精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

&ref(https://image01.seesaawiki.jp/o/o/onj-shadowverse-game-info/JJFcIZCVIJ.png)&ref(https://image01.seesaawiki.jp/o/o/onj-shadowverse-game-info/89P9lMu2jX.png,70%)
{|width="340px"
|w(25%):|w(25%):|w(25%):|w(25%):|c
|>|>|>|center:重力の柔術士|
|>|!center:コスト:3|>|center:フォロワー|
|>|!center:クラス|>|center:ネメシス|
|>|!center:レアリティ|>|center:ブロンズ|
|>|!center:タイプ|>|center:-|
|>|!center:パック|>|center:[[アルティメットコロシアム>アルティメットコロシアムのカード一覧]]|
|>|!center:CV|>|center:石田彰|
|>|!center:イラストレーター|>|center:[[TABAROKI>イラストレーター一覧#TABAROKI]]|
|>|>|>|!center:進化前|
|center:攻撃力|center:2|center:体力|center:3|
|>|>|>|自分のターン終了時、自分の残りPPが1以上なら、[[アナライズアーティファクト]]1体を出す。3以上なら、さらに[[ミスティックアーティファクト]]1体を出す。|
|>|>|>|!center:進化後|
|center:攻撃力|center:4|center:体力|center:5|
|>|>|>|進化前と同じ能力。|
|}
[+]フレーバーテキスト
【進化前】
――『拳気一路の極』、体の段
一。拳の型、如何なるも、体を礎に為す。体は拳の根也。
二。兎角、体成らずして拳成らず。只管にただ鍛うべし。

【進化後】
――『拳気一路の極』、体の段
三。体の瀬戸際、その淵まで覗くべし。躊躇うべからず。
四。筋盛り、肉削がれて尚。体の功夫足りぬを知るべし。
[END]
*概要
第15弾カードパック「[[アルティメットコロシアム>アルティメットコロシアムのカード一覧]]」にて登場したブロンズのネメシス・フォロワー。
名前が読みづらい。プロリーグ実況では''じゅうりょくのじゅうじゅちゅし''などと噛む事例が多発した。

今までデッキに埋める→場に出すという流れを取っていたアーティファクトをいきなり場に出してしまう斬新なカード。
3PP余らせれば一気に3面展開も可能で、横並べに便利。ただミスティックの方はファンファーレのドロー効果は発動しないのでそこは注意。
PPセーブ(余らせ)系のカードの中でも即展開が可能で毎ターン効果が発動するため扱いやすい部類のカードとなっている。

アナライズを出すだけでもデッキが回るので悪くないが、こいつを先攻3Tで出して取られなかった場合次のターンでミスティックまでの展開効果を使うのがもっとも強い使い方でアグロプランにすら移れるほか、単純に6PPの動きとして考えても悪くない。
アナライズを出すだけでもデッキが回るので悪くないが、こいつを先攻3Tで出して取られなかった場合次のターンで展開効果を使うのがもっとも強い使い方だと思われるほか、単純に6PPの動きとして考えても悪くない。

2pickでは''鬼のように強かった''。
3T目にこいつを置いて返しで除去されなかったら手札を使わずに爆アドがとれる。[[バレッジスマッシャー]]あたりと組み合わせると宇宙。その為…

*制裁
&ref(https://image02.seesaawiki.jp/o/o/onj-shadowverse-game-info/31a183e9c49dda77.jpeg,70%)
1月14日のメンテナンスにおいて、このカードが''2pickで提示されなくなる''という試みが行われた。((これまでも[[信仰の具現化]]などの2pickでのカードパワーが極端に低いカードや、[[不思議の探求者・アリス]]などの不具合が起こったカードを掲示しなくする措置は行われていたが、強力すぎるカードを制限する目的での調整はこれが初。))

[[怪文書>https://shadowverse.jp/news/?announce_id=1347]]によると、2pickにおけるネメシスの勝率が59.6%と一強状態であったとのこと。

簡単に取れるブロンズな上、カードパワーが高いこのカードが使えなくなることで、2pick環境に大きな影響が出ることが予想される。

編集にはIDが必要です