精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


は誰にでも平等に訪れる。

性能

冥府への道
コスト4アミュレット
クラスニュートラル
タイプ-
レアリティゴールド
パックスタンダードカードパック
自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。

解説

スタンダードカードパックで登場したアミュレット。
条件を満たせば全体6点バーンという強力な効果を持つ。

全体6点バーンというのはかなり強力な効果であるが、墓場を30枚溜めなければいけないという条件がネック。
普通にプレイして溜めようと思えば相当数のターンが必要であり、またデッキ枚数が40枚のシャドウバースではライブラリアウトの危険もある。
そこまでの手間とリスクを背負って得られる効果が全体6点バーンでは、むしろ物足りないと言えるだろう。
ニュートラルのフィニッシャーとしても、同期にサタンというライバルが存在しているのも痛い。
そちらは条件もなく10PP使えばプレイでき、ファンファーレで山札を作り替えるので次のターンから強力なカードを連発できる。
厳しい条件、手間の多さ、強力なライバルという三重苦のせいで、一部のファンデッカー以外には無縁のカードとなってしまった。








とでも思ったか?

真の解説

実際には、冥府エルフとしてスタンダード期、ダークネス・エボルヴ期と環境を席巻し、シャドバプレイヤーに大きなトラウマを刻み付けたカードである。

冥府がこれほど暴れた理由として、新たなる運命と相性がよかったことがある。
新たなる運命は「手札をすべて捨て、捨てたカードの枚数引く」といういわゆる手札交換カードの一種である。
捨てた手札はもちろん墓場にカウントされるため、そのカードで一気に墓場を稼ぐことが可能となった。
そしてシャドウバースの仕様として「トークンカードも墓場にカウントされる」ことと、エルフという「トークンを手札に加えるクラス」ががっちり組み合わさり、7〜8ターンで墓場を30枚溜めて冥府を起動し全体6点で相手を焼き尽くすデッキが完成し、冥府は一躍有名になった。

転機が訪れたのはバハムート降臨。
それまでアミュレット破壊が少なく場に出せばほとんど対処されなかったところを、看板カードであるバハムートの効果によって他のカードごと焼き払われる自体が発生した。
その結果、他のアミュレットカードと同じく大ダメージを受け、また冥府エルフというデッキタイプが一向に強化されずにインフレの波に置いて行かれたこともあり、徐々に使用率を下げ、環境を席巻するほどではなくなった。
一方、カードプールの広がりにより他のクラスでも墓場を肥やしやすくなり、上手くデッキを組めば他のクラスで冥府を使うこともできるようになってきた。
冥府エルフ自体も完全に死んだわけではないため、今でも見かけることは少なくないだろう。
独特なデッキ構築やプレイングを要求されるものの、それをこなせば強力な効果で勝ちに導いてくれる、そんなカードと言えるだろう。

使用されるデッキ

エルフ

上述の通り、過去に環境を席巻したクラス。
フェアリーを手札に加えて上限枚数ぎりぎりを保ちつつ時間を稼ぎ、隙を見て新たなる運命で墓場を肥やすことで、安定して7〜8ターンには冥府を起動させることが可能。
エルフには手札枚数を参照して効果を発揮するカードもあり、それらのカードと相性がよかったのも追い風だった。
余りの強さに、ドローソースの収穫祭、全体バウンスで時間を稼ぐ根源への回帰の2枚が立て続けにナーフされたが、ものともせずに暴れ続けた。
現在では環境の高速化やバハムートの存在から、環境トップからは退いたものの、その力は健在である。
手札の枚数分ランダム1点ダメージを繰り返す森の意志カシオペア、手札の枚数分回復するため最大8点回復にもなるフェアリービーストとの相性の良さもあり、冥府を使うなら一番組みやすいのはこのクラスであろう。

ロイヤル

実はスタン期から話題には上がっていたクラス。
当時は海底都市王・乙姫をはじめとして、ファンファーレでトークンを場に出すカードが多いことに着目し、盤面を取り合いながら墓場を肥やして冥府を起動させるのが狙いであった。
現在は多くの優秀なサーチカードや、軽量トークンを生み出す簒奪シリーズの存在もあって、手札の水増しが容易であるために新たなる運命との相性が悪くなく、墓場を肥やすスピードはそこまで遅くない。
ニュートラルアミュレットの天界への階段や、N軸では4枚ドローも狙える兎耳の従者など、使いやすいドローソースも増えてはきているので、以前よりは冥府を起動させること自体は難しくないだろう。最大の欠点はそんなことしてわざわざ6ダメージ与えるよりスパルタクスでさっさと特殊勝利する方が楽に勝てる点。

ウィッチ

エルフに次ぐ相性の良さを誇るクラス。
スタン期からスペル軸と土軸の二種類のデッキタイプが存在していた。
スペル軸では6枚も墓場を肥やせるサモンスノーを軸に、キャントリップ持ちのカードで山札を掘り進めながら墓場を肥やすタイプ。
土軸ではガーディアンの錬成を手札に加えるカードを多く用い、ガーディアンゴーレムで時間を稼ぎながら墓場を肥やすタイプ。
スペル軸の方が墓場が溜まるのは早いが、盤面の安定感は土軸の方が勝っている。
現在では土軸の強化が著しいため、土軸のデッキタイプの方がやや多いか。

ドラゴン

ダークネスエボルヴにて竜巫女の儀式が追加されたことでディスカード軸が生まれ、一見すると相性よく使えるように思えたが・・・。
・ディスカード軸で使えるカードのパワーが低い
・トークン生成カードが乏しく、ライブラリアウトと隣り合わせ
という重大な欠点があり、「冥府(ディスカード)ドラゴンは自殺する方が良く見る」という悲しい現実を生み出してしまった。
現在では軽量のトークン生成カードもかなり増え、冥府との相性はどちらかと言えば良い方である。

ネクロマンサー

墓場の枚数を操作することが可能な、他にはない特徴を持つクラス。それ故に墓地の枚数を稼ぐこと自体はあまり苦ではない。
しかし、冥府の墓場30枚という条件の厳しさはネクロマンサーをもってしてもかなりのものであり、また墓場を消費するネクロマンスカードが使いづらくなる点もあって、実はそれほど相性が良いわけではない。
最果ての骸とは相性がいい。詳しくは後述

ヴァンパイア

元々ドローソースが充実していることに加え、フォレストバットを生み出すカードもあって墓場を肥やしやすかった。
カードが追加されるに従い、ドローソースの増加や蝙蝠軸の強化、さらには毒牙の姫・メドゥーサをはじめとした毒蛇を生み出すカードの追加もあり、かなりのスピードで墓場を肥やせるようになった。
特にゴルゴーンの試練?でメドゥーサを引き、次ターンでメドゥーサを進化させることが出来れば、相手にメドゥシアナ登場のプレッシャーを与えつつ、カード1枚で6枚分の墓地を肥やすことができる恐ろしいムーブとなる。
しかし、最近は相性のいいカードが少なく、冥府の適性は相対的に低い方だろう。

ビショップ

カウントダウンアミュレットからフォロワーを召喚する、それだけで2枚分の墓場肥やしになる。
スタン期から詠唱:聖なる願いというドローソースや、無限リソースとなる詠唱:夢想の白兎もあり、冥府と相性が悪いわけではない。
ただ、カードパワーが低めに設定されていたせいか、墓場が30枚溜まるまで耐えきることが難しく、なかなかパッとしなかった。
バハムート降臨では狂信の偶像が追加され、毎ターン白兎を割って壁を作りつつ墓場を急速に増やすコンボも考案されたが、待っていたのは冥府まで割ってしまうという悲しい現実だった。
現在では黄金都市と軽量アミュレットを使う事でデッキを高速で掘れるようになった為、かなり現実的に冥府を起動できるようになっている。

ネメシス

新パック、時空転生で追加されるクラス。
山札に大量にカードを追加しつつ、デウスエクスマキナの手札交換効果で墓場を肥やすことができ、操り人形も絡めればかなり高速で墓地が溜まる。
冥府との相性という点ならば最も適性のあるクラスだと言えるだろうが、カードプールの狭さ故にネメシスと他クラスのパワー差が大きいのが悩み。

リメイクカード?

余談

全くどうでもいい話なのだが、この記事は2017年から1年近く放置されてきた経歴がある。2019年1月5日に更新されるまで最も長く更新が止まっていた記事だったのだ。

このページへのコメント

更新おつかれなんやで

2
Posted by 名無し(ID:OW2XzJQFcg) 2019年01月07日(月) 16:45:50 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
現在wikiのメンバー募集はしてません
というか編集自由にしてるからメンバーになるメリットがないです
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ