おんJシャドバ部wiki - 殺戮人形・ツヴァイ
誤字警察だ!
正しくはこちら→殺戮の人形・ツヴァイ



「溝呂木眞也、そいつの役目は終わった」
「これからは···俺が奴に代わって、この世界を闇に塗り込める」

ダークメフィスト・ツヴァイとは特撮番組「ウルトラマンネクサス」に登場する闇のウルトラマン(ウルティノイド)の1人である。

概要

同作の黒幕であるダークザギに操られたメモリーポリス*1の一員である三沢広之がダークエボルバーで変身した第3の闇の巨人。
外見は溝呂木が変身していたダークメフィストとほぼ同じだが目が赤くなっている。
武器はダークメフィストと同様にメフィストクローを使用する。

劇中での活躍

罪を償おうと投降した溝呂木を背後から撃つというクッソ卑怯な登場を果たすとページ上記のセリフを言い放った後ダークエボルバーを使い変身。
首藤沙耶を狙うものの憐が変身したネクサスによって阻まれ、戦闘に入る。
途中目の色が赤く変化し、メフィストクローを使いジュネッスブルーと激しい空中戦を繰り広げ、これを制す。崖に激突したジュネッスブルーのエナジーコアから光を吸い取り勝利したかに見えたが、闇の力ではなく光で変身した溝呂木のメフィストに阻止される。
最初はメフィストの強さに押されツヴァイが劣勢になるが、溝呂木が変身前に重傷を負っていたこともあり、すぐさまメフィストクローで反撃しメフィストに致命傷を負わせた。
しかし、メフィストに取り抑えられてしまい身動きが取れなくなり、溝呂木の言葉で決意したジュネッスブルーのアローレイ・シュトロームを受け、断末魔を上げながらメフィスト共々消滅した。これにより、変身していた三沢も死亡した。
主人公の恋人だったリコが変身するダークファウスト、中盤の強敵として描かれカッコいい退場を果たしたダークメフィストと比較するとたった1話で退場してしまったこともありどうしても影が薄い感が否めない。
この後に千樹憐編のラスボスであり全てのスペースビーストの融合体であるイズマエル、そして物語全体のラスボスであるダークザギが控えていることも影の薄さに拍車をかけている。
後の映像作品でも出てくるのはダークメフィストの方である。彼がいったい何をした。
ダークメフィストツヴァイちゃんにひどいことしないで