おんJシャドバ部wiki - 猫耳の魔法使い・キャル

いいわ!
やってやろうじゃない!
猫耳の魔法使い・キャル
コスト:6フォロワー
クラスウィッチ
レアリティレジェンド
タイプ-
パックアルティメットコロシアム
CV立花理香
イラストレーターおにねこ
進化前
攻撃力4体力6
ファンファーレ 相手のリーダーの体力の最大値を-5する。
ユニオンバースト 10;ランダムな相手のフォロワー1体と相手のリーダーに1ダメージ。これを5回行う。
進化後
攻撃力5体力7
進化時 体力3以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。

フレーバーテキスト

概要

第15弾カードパック「アルティメットコロシアム」にて登場したレジェンドのウィッチ・フォロワー。
同弾でコラボしたプリコネ枠のカードの1枚。プリコネカードらしく強力なユニオンバーストを携えて実装された。
キャラクターの紹介はこちら→キャル

ぶっ殺すわよ!

  • ファンファーレで相手の体力の上限値を-5する。
  • その後UB10で相手の場と顔面に5点バラマキ。*1
  • 進化時に相手の体力3以下のフォロワーを全破壊。*2

 どういう事かと言うと、3回キャルを出せば相手は死ぬ。*3

体力の上限自体を削るファンファーレとバーストショット系の1点チクチクダメージはどちらもアザゼルゴッブロなどのダメージ軽減バリアをすり抜け、UB込みなら体力満タンの状態から1枚で相手の体力を半分まで削ってしまう。

復讐には滅法強い。

1枚、2枚と使うことでリーサル圏まで無理やり持っていったり、そのまま自分で相手をぶっ殺したり、とにかく口だけでなく殺意も高い
ウィッチはソロモンマナリアの偉大なる研究などで複数枚の確保が容易のため、悠長な展開をしてくる相手であればキャルちゃんを投げて進化し続けるだけで現実的なリーサル手段となる。

またライフの上限から減らすということで回復して粘るコンシードタイプのデッキに対しても明確に有利が付く。

馴れ馴れしくしないでよね!(コンボ)

基本的には他のフィニッシャーと組み合わせて相手の体力を一気に削る手段として使いたい。
自然軸でのライリーや、進化軸でのゼウスといったフィニッシャーを投げる前の布石として非常に強力。
特に直接召喚で場に出てくるエレメントシャーマン・ライリーとキャルのUBは非常に相性がよく、うまく行けば後攻7Tでライリーに進化を切り、キャルのユニオンバーストから入った後に顔を殴ることでワンショットキルが成立する。

本体がそれなりに重いこともあるので、進化時効果を目当てに使うのはあまり積極的にしたい行動ではないが、盤面の掃除力は結構なものなので状況によっては迷わず切っていくことも重要。

またスペル軸とのシナジーは特に無いが、このように単体で非常に優秀な能力を持つのでUCL期では【式神ウィッチ】へピン差しされる例もあった。特に大会シーンでは回復力の高い【コントロールエルフ】対策として非常に有効だった。

Q:「猫耳の魔法使い・キャル」の能力によって相手のリーダーの体力の最大値が0以下になるとどうなる?

実装後のキャルちゃん



UBの演出が全盛期(修正前)のミスターシャドウバース並に悠長なこともあって、こ↑こ↓のコメント欄やTwitterでも既に散々に罵倒されており、Twitterのサジェスト欄ではすでに「死ね」の二文字が見える事態に。

余談だが、ちょうど実装される頃にキャルの中の人である立花理香さんがプロ野球選手の若月健矢選手と結婚を発表したので、このカードを「若月」と呼ぶ人も多い。・・・いや、多いか?見たことなおめでとうございます。

UCLアディショナル後からは、ファンファーレ持ちをサーチし、ユニオンバーストを加速させる騎士くんこと赤ちゃんことプリンセスナイトが登場。
デッキ内のファンファーレ持ちをキャルちゃんと騎士くんに絞ることでキャルちゃんを確定サーチ*4し、6,7,8とキャルちゃんを連打するキャルOTKウィッチが登場。
サーチ手段に乏しく式神や自然ほどのパワーはないものの油断をしているころに現れる地雷デッキポジションを確立していた。
明確な蓋であるため必要以上に暴れてヘイトを買う事はない丁度いい位置だったと言える。

が、次弾であるWUPにて新サーチ結束の魔術が追加。このデッキも強化されてしまった。
これで本体、サーチ手段、増殖手段を含め合計12枚となりかなり安定して678キャルする事が可能に。
環境トップである【機械ヴァンパイア】が盤面を強く意識するデッキであり相性が良くなかったため積極的に使われる事は無かったものの、前期よりは遥かに戦えるデッキとなった。
今後環境が低速化する事があればこのデッキが猛威を奮うかもしれない。

・・・とかいってたらそのさらに次弾、FOHにて類似効果を持った《愚者》・リンクルが登場。
これらで体力をチマチマ削り禁約でドーンとワンキルするプランが秘術ウィッチで流行。
キャルリンクル型と呼ばれるタイプのデッキタイプを確立させ、環境で大暴れしている。
ちなみに従来のキャルのみで削り切るデッキはこのデッキの台頭により消えた・・・かというとそんな事は全くなく、
対策札が積まれていないのをいい事に相変わらず8T蓋の地雷デッキとしてしぶとく生き残っている。

と、まあ環境にちょくちょく顔を出すキャルちゃんは体力の最大値を削るという都合上ヘイトを買いやすいようでキャ虐のニーズが上がっている(FOH環境現在)。
でも愛のないキャ虐はただの虐待だからやってる良い子は・・・やめようね!

ちなみに


おそらくFOH後からだと思うが、リーダーの体力の最大値を確認できるようになった。
キャルだけでなくリンクルまで登場したのでそういう要望が多かったのだろう。招来の大天使の追加もあったし。

関連項目