おんJシャドバ部wiki - ネプチューン伊達

「汝…海の深さを知る者」

「「キューン」」
「我らの「我らの海を」」

「独眼竜の咆哮に震えよ!」

概要

主要メンバーであるポセイドンの引退を受けて、新メンバーを加えて再結成されたユニット。
前のユニットがロリ&おっさんの組み合わせだったのに対して、今回は動物&美女を採用することで以前よりも攻めの姿勢を強く押し出しているのが特徴。
しかしヒップサイズがかなり控えめになってしまっており、ケツ好きのホモからは物足りないという声もたまに上がっている。

真面目な解説

疾走が強い

疾走が2枚出るということで以前とは異なり盤面を取りつつ、守護を抜きつつ、守護を張りつつ、顔を詰められる。
アザゼルバリアに対してシヴァ8T効果+3点以上のヴァイディと合わせればOTKが狙えるのも以前のドラゴンではできなかった芸当。

処理範囲が広い

ポセイドン伊達は盤面に出せる打点が確定除去+5点+1点+1点であったため、中型3体以上展開に対しては盤面を返しきれないケースがあった。
(一番多かったのがドラゴンミラーでのポセイドン伊達をポセイドン伊達で返せないという状況だったが)
今回のユニットは小型が2点×2になっているので中型3体までならわりと返せる。

展開が返されやすい

前に出ている守護が一番サイズが大きく5/5、その他の小型は全てヘルス2。
このような構成のせいで意外と簡単に展開が返される。
2点AoEならアリアの旋風で簡単に出せるし、ちまドン野郎なら進化するだけで終わる。
自然ウィッチでもパイロエレメントソーサラー進化のみで終了。
採用されるケースが少ないがヴァンパイアもナイトレイドヴァンパイアで6コス+進化で対応可能。
ロイヤルはポセイドン伊達をされるとほぼ詰んでいたが、ネプ伊達ならエンハンスオクトリス剣舞ベイリオン剣舞ミストリナ剣撃剣舞で処理可能。
もちろんドラゴンミラーならネプ伊達をネプ伊達で完璧に返せてしまう。

守護が抜かれやすい

守護がヘルス5で1枚のため以前よりも圧倒的に抜かれやすい。
ニュートラルスペルの覇食帝の調理を積めば3コストで全クラスが守護を抜きつつ顔を狙える。
豪風リノ対面での防御としてもかなり頼りない。

総評

攻めを強くした分、守りが弱くなった。強力には違いないが、守護が薄くなった分思考停止でぶん投げると突破されてしまうこともよくある。
亜種としてイアン&アデールwith伊達もよく使われる。こちらは回復しながら守護が立てられるうえ、進化権が残っていれば伊達を手札に戻すことが出来る。