精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


ぷお〜〜^
竜呼びの笛
コスト3アミュレット
クラスドラゴン
タイプ-
レアリティレジェンド
パックダークネスエボルヴ
ファンファーレ覚醒 状態なら、自分の手札の3コスト以下のドラゴンカードを全てヘルフレイムドラゴンに変身させる
効果覚醒 状態なら、 自分の手札の3コスト以下のドラゴンカードを全てヘルフレイムドラゴンに変身させる


ヘルフレイムドラゴン
コスト2
クラスドラゴン
タイプトークンフォロワー
レアリティレジェンド
パックダークネスエボルヴ
効果突進

使い方考察

ランプドラゴンに入れて後半に腐りがちな低コストフォロワーをヘルフレイムドラゴン(以下ヘルフレ)に変える…というのが基本的なコンセプトなのだが、大鎌の龍騎や天界への階段、サラマンダーブレスというような後半にも腐らない低コストのカードが多いため、覚醒状態になったらすぐに置いて主軸にするカードというよりは盤面処理の補助として使うことが多い。
盤面や相手によっては引いても使わなかったり、バハムートで自ら破壊することもある(場に出た次のターンに粉々に砕け散る様は哀愁も感じさせる。)
というのも昔の話。現在はバハムートのナーフによりこのカードは砕けなくなっただからどうしたという話だが

ここまで読んで「やっぱり1000エーテルじゃないか(憤怒)」と思ったせっかちなホモもいるかもしれない。
しかしラースドレイクやラハブ、ウロボロスのようなヘルフレと組み合わせて使える優秀なフォロワーが増えたこと、竜の闘気や階段などの登場で手札を確保しやすくなったことで、より高い盤面制圧力をより安定して得られるようになった。

これは特に対アグロやNデッキにおいて非常に有効で、ヘルフレで一気に盤面の優位を奪って相手に処理を強制したり、進化権さえあればヘクターやカラボスといった大型のフォロワーさえヘルフレ1枚で処理することもできる。
大量のドラゴンで持久力に優れた突進と盤面の暴力を相手に叩きつけてやろう。

余談

神撃のバハムートではヘルフレと竜呼びの笛にはそれぞれイラストや設定が用意されているのだが、この2種類のカードは神バハでは全く関係が無いカードである。
なお神バハのヘルフレは気性が荒すぎて他のドラゴンからハブられているらしい。やっぱ協調性って大事なんやなって…*1

ちなみにこのカードの記事は2017年から1年半程放置されていた。誰も興味なかったんやなって

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
現在wikiのメンバー募集はしてません
というか編集自由にしてるからメンバーになるメリットがないです
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ