっちの方がキツいんですかね...?

5
Posted by 名無し(ID:6d0fOpSBJA) 2020年08月01日(土) 19:16:07 返信

カヤピィ強すぎィ!!!

4
Posted by 名無し(ID:vDPnTkRkbg) 2020年07月31日(金) 22:01:10 返信

シャドバ環境を完膚なきまでに破壊した忌まわしきソシャゲ

1
Posted by 名無し(ID:bENViN6cuQ) 2020年07月31日(金) 21:52:55 返信

ワイドホワイトボールみたいなのが投げてきた

2
Posted by 名無し(ID:ob2JCo+1qA) 2020年07月31日(金) 19:29:51 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
クリスマスの雰囲気が漂ってきましたね
こんなwiki見ている諸君はクリスマスを一緒に過ごす恋人なんていないでしょうし、シャドバを楽しみましょう