精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

OTKとは、ワンターンキル(One Turn Kill)の略語である。

概要

基本的には、1ターン目からデッキをぶん回し、様々な形で勝利条件を満たすことを言う。
その場合「ワンキル」「ファーストターンキル(FTK)」などと呼ばれることもある。
MtGのMoMa、遊戯王のサモサモキャットベルンベルン…などがこれに当たる。

また、一部では「任意のターンに致死量のダメージを一気に与える」、いわゆる「ワンショットキル」の事も「ワンターンキル」と呼ぶ
シャドウバース部のホモの間でもしばしばOTK論争が起きることがあるが、シャドウバースにおける「OTK」はこちらの意味で使われることが多い。
(というよりゲームシステム上1ターン目に勝つことは不可能であるため、必然的にこちらの使い方が主流になる)
また、一撃で体力を全て削り切る場合だけでなく、リーダーの体力を16(最大体力の5分の4)程度削れれば現状「OTK」という括りになっている。
つまるところシャドウバースでは「終盤に向けキーカードを揃え、相手に手番を渡すことなく大ダメージを与える」デッキの総称であると言える。


また、OTKは基本的にネコ受けの姿勢に徹し、手札という干渉できない領域にカードを蓄え、一方的にリーサルを叩きつける(出来なければリタイア)という戦法が多い。
加えて、デッキ構成は相手を意識したメタより自分の安定性を追求する形になりやすいため、それを「一人遊び」や「ソリティア」と受け取る人も少なくない。
以上の事から、殴り合いやリソースの削り合いが好きな一部ホモからは蛇蝎のごとく嫌われている。
(安定性が低い浪漫あふれるOTKはその限りではなく、むしろ「変態」と最大限の賛辞で歓迎してくれることもある。)

シャドウバースにおけるOTKデッキの例

0ターンキル

0ターン、つまり自分の最初のドローが発生する前に勝利すること。
シャドバしかカードゲームの経験が無い人には「なんじゃらほい?」な概念だろう。

MTGでは、自分のターンが回ってくる前に準備タイミングと呼ばれるターンが存在する。
この準備タイミングで相手を倒すことである。
また遊戯王のエクゾディアのような手札にパーツが揃うことが勝利条件になるものが、マリガン時点で揃うことでも成立する。


シャドバで言うなら、マリガン時点で動けるカードが今後実装されると0ターンキルの可能性が出てくる。
例えばこんなカードが存在した場合である。

0コススペル:マリガン時点で手札にあったとき、フォロワーを生成しないアミュレットをデッキから場に出し、これを破壊する。
△海離ードが手札から離れるとき、場の全てのカードを破壊する。


初期手札に,1枚、△2枚あったとき。
,慮果で封じられし熾天使を場に出して破壊。
さらに△鬟泪螢ンで追放して熾天使を2回進める。
1ターン目の開始時、ドロー前にカウントダウンが1進みエクストラフィニッシュ条件が満たされて勝利する。

むちゃくちゃな状況に見えるが、長い歴史を持つカードゲームにおいてはこんな状況が稀に発生したことがある。
こわいこわい。

このページへのコメント

まるでTcgのwikiみたいだぁ

0
Posted by 名無し(ID:IPoDf6ALiw) 2017年12月20日(水) 23:33:25 返信

とりあえず書いてみたので、何か間違ってるところとかあればガンガン修正してクレメンス

0
Posted by 名無し(ID:kWOkHkcazA) 2017年12月20日(水) 23:30:28 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます

閉じる
お知らせ
荒らしが沸いた場合スレに湧いたページとIDを書き込みメンバーに対処してもらってください
悪質な場合は管理人が動きます
メンバーの募集は現在行っておりませんが、どうしてもという場合はスレにその理由とIDを貼ってください
ランクなどを加味した上で申請の認可を行います