おんJシャドバ部wiki - ワールドフリッパー



概要

WORLD FLIPPER(ワールドフリッパー)とはサイゲが2019年11月27日にリリースしたゲームである。
通称ワーフリ。
ジャンルはノンストップ体当たりアクションと一見意味不明な表記がされているが、要はピンボールである。
初心者向けの解説はこちら→ワールドフリッパーの手引き/ワールドフリッパーの手引き(イベント)

ゲーム内容

メインキャラ3人+ユニゾン(サポート)キャラ3人の計6人でPTを構成し、ピンボールの要領でキャラを弾いて敵にぶつけて倒していくゲーム。
先頭に構成したキャラがリーダーとなりリーダー効果を発動。
キャラごとにスキルとアビリティを持ちそれらの相乗効果で戦う。
属性相性あり、有利属性には1.5倍ダメージ。
不利属性は無いけども、単純に討伐までに1.5倍時間がかかる=被ダメが増えるということなので有利属性以外で挑むとなかなか苦労するのが現実。
ちゃんと練られた有利属性の特化パーティ>星5マシマシの非有利属性の汎用パーティ ぐらいのバランスなので可能なら有利属性で挑むのがベスト。

いいところ

軽い

ドット絵のうえに音声も少な目なのでロードがとにかく早い。

オートの融通が効く

オススメPTでオート戦闘するだけで序盤はさくさく進める。
クエストスタートしてスマホをカバンの中に隠しておけば仕事中でもプレイができる。働け
細かいルールを覚えるのに時間がかかるゲームなので最初はオートでプレイしてCPUが何やっているのか見ておくのが無難。
オート中も操作は受け付けているので弾きたいタイミングでタップは可能。
なので基本はオートに任せてヤバい攻撃が来る時だけタップで回避したりガードしたりなどをオートをオフにしなくても出来る。
スキルのみオートをOFFって自分のタイミングで打つといったこともできるのでわりと快適。
つい最近、オートを2倍速にする機能が追加され、オートでもソロであれば結構サクサク回せるようになった。

排出率が高い

☆5の排出率が5%もある。
プリコネRの☆3排出率2.5%、シャドバのレジェンド排出率1.5%と比べても明らかに高い。
ちなみに一応天井もある。

天井についての補足

キャラクターが個性豊か

キャラデザがよく、イラストアドが侮れない。ホモも安心のえっちな男の子/女の子がいっぱいいる。
ケモ、ロボ、ドラゴン、悪魔、人魚、鬼、ケモミミ、ロリショタ、おっさん、ボーイッシュ、メス男子、ギザ歯、筋肉、褐色、メカクレ、眼鏡etc...と属性が選り取り見取り。
いずれは性癖に刺さるキャラにあえる(確信)

ダメなところ

育成が大変

属性相性があるので最終的には6属性(火水風雷光闇)の全PTのキャラを育成する必要がある。
Lvはともかくアビリティを解放するのに素材がかなり大量に必要になるのでそれだけでも一苦労。
さらに装備品もあるので1PT完成させるのにはなかなか骨が折れる。
序盤〜中盤はLvだけでごり押しができるのがせめてもの救い。
なので開始からかなりの期間は1~2パーティのみで回すことになると思われる。

人権キャラの存在

「特定のキャラ」「特定の装備」の有無で戦力にかなり差が出る。
完成されたパーティとそうでないパーティは極端な例だと貢献度のケタが1つ違う。(貫通パーティなど)
イベントでしか入手できない装備や限定キャラも存在するので課金だけではどうにもならない部分も多い。
初心者が救援に参加できるようになるまでの苦行期間は長い。

ただしそんなに固くなる必要はもちろんない。
最近のイベントは最高難易度の敵が固すぎてワンランク下の方が時間効率が良かったりするし救援者全員が毎回完成されたパーティというわけではない。
手持ちが少ない初心者はまず自分の中で一番強いと思う編成を作ってマルチでコインを稼ぎつつ徐々に戦力を揃えていく事を目標にすると良い。
【人権キャラ】は(もちろんパワーは下がるが)代用できる場合もあるし何ならマネーパワーでサプチケ購入を一考してもいい。
目の前の情報に惑わされずに自分の中で出来る事を試していこう。

知名度がない

人が少ないからwikiがほぼ死滅している。Twitterなどでも情報が少なく自分で考える部分がかなり大きくなっている。
ただしマッチングのシステムが優秀*1なのでマルチで人が集まらないというわけじゃないのが幸い。

時間がかかる

マルチプレイという都合上スキチケや倍速が存在しないので周回に時間がクッッソかかる。
救援ならスタミナも使わないので無限に遊べると言っても過言ではない。

ガチャ演出


他ゲームでよくあるガチャで高レアリティが確定出現した時に発生するアレ。だがこいつは違う。
上から銀の玉(たまに金も)が降ってきて途中にある金か虹の玉に当たればレアリティが上がるのだがこれがたまに外れる
外れるくせに演出はしっかり全部流されるので射幸心を煽られる事間違いなし。
パチンコと比喩されることも(見た目も似てるし)
一応ガチャ直後にオールスキップを押せば回避できる。

謎のCM

話題になるためなのかCMがよくわからない。

好みが分かれるところ

ドットが荒い

とにかくドットの粗さが目立つ。
わりとぬるぬる動く良い出来なのだが非常にディティールが粗い。
ここのアトリエのドッターは助けに行ってあげて?
ただしこの粗さがゲームの容量や処理を軽減させてるので一向には言えない。

と前は悪いところにあったこの項目だがあえて荒いドットにすることでワーフリらしい雰囲気を作ってるともいえる。
むしろ少ないドット数でもキャラの表情豊かなアクションをしっかり演出しておりサイゲの職人技の賜物といっても過言ではない。
また逆に荒いドットのほうが好きというホモも多くいる。

ちなドット絵についてのインタビュー:

ゲームバランス

風コンボ以外は突出した壊れはあんまり出さず有利な属性で攻めるのが基本となっている。
しかしたまに攻略する際にかなり前のイベントの装備を要求することがある(光廃竜復刻せずに闇廃竜を実装する)などクリア自体は出来るもののほとんど義務と化しているのによっぽどの廃人でもなければオートでの攻略が実質的に不可(実装当時のチャレンジシングルバトル)など若干荒い部分もある。



なおLvとアビリティでゴリ押せば有利相性でなくとも上級+までなら現状はなんとでもなる。
割り切って1属性1PTのみを極めてもよい。崩壊域程度なら1属性しか育成してなくても割となんとかなる。
けど最近は高難易度の敵が増えて指定属性以外は活躍しにくいので慣れてきたら幅広く育てるべし。
ストーリー→マルチ中級→マルチ上級→(この辺で各属性のパーティを仮組み)→EX→崩壊域(有利属性)→(この辺で1つのパーティが完成)→崩壊域→上級+→有利属性の超級→(この辺で全属性のパーティを完成)→全ての超級→チャレンジシングルバトルぐらいの感覚でステップアップしてくのが理想。

シャドバとのからみ

シャドバ関係ないキャラ

称号

7月6日のアップデートで追加された新機能。
限定キャラの称号もあるのでおりゅに最適。隠し称号なる物もあるらしい。

用語集

戦闘

公式用語
  • フィーバー
戦闘画面の真ん中下らへんに表示されるフィーバーゲージが満タンになると移行する。フィーバー状態ではボスに向いている矢印が複数設置されコンボがとても稼ぎやすくなる上にフィーバー状態で火力が上がるスキル*4も多いのでそれに特化したパーティも多々ある。
またステージによってはプレイヤーに有利なギミックが配置されることもある。
  • コンディション
いわゆるバフ。ゲーム内のヘルプからこの名称を確認できるが、イマイチ浸透していない。

コンディションの一部

  • 重力
下方向に働く重力が大きくなり場合によっては敵に攻撃が届かなくなる。発動前にブレイクしたり避けて通ったり浮遊スキルを使うなどで対策できる。
  • パワーフリップ (略称:パワフリ)
コンボ数を溜めると、パーティーに追加効果を載せて打ち出せる。コンボ数9(通称パワーフリップLv1、エフェクト:黄)→15(Lv2、緑)→39(Lv3、青)と、段階的に威力・範囲・効果時間などが強化される。コンボ数39以降は変化しない。
また、リーダーのタイプに合わせて追加効果が以下のように変化する。

剣士(ソウシロウ、ソーヴィ、オリヴィエなど)

格闘(アリス、ハナビ、バラクなど)

射撃(バレッタ、ヴァーグナー、ベルセティアなど)

補助(星川リリィなど)

特殊(クラリス、ハフネフ、ルナなど)

  • 直接攻撃
キャラが敵にぶつかってダメージを与えること。
パワーフリップは直接攻撃に含まれない(もちろん格闘パワフリの連撃も)が、性質上フィーバーと相性がいい。
スキルやアビリティの効果でこの直接攻撃の回数が2~3回に増えることがある。RPGで例えるなら連続攻撃のようなものである。
非公式用語
  • 背水
元々はグラブル勢が言い出したものでありベルセディアなどのHPが少ない時に恩恵を得られるアビリティなどのことを指している。リスクは大きいがその分リターンも絶大。
本人のみのHPが条件のやつと自分のパーティ全員が条件のものがある。
  • 渾身
背水とは反対にフィリアのリーダースキルなど体力が一定以上の時に発動するものを指した言葉。こちらもグラブルが由来。背水よりはリスクが少ないがその分リターンも小さく何かしらの別の要素と併用するのが基本となっている。
  • 水中
水の廃竜イルラウドレスやエーテルビーストが追い詰められると使ってくる。
浮遊のように重力が作用しなくなるがスピードがクッソ遅くまともにダメージを通せなくなる。

フォロー

マルチバトルで一緒に戦ったりIDで検索した相手をフォロー出来る。
相互フォローの人のボスバトルにゲストとして入ると消費スタミナが0になるため出来るだけ多くの人となっておいた方がいい。
フォローは100人まで出来る。
Twitterでのフォロワーを検索したりURLを貼り付けてクリック1回でフォロー出来たりとフォロー相手を探す手段が非常に充実しているため活用していこう。

育成

レベル上げとマナボードの2種類がある。

レベル

クエストをクリアした時に入る経験値やアイテムとしての経験値を消費してレベルを上げられる。
また複数体手に入れた時のスタックや破星結晶を消費してレベル上限を+5しステータスを+0.8%することが出来る。
初期レベルの上限は30+星の数×10でレベル100以上に上限解放することは出来ない。

マナボード

ボードを順番に解放していく。
アビリティ1には銅枠までの素材、アビリティ2には銀枠までの素材、アビリティ3とスキル強化には金までの素材と夢見の欠片が必要になる。
またアビリティ1.2.3とスキル強化の大きなボードを解放するとキャラの絵が変わりステータスとリーダースキルが強化される。
マナボード2枚目

第1弾

Q&A

んで結局おもしろいの?

1プレイあたり時間がかからないし、ほんとオートが優秀で放置してても構わないんでお手軽に遊べる。
救援に入りまくればスタミナ機能もあってないようなものだし他人に画面見られてもそこまで恥ずかしくない(当社比)ので移動中の暇つぶしには最適だと思うゾ

記念系画像・イラスト

お知らせバナー系ではないイラストとか手引きに載らない系の画像とか置きたい(願)

サービス開始カウントダウン・リリース記念

「光彩の摩天楼」後編

エイプリルフール

ハーフアニバーサリー

夏!

「妖怪図鑑編纂記」後編

ワールドフリッパーの設定・ストーリーに関する余談

ワーフリ、世界に行くってよ

Cygamesは、iOS/Android向けアプリ「ワールドフリッパー」について、カカオゲームズと、韓国、北米、ヨーロッパ、東南アジア地域におけるグローバルパブリッシング契約を締結した。
(引用元リンク:https://www.gamer.ne.jp/amp/news/202010160039/)
  • 唯一神KMRのお言葉

(小並感)