精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

通常ver

言の葉も無く墜ちなさい
リーダースキンver
妖刀の鬼・ツバキ
コスト:3フォロワー
クラスロイヤル
レアリティレジェンド
タイプ兵士
パック森羅咆哮
レヴィールの旋風
CV伊藤静
イラストレーター久方綜司
進化前
攻撃力3体力2
潜伏
ファンファーレ このバトル中に破壊された自分のフォロワーが10体以上なら、+1/+1して、攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する。(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)
進化後
攻撃力5体力4
進化前と同じ能力。(ファンファーレ能力を除く)

フレーバーテキスト

概要

第14弾カードパック「森羅咆哮」のアディショナルカードにて登場したレジェンドのロイヤル・フォロワー。
お尻のラインがいい。

クラシックカードパックのツバキのリメイクカードであり、6/4/3から3/3/2となり大幅に使いやすくなった。リメイク前と比較して、潜伏を持ってる点は同じであるが、ファンファーレの相手フォロワーを破壊する能力については「破壊された自分のフォロワーが10体以上」という条件が付いてしまった。もっとも、その条件を満たせれば4/3というリメイク前と同じスタッツになる。
また破壊効果は対象を取らないので、月の刃・リオードのような潜伏フォロワーに有効。

オースレスナイトフローラルフェンサートランプルフォートレス、猛虎のアクセラレートなどで数を稼ぎに行けば6,7ターンで条件を満たすことは可能。

ちなみに、「破壊された自分のフォロワーが10体以上」という条件は同パックの君臨する猛虎のファンファーレ能力が働く条件と同じである。

紹介ムービー

運営も待望のリメイクだと分かっていたのか、至高神・ゼウスに次いで2回目の紹介ムービー付き発表がされた。


神撃では眩しい白さの太ももをご開帳していたが、あえなくタイツを穿かされてしまった。
しかし「これはこれで良い」という意見も多々見受けられる。

リーダースキン


第4回人気投票にてロイヤルで1位を取り、リーダースキン付きカードが「レヴィールの旋風」のアディショナルカードにて封入されることとなった。
エモート
  • 挨拶 …いざ、尋常に。
  • 感謝 …恩に着ます。
  • 謝罪 …私の失態です。
  • 称賛 …鮮やかです。
  • 驚き …このような技が……!
  • 思考中 …ならば……。
  • 決め台詞 …退路無く、是非も無し!
セリフ
  • 選択時 …しからば、刃にて語る。
  • 開始 …刃語れど、死人に口なし。
  • ミラー …現世は夢幻の如し。
  • 進化1 …覚悟しなさい。
  • 進化2 …もう、遅い。
  • 進化3 …手遅れですよ。
  • 勝利 …黙して、散華。
  • 敗北 …刃、届かず……。
  • リタイア …敗北を認めます……。

関連項目

タグ

このページへのコメント

その胸は平坦であった

9
Posted by 名無し(ID:kOhBkeD8Ww) 2020年11月20日(金) 11:23:18 返信数(1) 返信

だがそれがフィーヒヒヒ!

7
Posted by 名無し(ID:GaLTrJSa3g) 2020年11月20日(金) 18:04:06

ジャパニーズ・オニ・サムライガールとか外国人は大好きそう

9
Posted by 名無し(ID:QU0uHxtDpQ) 2020年11月20日(金) 00:27:51 返信

派手な動きがないぶんあんまりダサさもなくていいですね

1
Posted by 名無し(ID:MdbrLvjEXw) 2020年11月19日(木) 23:14:51 返信

ガルミ、ディオネよりは(モーション)いいけど…なんか違うんだよな

5
Posted by 名無し(ID:82IuX0UN+g) 2020年11月19日(木) 20:23:24 返信数(1) 返信

もっと体の向きに動きが欲しかった感。ずっと正面向いてるから変な印象を受ける。まぁモーション班の負担はえげつないけど笑

5
Posted by 名無し(ID:BQsoyAp3KQ) 2020年11月20日(金) 00:32:44

綺麗なエリカとかいう別称すき

21
Posted by 名無し(ID:JWemOKLDDA) 2020年11月19日(木) 13:42:57 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
クリスマスの雰囲気が漂ってきましたね
こんなwiki見ている諸君はクリスマスを一緒に過ごす恋人なんていないでしょうし、シャドバを楽しみましょう