おんJシャドバ部wiki - デュエリスト・モルディカイ

いざ、尋常に
デュエリスト・モルディカイ
コスト:8フォロワー
クラスネクロマンサー
レアリティゴールド
タイプ-
パッククラシックカードパック
CV保村真
イラストレーター
進化前
攻撃力5体力5
ラストワード デュエリスト・モルディカイ1体を出す。
進化後
攻撃力7体力7
ラストワード デュエリスト・モルディカイ(進化前)1体を出す。

フレーバーテキスト

概要

第1弾カードパック「クラシックカードパック」にて登場したゴールドのネクロマンサー・フォロワー。

自身が破壊されたとき再び場に出る事実上の蘇生効果を持つ。
二キ達からは「モルディカイ」または「モル」と略されて呼ばれる。
一部からは「モルちゃん」と呼ばれたりなかったり

強い点

破壊以外の除去手段がないデッキでは(処理できる方法が)ないです。相手にしてみるとこれが非常に厄介。
言い換えれば毎ターン最大5点のアドバンテージが確約されている状況に等しく、長期戦に於いての決定力は114514点。

ネクロマンサ―の得意とする自壊とも相性が良く、
ソウルコンバージョン呪われた忠誠などの自壊効果をほぼノーリスクで使うことが可能
その場合もモルディカイが破壊された分の墓地がしっかり増えてくれるので、墓地肥やしとしても一役買ってくれる

また、ウルズの効果でモルディカイを破壊した場合、ウルズの再召喚とこのカードのラストワード効果によってモルディカイが2体に増殖する(プラナリアかな?)

ネフティスとの相性も抜群。同カードの効果によってモルディカイをデッキから直接引っ張り出すことができる。
そのコンボの強力さ故に、専用構築の一つであるネフティスネクロでは冥守の戦士・カムラと共に必須カードとして扱われている

弱い点

前述の通り破壊耐性は半端じゃないが、逆に破壊以外の耐性は貧弱極まりないことが大きな弱点。

ハゲ「貴様の弱点、ビシッと見えたゾ!」デュイイイィィン
あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )

折角出したのにいとも容易く消されてしまうと非常にかなしぃ。。。


また8ターン目にもなると多くのデッキは十分にリーサルを決められる範囲に入り、
その状況で仮に出せても置物となってしまうことも多い。
モルディカイをデッキに組む場合は守りの堅い構築にしないと何もできずにルナちゃんが負け宣言をしてしまうので注意が必要。

神バハでのモルディカイ

モルちゃんの元ネタは神撃のバハムートで登場した「スケルトンデュエリスト」。
画像は神バハから流用されている。
姫の心を巡る決闘を果たす為、途方もなく彷徨い続けている悲哀の剣士として綴られている。


遠い昔、姫の心を巡り二人の騎士が決闘の約束をした。
しかし、突然の戦火が二人の約束を引き裂いてしまった。

一人の男は姫を連れて逃げ、もう一人の男は二人を守るため敵軍の前に立った。
容赦ない敵刃の前に男は倒れた。

時が過ぎ、気まぐれな悪魔が雨垂れと共に倒れた男に魔力を注ぎこんだ。
男は起き上がり、決闘の相手を求めた。

その身を地獄の魔炎に焼かれながら、男は永遠に決闘の相手を探し続ける。
遠き日の決着を付けるために。




上記のように神バハでは専らシリアスオンリーなキャラではあるが、
同ゲーム会社が運営するグラブルではルナちゃんとのやりとりがなんかかわいい。かわいい。
このギャップによってかは分からないが熱烈なモルディカイ好きが地球の隅でひっそりと生きている……かもしれない。

余談

新カードパックレヴィールの旋風で登場するマイザー?役の島信長がゲストに呼ばれた回*1の「みんなでチャレンジ」コーナーにて悲劇は起こった。
友田一貴謹製のデッキでプラクティスをクリアすれば視聴者全員にプレミアムオーブ、更に同一ターンに2種の人参をプレイすれば更にチャレンジチケットが2枚配布される企画で、友田が組んだだけあって人参デッキも中々ガチに仕上がっていた*2ため余裕だと楽観していたスレ民。

序盤やや手札が事故るも順調にプレイを進めミッションをクリアし、アーカスも起動できたため勝ち確だと思われた。
しかしそこでモルちゃんが降臨。更にはモルウルズで増殖し、敗北してしまった。かなしいなぁ。
なお、その後初級エリカに勝ったため報酬は無事配布されることとなった。

関連カード