精神削ってまでランクマしなくていいから・・・



「私の劇場へようこそ!」
貴方の為の物語!」
幽霊支配人・アーカス
コスト:7フォロワー
クラスネクロマンサー
レアリティレジェンド
タイプ-
パック起源の光、終焉の闇
CV石田彰
イラストレーターニジハヤシ
進化前
攻撃力6体力6
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分が元のコスト3以下のフォロワーをプレイしたとき、それを破壊する。その後、ゴーストX体を出す。Xは「そのフォロワーの元のコストの値」である」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
進化後
攻撃力8体力8

フレーバーテキスト

貴方の為の概要

第8弾カードパック「起源の光、終焉の闇」のアディショナルカードにて登場したレジェンドのネクロマンサー・フォロワー。ネットリ石田ボイスが素敵。

リーダーに効果を付与するタイプのカードで、効果は「3コス以下のフォロワーをプレイすると、それは破壊されてコスト分のゴーストになる」というもの。
疾走フォロワーを大量に展開できるので8コス以降は顔をがんがん削りにいける。
ただし弱点もはっきりしていて、
  1. 8ターン目以降フォロワーがほぼ場に残らないので盤面を維持できるか怪しい
  2. 毎ターン最大7点分くらいしか打点を用意できなさそう
  3. 手札すぐに無くなりそう
  4. こいつ自身が即効で場に干渉できる能力があるわけではない
といった点が弱点として挙げられており、ホモからもネクロが当時イマイチの立ち位置にいたこともあって「あーカス!」と呼ばれていた。事前評価では。

しかしいざ実装されてみると
  1. ゴーストが疾走持ちなので盤面の維持はそれほど難しくない
  2. バイヴカハエフェメラヘクター卿などと相性がよく、10点前後の打点が出せた
  3. 純心の歌い手デーモンイーターと相性が良かったのですぐには手札はなくならない
といった使用感で、カス呼ばわり出来るほど弱くはなかった。ただ即盤面に干渉できないことや、その他の弱点も根本的に解決したわけではなかったので評価はそこそこ止まりだった。

第9弾カードパックBOSで相性のいいフェリフランが追加されたことで評価が上昇。
フェリでゴーストに3回攻撃を付与しつつ攻撃UPバフを行うことで現実的に20点OTKができるようになり一躍ロマン枠として輝き始めた。

第9弾カードパックBOS後期ではグレモリーが追加されたことでそれが加速。
今まで弱かった中盤が強化され、OTK能力も向上したため利用者がさらに増えた。

しかし弱点も残っており、しかもそれがBOSのTier1に対して致命的なためTier1に台頭するまでには至っていなかった。が。

劇場の絶傑 アーカス

第10弾カードパック十禍絶傑実装後、ギガキマメタとして鳴り物入りでやって来たルルナイは効果対象もガバガバでやる気あんのかお前という罵声を浴びせかけられていた。
そしてある一人のホモは飢餓の絶傑・ギルネリーゼに目を付けた。貴重なドロソのイーターが消え、手札カッツカツでチンポにあえぐはずのルナちゃん達は呟いた。
「つよいなこれ」
強いのである。(ルルナイと同じく鳴り物入りのカローンは言うほどだった)

何が強いかと言えばアーカスからのOTKルートが増えネクロに10ターン目を渡す=死と同義となっている。
蒼の少女・ルリアのエンハンスで確実にサーチ

フェリで三回攻撃を付与

ギルネリーゼグレモリーでパワーアップ

相手は死ぬ
更にアーカスが置けなくてもギルネリーゼさえ置ければドロー効果と相まってフェリとのコンボでほぼ確実に15点ブチ込めることもあり非常に強い
さらに冥界の番犬・ケルベロスが雑に強いおかげでアーカスを置くスキを作りやすくなったのも強いところ。
そもそもOTKで体力20削るより8,9T目に10点のクソをドバーッと出して勝つことの方が多い辺り察してくれや。

KMR「なんか強かったのでグレモリー調整しますね」
彡(ル)(ナ)「グエー痛いンゴ」
KMR「次強くなりそうなのでガルミーユの侮蔑コンボを殺す調整にしますねetc」
彡(° )(° )「ん?」

新ケルベ進化とベレヌスへの牽制が無くなった今、アーカスのティアは一体どうなる!?
次回、「劇場の絶傑・アーカス大勝利! 希望の未来へレディー・ゴー!」
その後
普通に強かった。というかグレモリーはアンリミのミドネク用のナーフという側面が強かったのだが、侮蔑の絶傑・ガルミーユは主にローテでの影響を危惧したもの。当時のアーカスは全盛期ガルミーユに滅法弱く、ベレヌスやケルベロスの効果でガルミーユにダメージが飛んでしまうため、10点近くをこいつ1枚に削られることも多かった。ベレヌスをガメラの存在のために採用しないケースもあった。それがガルミーユがナーフされることで気にする必要がなくなり、ドラゴンに対しても強気に出られるように。KMR無能。

流石にこの状況は見過ごせなかったのか歴代最高の勝率を叩き出してしまったアーカスネクロの中心カードスカルリングがナーフされた。
………ん?

ナーフ前でもスカルリングはアーカス後にはTDN置物なので、2積みの構築が主流であった。
そしてそれだけナーフして収まるはずもなく、結局アディショナル後も使用率こそ下がった(=一強ではなくなった、特にランプが台頭した)が強さは大して変わらずに大暴れしている。
二回もナーフを受けてなお暴れたデッキはランプドラゴンやミッドレンジネクロ、Nヴァンパイアぐらいでありこのデッキのパワーの高さは相当なものだと言えるだろう。

…だが流石に暴れ倒したアーカスもア追加後しばらくするとアでめぼしい強化が無かったこともあり急速に廃れていった。特に3コス帯がスッカスカになったことが痛い。KMR有能じゃねえか

ALT環境

そんな中突入したALT環境。

デッキからドロソ6枚、優秀な2/2/2のベレヌスが使用不可になったのでかなり安定感を失った一方で、Pickグランプリで一定の活躍を見せていた人参アーカスを再現出来る禁絶の腕・ニコラという強化が与えられた。

結論を言ってしまえば中盤の弱体化は致命的なものの、ニコラを飛ばし続けられる後半は寧ろ強化されたと言ってもいいだろう。ニコラとアーカスを引ける限りは
トータルで言えば全盛の7割程のデッキパワー、T2レベルでは無いだろうか。

STR環境

ALTの懲罰期間を経てSTRでは割とまともなカードを大量にいくつか貰った。
永遠の花嫁・セレス
水竜神の巫女を彷彿とさせる5コス回復付きのフォロワー。誓いによってアーカスのコストを下げることでアーカスプレイ時に2コスフォロワーを出せるようになって隙を消せるようになった。
グール
帰ってきたデーモンイーターの互換。随分醜い姿に成り下がったものだが、ニコラとのシナジーもあるのでなかなか使いやすい。ソルコン同様、後述する死の夢の少女とシナジーがあるのも見逃せない。
死の夢の少女
パペットルームもどきのようなカードをラストワードで手札に加える。ソルコンやグールとの相性は言わずもがなだが、STR環境ではプロダクトマシーンのような1/1フォロワーの展開が多いので継続的にそれらの牽制ができるのは美味しい。

これらのカードの追加によって大分アーカスデッキの安定感はマシになった。

スタン落ち直前、最後のローテのSTRでアーカスを導くのは君だ!

余談

すごく声がねっとりしている。

神撃のバハムートでの設定

このページへのコメント

ヴァンプ相手に出したらネレイアにボコられました。

うん、出したワイが悪いな。

2
Posted by 名無し(ID:D7NlXi9beQ) 2020年06月14日(日) 11:40:25 返信

オルピで新グレモリーとニコラ一緒にピック出来てるとクソ強いですね…

0
Posted by 名無し(ID:6E/F2sypzg) 2020年06月12日(金) 18:49:39 返信

あんなクソザコナメクジじゃなくてまたお前の劇場が見てぇよォ

2
Posted by 名無し(ID:e4VjU8zfzw) 2020年05月16日(土) 17:20:02 返信

カードプールが広がって強くなったカードの筆頭
フェリとかギルネリーゼの追加がやっぱり大きい

2
Posted by 名無し(ID:cPAvw5FgfA) 2020年04月27日(月) 15:47:48 返信

今だと極光とかウィルくんとか相性悪いカード多いから仮にローテにいても全く活躍出来ない気がするわね
そもそも相性以前にクオンギンセツにパワー負けするだろうけど

1
Posted by 名無し(ID:aPH5XNuRfw) 2020年02月27日(木) 21:15:51 返信数(1) 返信

こいつよりもフェリ、グレモリー、ギルネリーゼ居ないのがね。こいつだけいてもって感じ

7
Posted by 名無し(ID:NID5ztn96A) 2020年02月27日(木) 21:20:01

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ