おんJシャドバ部 - 沈黙の詩

沈黙の詩
コスト:1スペル
クラスネクロマンサー
タイプ-
レアリティゴールド
パック次元歪曲
カードを一枚引く。
自分のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
エンハンス4;自分のフォロワー1体ではなく、お互いのフォロワーすべては能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う

概要

ルルナイポエムとかルルナイソングとか言われるネクロマンサー待望の1コス1ドロースペル。微妙なデメリットとエンハンス付き。沈黙してるのに詩とは一体
デメリットである「味方フォロワーの能力消失」は、有用なラストワードも消してしまうので使い方が難しい。
なお、説明文には一言も触れられていないが、自分の盤面に選択できるフォロワーがいないと使えないので要注意。そのフォロワーがバニラである分には問題ない。

デメリットフォロワーの能力消しには使えるが、現状ネクロマンサーには目立ったデメリットフォロワーがいないので、使い道に乏しい。
一応ゴーストに使うと消滅しなくなるので、壁として立てながら墓場を稼げるが(ただし、使う順番間違えると疾走も消えて殴れなくなる)。

ヴァンパイアとかなら有効活用できたはずなのに。

ファンファーレのみのフォロワーに使う分には特にデメリットもないので気軽な1コス1ドローとして使える。
1コスト余った時にデッキ圧縮できるのはいつ引いても腐らず使い勝手は良好。とはいえ、圧縮するだけならその分使いたいカードを入れた方がいいことも多いので、採用するならエンハンスも有効活用したい。

エンハンスは全フォロワーの能力削除。強力と言えば強力だが、的を絞れないので自分の方も巻き込まれる。
沈黙の粛清が全然使われていなかったことを考えると、ぶっちゃけエンハンスが邪魔な感じ。

しかし、こちらは1コス1ドローとして普通に使えるので、普段はドローとして使いながら輝く熾天使・ラピスとかが出てきたら臨機応変に能力削除として使い分けられると考えれば、粛清よりは使いやすいかもしれない。
また、今までの能力消失系効果と違い、「潜伏」「能力の対象にならない」を狙えるのは地味ながら強みだろう。

ALT環境現在ではウィッチのマナリアの秘術マナリアの防陣、グレア、真実の宣告の守護並べや
ビショップのバロンのお茶会での選択できない守護の展開があるため、刺さるときは刺さる。
また、月の刃・リオードに対しても潜伏も進化時効果もまとめて消して単なる1/3に落としてしまえるなど、有効な相手自体は結構多い。

スペブの種にできる知恵の光と違い、これ自体はデッキ圧縮以外の効果はないので、採用率はあまり高くない。ネクロマンサーには「これを引かないとデッキコンセプトが崩壊する」というキーカードがあまりないため、他の有用なカードの枠を削ってでも入れたいと思われないのだ。

長いこと地味な存在だっだが、破壊されたフォロワー1体を0コストにする代わりに自壊を付与するソウルテイカー・ララの登場によりガチデッキでも採用の余地が出てきた。1コストのこれで能力を消してしまうことで自壊も防げるのだ。ただし、ラストワードなどもまとめて消えてしまうので注意。

2pickでは迷わず引くような優先カードとは言えないが、ドロー機会を増やせるのは単純に強いので相方次第ではあるが無理に避けるようなカードではない。これ自体はプラマイ0と見て相方ともう1つの選択肢から考えるといいだろう。