精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

はじめに


あと5か月強もすれば受験がやって来るというのにアンリミに潜るホモの鑑。
4周年で手に入れた資産はローテネメとヴに吸い込まれ、今期はお休みかなぁと憂いていた中、ふと思い立って回した土冥府が強かったので初投稿。



※7/12更新
仮デッキの更新(運命2→3、虹2→0、指輪0→1)
採用カード欄の編集
マリガン欄の編集
プレイングの編集
あとがきの編集

仮デッキ




このデッキはFOH期のデッキです。更新予定はありません。
※7/12更新

コンセプト



ドロー!
低コス!
勝ち!

最近のシャドバの傾向として、0〜2コスのカードパワーがインフレしてきているように感じていた。
手札が無限にあれば、0〜2コスだけでデッキ組めるなぁと思うくらいには(妖精竜なんか軸にしたデッキも組んでみたいね)。
特にウィッチは面白いカードが溜まってたので前々から目をつけていたところ、完成した。

デッキの特性上「メタカードを引けない試合がない」という強みがある。
というのも、多くの試合で山の枚数が0〜5枚に終わるからだ。
余程運がない、又は燃やしてしまう以外では、デッキに入れたカードは全て選択肢に入れることができる。

採用カード

主要カード


そのデッキを使う理由になるカード。
ヴァンパイアの悪魔の始まりなどがいい例だと思う。
これが弱いと、他のデッキの下位互換になってしまうのだ。
グラウンドサークル0コス土。詐欺。
エクステンドマジック準備の手間はかかるが1コスで即座に4点出すことが出来、2枚ドローできる令和カードの代表格。
大地の魔女大地の元素は人の上っ!ポケモンカードとかそんなレベルのドロソ。ハンドが悪い時は渋らず出す。
でたらめな接合テミス(6コス)+二重練成(4コス)+運命(2コス)+エンスナ(1コス)×2=2コス。
冥府への道太古のフィニッシャー。最近はどの対面からも飛んでくる。
アダマンタイトゴーレムセクシー(土)ヴァンパイア(ゴーレム)。チラ見せ痴漢冤罪で復讐に入らないだけマシ。詐欺。
禁約の黒魔術師ダメージカット兼サブフィニッシャー土。冥府デスタもなんでも受け入れてくれる漢の中の漢(4点)。メイン効果は順当に回せば8ターン目に12点ほど出る。

補助カード


デッキの潤滑油orメタカード。
主要カードだけで組めるなら組みたいが、デッキを40枚にしなければいけないために入れるカード、という認識(このデッキに限って言えば、墓地肥やしのために不可欠だが)。
詳しくは、hasuさん(マンモス超越ドロシーの人)の
https://note.com/hasupurin/n/nd64321ba2b2e
この記事を見て欲しい。とても勉強になる。
神秘の指輪枠が余ってるからピン挿し。山に返すなら冥府か禁約。どちらも山に1枚多くあるだけでゲームプランの立てやすさが段違いになる。
実験開始1コス土。接合のドロー効果を安定して発動させてくれる縁の下の力持ち。カード単体のパワーは低いのでどんどん接合や運命で流していい。
くず鉄の練成1コス土。今環境ではいつ出しても強いことが多い0/2守護。AFを自壊させずに顔を防いでくれる唯一無二のカードだったりする。
魔女の大釜1コス土。序盤の回転率を上げるワンドローが偉い。星見とはおともだち
星見の望遠鏡ほぼ同上1コス土。出せるときに出す。
新たなる運命第二の接合。スペルが2枚未満でも手札の入れ替えができるが、少ないハンド下では有用でない。
オリハルコンゴーレム面を空けるためのカード。真理の術式は基本打たない。虚数物体貫通する

採用検討枠


強いけど枠の競合に負けたカード、又は環境によって挿し替えるカード。
このデッキでは神秘の輝きの1枚分が入れ替わるのかなーと思ってる。諸説。
虹の輝き骸ネクロが一定数存在するので入れたくなるカード。元々は採用していたが、骸ネクロ自体虹に頼らずとも勝てることが多いので抜いた。
猫の奇術師エクステンドと同期の令和カード。書いてることはおかしいが、即座に土を割りたい、接合の関係でスペルを増やしたい、といったことから不採用。
熾天使の剣割る、キャントリ付いてない虹の輝き。6コス払えば制限なし。2コス払って面一体はなぁ。
境界の魔道士2コスクルト土2枚割り。対AFネメなどで接合を気軽に切れるようになる。頼らずとも勝てる試合が多いので不採用。かなり諸説。
真理の魔鏡ハンド減らないテンポロス無し2コス土。イオ先生奪ってみたりと応用が効く。が、真理の術式を打つ暇はあまりない。
光の道筋パチドラで長年お世話になったカード。実質運命6枚体制なので腐ることが少ない。目に見える恩恵が少ないので誰かが数学的に有用性を示さない限り入れない。計算して♡
滅拳の魔女・マギサアグロ土の上振れ要員。アグロではないので面を無視して顔に行く事は無く、いつも手札の左側にいたのでサヨナラバイバイ。
マジックソードガール1コス土。8ターン目には大体勝ちなのでほぼ実験開始。接合の都合上スペルを増やしたいので不採用。
エーテルゴーレム30エーテルの2コス3点土。こっち入れるなら真理の魔鏡優先かなと思ったり。
未知の求道者・クラークスペル軸最強のハイパーデモンストライク。そういうデッキじゃないので不採用。

マリガン


マリガンの例を挙げておくが、土冥府というデッキタイプが長く埋れてきたためにまだまだ洗練されていない。
是非とも色々なキープを試して、意見して欲しい。

基本キープ


・サークル
・エクステンド
・大地

セットキープ


・エクステンドor大地
 +大釜、くず鉄、実験開始
・大釜
 +星見
・接合
 +実験開始

対面キープ&キープしない

対ネメ(AF)

キープ
・接合
キープしない
・エクステンド

対ネクロ(骸or冥府)

キープ
・接合
キープしない
・エクステンド

対ビショ(教会)

エイラには何しても勝てます。
キープ
・くず鉄

対ヴァンパイア(アグロ、ヨルムン)

ビショと同じ。

対ウィッチ(スペルor同型土)

同型土がだいぶ増えてきたらしい(潜ってない)。
キープしない
・エクステンド

対ロイヤル(ペインレス)

当たったことない。
変更なし

対エルフ(アマツ、新リノ)

ほとんど当たったことないので仮想。
キープ
・くず鉄
・接合
キープしない
・エクステンド

プレイング

全対面


6〜7ターン目に冥府完成を目指すのが基本プラン。
禁約の一押しで勝つことも多いので、冥府と合わせてデッキに何枚残っているか数えておこう。
冥府エルフのようなトークン生成型じゃないので、常に山の底が見える。禁約バリアのドローとリーサルターンを計算してLO負けしないように。
アグロ相手にはアダマンタイトがエンドカードになるので綺麗な着地を狙う。

対ネメ


AF:不利

勝率こそ出てる(後述)が相手が上手いとキツい対面。後述するが、割り切り対面である。
デッキの回転率が高いため、1、2枚挿しの虚数、冥府、ミュニエは必ず出てくるものと考える。
くず鉄大地等々はすべて面処理にあてる。
シオンが乗る前までにテミス付き接合を構える。
出来れば6ターン目までに冥府を完成させたいが面無視は危険。
ミュニエがあるので冥府1枚起動で安心しない。極力2枚以上冥府を手札か山に残しておきたい。
シオン絡みの面を返された相手は、レディアント単騎進化でを詰めてくることが多い。禁約バリア付きのターンを出来るだけ増やす。
無闇に守護を並べても相手の動きをさせるだけなので控える。
虚数貫通のリーサルにオリハルコンが役立つことがある。



ダメージカット同士でギリギリ勝てない。

対ネクロ


骸:有利
冥府:五分

骸型と冥府型の2種類がある。
骸型対面はこのデッキを握る理由。接合くらいしか返せないしね。
序盤は面に干渉する必要なし。
とにかくデッキを回して手札を整える。
骸相手ならテミス付き接合を温存して、焦らずどっしり構える。
冥府相手ならグレモリー発動ターンを意識して、ネクロマンスが回り始める前に禁約バリアをセット。
禁約バリアが命より大事なので大切にする。
冥府1枚あれば足りる。禁約も全てバリアに使って良し。
4ミントされても勝てる時があるので諦めないこと。

対ヴァンパイア


アグロ、ヨルムン:有利
背徳:不利(ほぼ見ないので割愛)

メタられる側のデッキと思っていたらまさかの有利対面。
くず鉄、20以下サークル、アダマンタイトの守護で止まる。
ヨルムン着地の前ターンはの小さいフォロワーだけ並べ、自壊させない。禁約バリアで放置。
遅延して禁約バーンが許される対面。

対ビショップ


エイラ:超有利
教会:有利

ネクの台頭によって数を減らしたが、依然パワーの高い教会
ほぼアグと同じ。
強いていうなら、ヨルムンみたいなカードがないのでアダマンタイトで完全にシャットアウト出来る。
エイラは何しても勝てる、LO負けだけ気をつけて。

対エルフ


アマツ:不利
旧リノ:五分
新リノ:不利

まあ見かけない。
新リノ対面はどう頑張ってもキツいので捨ててよし。
アマツ対面もかなりキツいが、アダマンタイトが刺されば止まるので相手の上振れ次第。
旧リノ熾天使入り、プライマル等回復入りが多い。禁約のバーンで決め切りたいので山に1枚は残す。
守護はいいタイミングまで温存。

対ウィッチ


超越クオン、スペル疾走:不利
同型ミラー:先有利

クオン狂信者クラークのように分割打点が多く、守護も簡単に剥がしてくるのでほぼ負け。即リタもあり。
同型は当たったことないが、進化権をうまく使えない&フィニッシャーが冥府のデッキなので、初手の事故率上がる以外は先有利だと思う。

対ロイヤル


ペインレス:超有利

知らん。何しても勝てる。
一時期流行ったUBリオードも禁約バリアとアダマンタイトで勝てる。

あとがき&参考データ


ここまで読んでもらって申し訳ないのだが、この記事をチマチマ書きながらランクマを回している感じ、ネメの下位互換なのかなーと感じてしまった。

このデッキの主要カード群を見て欲しい。

コスト詐欺カードエクストラウィン(冥府)ダメージカット手札総入れ替え




…いや全部ネメ持ってんじゃん、と。




とはいえ、このデータを見て欲しい。





デッキリスト的に事故率が高そうに見えるが、全然そんなことはない(体感5%もない)。

アグロ対面に9割5分以上の勝率を出せているのは特筆すべきだろう。
また、骸ネクロに対しても8割5分とかなりの高戦績。

いかんせん、シェアトップを誇る冥府ネクロとAFネメに対して不安定なのがストレス。
環境によって浮き沈みするデッキなのかもしれない。

記事を書き終えるまでにグラマスになることはできなかったが、コツコツ頑張ろうと思う。
新たな知識が溜まり次第更新する。



7/12 追記

沢山反響をいただけてめちゃめちゃ嬉しい(小並)。

すんません、全然回してません。
新弾リリースから時間が経って、AFネメが圧倒的tier1と周知され始め、骸ネクロの数が減ったのが痛い。
ただ、土冥府自体はjcgに持ち込まれたり、何人かのyoutuberが紹介したりで増えてるらしい(Twitter)。



さて、ここからは机上の話。



’の奇術師、境界の魔道士、真理の魔鏡の採用について

この記事を投稿してから数えられるほどしか回してないのでなんともだが、この記事以外で見受けられたレシピの多くで上記3枚が採用されている。
それでも私は不採用を推奨したい。

猫の奇術師を例に考える。
ローテと違って4〜6ターン目から急激にゲームスピードが上がるアンリミでは、出して仕事するのは1〜3ターン目までと考えている。
採用するにしても2枚までが限度だろう。
ここで考えたいのが、このカードを採用して、どの対面に勝ちたいのかということ。
例えば、初め私は、比較的回復の少ないネメ相手に五分以上勝ち越すために、序盤のビート役として採用しようと考えたのだが、回してみると大地の魔女を早いターンに出せないことに気付いた。
そうなるとマリガンで大地を返すことになるのだが、手札が増えないので冥府等が手札にかさばり、冥府の発動ターンが遅れてしまうので、結局猫が稼いだ打点も水の泡。星見エクステンドを直ぐに打てないのも気持ち悪い。
逆に、奇術師をすぐに自壊させられる対面となるとアグロを見ることになるのだが、上述の通りすでに十分な戦績が出ており、寧ろデッキの回りを鈍くするカードとしてもったいない負け方を生み出す可能性が出てくる。
以上より、他対面の勝率を落としてまで入れるカードではないと判断した。

真理の魔鏡、境界の魔道士についても考え方は同じで、少し国語的な表現になってしまうが、有利対面と不利対面の影を重ねて、迷走する必要はないと考えた。
 


▲薀鵐マと競技シーンについて

,鯑Г泙┐疹紊如土冥府というデッキの立ち位置を考えてみる。対面はある程度練度の高い相手を想定する。

まず、絶対に勝ちたい対面
・アグロV
・教会B
・骸Nc
の3つだと考える。上2つはマナレシオこそまるで守る気がないが、AFNmや超越W、冥府Ncのように1ターンに大きく動くデッキではないため、明確に有利を取れているこのデッキでは安定して勝ちやすい。

次に、まあ大体負け対面
・AFNm
・新リノE
・超越W  …
の多くである。多くと書いたが、このデッキに有利のつく多くのデッキはtier上位に軒並み駆逐されたので悲観しなくてよい。



結論になる話。



まずはランクマについてだが、私の中の結論は
「ネメを割り切って他対面相手に勝ち越す」
になる。


暇な時間を使ってウィッチとNのカードプールを隈なく漁ったが、どうしてもネメを完封できるメタカードがなかった。
ので、仕方なく割り切り。上手い人には勝てないね。
他対面を絶対落とさないために、迷ってたくず鉄をそのまま3枚、正規ルートを通しやすくするための指輪を1枚採用したのがこのデッキ。
境界の魔道士とくず鉄は、"アグロに絶対勝つ"という面で役目が同じなので、枚数調整の余地がある。



次に、競技シーン(jcgくらいかな)についての結論は、
「持たなくていいです(涙)」


ランクマと違ってBO3というルール?が多く採用される競技シーンでは、デッキ単体の強さだけでは勝ちが決まらない。

参考文献
アイラとフィルレインの0から始めるBO3
数字から見る「現環境で一番強いBO3の組み合わせ」( https://tdtomatomato.hatenablog.com/entry/2018/11/... )

私の中では、所謂2タテ構成(特定のデッキに有利な2デッキの組み合わせ)が分かりやすく強い持ち込みと考えており、その観点からいくと、現環境では持たなくてよいという結論に至った。

https://sv.j-cg.com/compe/view/entrylist/2295
↑は最近のjcgの決勝トーナメント持ち込み一覧である。

ランクマではあまり見かけないが、新リノEがかなり多いことがわかる。
特に、AFNmと新リノEの2デッキ持ち込みが7人/32人であることに注目してほしい。
この構成相手にはかなりの確率で土冥府が2タテされるのではないだろうか。

環境初期のように初見殺しも通用しなくなり、あまり立ち位置は良くないだろう。
ただ、AFNmを割り切るとはいえ、ほかのデッキよりかは幾分も善戦できるデッキなので、一定の価値は存在する。



重ねて注意喚起!
上記考察は机上の話。なんなら自分では一切データ取ってないのでご了承ください。






雑な更新となりましたが、以上となります。
今後の更新予定はありません。
コメントは定期的に覗きに来るので、どしどし書いてください。





おまけ






処理順チェックがあなたを救う。




おわり

このページへのコメント

もう骸はほとんどいない気がするゾ…3王墓4ミントポエム必ず決めてくるのやめちくり〜

1
Posted by 名無し(ID:HeLf8ZY+vw) 2020年07月14日(火) 04:18:09 返信数(1) 返信

流石に数減らしたか。
3で骸となんか出せたら強いけど4以降だったらどのクラスもまあまあ返せちゃうからなぁ、地力流石に足りてない。

0
Posted by  tibet_j tibet_j 2020年07月14日(火) 22:11:26

匠のデッキのおかげで溶かしたmpがみるみるうちに回復しました。感謝してもしきれないです。(24歳学生)

1
Posted by 名無し(ID:sF3SPDZj9g) 2020年07月12日(日) 23:05:28 返信数(1) 返信

もっと盛れ

2
Posted by  tibet_j tibet_j 2020年07月13日(月) 00:55:54

フューチャービジョンピン挿ししてるけど結構いい
2ターン目までに並んだafとか取れるし手札増えるのが嬉しい
スペルだから接合とも相性いいし採用候補くらいにはなりそう(小並)

1
Posted by 名無し(ID:d7CmGr/ctw) 2020年07月12日(日) 14:12:17 返信数(1) 返信

フューチャービジョン試したことないわ。
ターン終了時ドローが微妙に感触悪そうだなーと思った。

1
Posted by  tibet_j tibet_j 2020年07月13日(月) 00:57:24

土デッキなのに怪文書が無い?…妙な

5
Posted by 名無し(ID:EK+UG3s2kw) 2020年07月12日(日) 13:52:34 返信数(1) 返信

正統派なんで

1
Posted by  tibet_j tibet_j 2020年07月13日(月) 00:57:46

読みやすくて理論的な文章でありがたい
あと太刀川さんかっこいい

1
Posted by 名無し(ID:ImokQTWQWg) 2020年07月12日(日) 13:18:01 返信数(1) 返信

「迅の予知だとあんた、(レディアントに)真っ二つにされるらしいわよ」

2
Posted by  tibet_j tibet_j 2020年07月13日(月) 00:55:25

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ