おんJシャドバ部wiki - 【エイラビショップ】

わ、私がみなさんを元気いっぱいにしてさしあげます…!

概要

【エイラビショップ】とは、ビショップクラスのデッキタイプの一つ。
エイラの祈祷によって体力の回復をしながら盤面を形成し、除去までこなすことができる。

長所

  • 盤面を作るのが容易
ひとたびエイラの祈祷さえ置いてしまえば効率よくバフをバラまいてしまえるので、多数のフォロワーを早い段階で大きく成長させることができる。
なんなら残った弱いフォロワーも1ターンで急成長させ顔面にプレッシャーを与えることができるので、バフできなくても盤面圧はかなり強くなる。
  • 前寄せも後ろ寄せもできるため、環境に対応しやすい
バフをバラまいて強襲的な立ち回りをすることができるのは上記の通りだが、そもそも回復を主軸としたデッキであるのでかなりの耐久戦を仕掛けることも可能。
また守護を成長させリノセウスなど疾走フォロワーをシャットアウトすることも得意とする戦術の一つである。
  • アグロに強い
回復と守護が得意という事実を総合するとこう言える。まあそれでも何回に一回かは負けてしまえるのがシャドバのアグロであるのだが…
  • エイラがエロい
エイラの亀頭って響きがもうエロい。エイラちんぽ!

短所

  • キーカードを引けなきゃどうにもならない
エイラの祈祷はカウントを持たないアミュレットであるため、サーチ手段に恵まれず登場からしばらくはデッキに眠った3枚のカードを引かなければならないデッキであった。それにも拘わらず、デッキのほとんどが回復カードになるため、エイラの祈祷で盤面を形成する以外の勝ち筋を作りにくい。
またそもそもエイラの祈祷がなければ貧弱なスタッツである、というカードも少なくない数あるため勝ち筋以前の問題になることも多々ある。
この点は別のフィニッシャーをデッキに搭載することや、現代ではエイラの数を増やしたりピラータートルなどサーチカードを使うことでカバー可能。
  • エイラの祈祷を含め、確定除去に弱い
バフをかけて強力なスタッツを作るとはいえ、育成対象は回復効果持ちフォロワーになることが多く、結果として無耐性のファッティが作られる。そうなれば確定除去の餌食となるのは必至。
また破壊耐性を持つフォロワーもほとんどいない*1ため、このデッキと相性のいいカードの1枚でもあるはずのテミスの審判が強大な天敵ともなる。
さらにエイラの祈祷本体がアミュレットを破壊・消滅・変身カードで除去されてしまえば、即座に上述の「エイラを引けなかったパターン」の状況に陥ってしまうのはかなり大きな弱点である。

採用カード

主要カード

エイラの祈祷キーカード。アミュレットの方。EPが要らず、コストが軽い。
清純なる祈り・エイラキーカードを場に出せる。フォロワーの方。ナーフ済。テンポロスがなく、サーチが容易であり、守護持ちなので腐りにくい。

回復要員

ラビットヒーラー
温情のラビットヒーラー
軽量フォロワーであり、ファンファーレでリーダーの体力を回復できる。そんな扱いやすい性能からエイラデッキの成立から今日に至るまでずっと採用され続けている。ェィラとラビヒはズッ友だょ……!!
鉄腕の修道女
機械腕の祈り手
ファンファーレでリペアモードを供給するカード。前者は守護、後者は必殺を持つため、環境によって使い分けができる。まあ前者はすでにローテ落ちしてるんですけどね。
聖なるアルミラージ・ジャスティー回復要因兼フィニッシャー。素で疾走を持つため、エイラでバフを乗せて走らせても良いが、メインの仕事場は手札。自然カードを融合素材にすることで0コスト1回復という何かがおかしい性能を発揮する。3枚融合でドレインを持つため、このカードの融合で盤面を整えた後に走ることでさらなる回復とダメ押しの打点アップが狙える。手札で被っても共食いさせればヨシ!
伝道の司祭・ロレーナすさまじいインナーマッスルをお持ちの脳筋修道女。ファンファーレで加わるロレーナの聖水もさることながらエイラを乗せることでどんどん筋トレして行き、筋肉を解放進化することであらゆるフォロワーを殴り倒せる。本当にこの方は修道女なのでしょうか(敬語)
《世界》・ゼルガネイア何故かビショップには少ない大回復ができるカード。エイラを無理に置きに行ってもテンポロスを返せるのがでかい。素の効果のままでもエイラを起動する仕事を与えられるのは他のデッキでは出来ない芸当。
聖なる守り手・ユカリ麦しゅわガンギマリ姉さん。盤面維持と回復を同時によってのけるウワバミ超えてウロボロス。彼女のおかげでリンクルキャルや魔道具に対してある程度強気になれる。

相性のいいカード

聖弓の使い手・クルト説明要る?ただ最近は構築の兼ね合いなどから抜かれるケースも増えている。
ピラータートル4コストをサーチする1/4守護フォロワー。基本的にはエイラを確定サーチするが、クルトを採用している場合はこっちを引っ張ってくる可能性もある。クルトが抜かれるようになったのは主にこいつのせい。
エンジェルラット博愛の翼人ビショップ自然カードの皆さん。機械カードが多数ローテ落ちしたFOH環境では自然カードをメインに据えた構築が主流となる。エンジェルラットはエイラ2枚あれば疾走を持ち、博愛の翼人はエイラを増やすことができる。どちらも仕事を終えたらジャスティーの餌にしてしまってもよい。

環境の変遷

未記入の環境について記述できる人がいたら追記オナシャス!

ローテーション導入前

DRK期

ROB期

TOG期

WLD期

SFL期

ローテーション

ROG期

UCL期

WUP期

FOH期

アンリミテッド

BOS期

ROG期