精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

サンプルデッキ

概要

待たせたな!
ALT環境にて新しく土台が作られ始めた「ハンド(デッキ)バフ軸」。
実装当初は非常に微妙な加減の強さでデッキ開発は進みませんでしたが、アディショナルでレイジコマンダー・ラウラが実装され、復讐軸に新たなカードが追加されたことをキッカケにバフ軸と復讐軸を合わせた「復讐バフヴァンパイア」というデッキがちらほらと開発され始めました。
今回はその復讐バフヴァンパイアについての考察と、それを踏まえた構築について、お話しします。

考察

「問題点」について
みんな…復讐バフゥマの「問題点」って、知ってるかな……?
「問題点」というのはね、たとえば……
  • ハンド要求値の高いコンボデッキの割にドローソースが少ないor高コストだったりで扱いづらかったりする
とか…
  • 復讐に入るには自傷するかライカンベルセルク、ヴァルツのブラッドムーンが必要で、それを用意する動きがしょうがないけど絶妙に弱い
といったことを…「問題点」というんだ。
復讐バフゥマというハイブリッドデッキの大きな問題点はこの二つですが、その他にもチラホラと問題点があります。
  • 疾走頼りのデッキであるため守護に弱い
  • 自傷で復讐に入った場合、疾走バーンに弱い
  • 復讐というコンボデッキとバフというコンボデッキは単体で完結しないコンボデッキのため、合わせるのにそもそもの無理がある
といった感じ。多すぎィ!
ざっくりとまとめてしまうと、諸々のコンボを成立させるための「リソース確保」と、なるべく確実なリーサルが取れる「フィニッシャー」を構築時に考えなければなりません。
フィニッシャーについて
まずはここを決めないと対戦で勝てないので、フィニッシャーから見ていきます。
ローテーションで「疾走」を持つ主なフォロワーはこの通りです。

ここに新ピィちゃんとプルソンくんも該当しますが、新ピィちゃんはチョイス先が疾走を持つカードであり、チョイス後のカードは元のカードとは別扱いになるためバフが乗らないという重大な欠陥を持っているため見送り。プルソンは言わずもがな重すぎる。
このうち素で疾走を持っているフォロワーはサーベイジウルフとインプランサー。進化という比較的軽い条件の疾走を持つのがラウラ。復讐条件を持つのがダクジェネとミルナード。自傷回数という専用軸に寄せないと条件が満たせないナレク。
フィニッシャーについて意識したいことは疾走が守護に弱い点なので、この枠では中盤に小型〜中型の守護を除去でどかしつつ、確実に顔へダメージが通せるコスト帯のフォロワーが欲しいです。
まずコストの低さから除去等小回りが利き、バフをかけまくれば一級のフィニッシャーにもなり得るサーベイジウルフは3枚確定。
疾走の条件が比較的緩く、自身の復讐時効果でフィニッシャーを生み出すことができるラウラを採用。進化は条件が緩いことは緩いんですが、復讐時効果も含めてひと試合で何枚も出したいフォロワーではないので2枚。
復讐時に疾走を持つ2種類のうち、ミルナードを採用する価値が継戦能力しかなく、それは別に求めてる能力でもないので、コストが1低いダクジェネを3枚採用。
以上の8枚が今回のメインフィニッシャーになります。
リソースについて
次はデッキの根幹を支えるドローソースの選定です。現実的なのはザッとこんな感じ。

このうち、テンポロスの激しいレイズ、探偵、噴水、テンポロスに加えデメリットが少々重い盟約は見送り。
姦淫の使徒は自傷軸で意外にも輝くカードですが、5tには低コストを何枚か使い除去や復讐準備、バフなどを行いたい関係で重いこともあり今回は見送り。
新ベルエンは盗まれることがありちょっと安定しないのと、ベルエン分を取り返す除去が少ないため見送り。
天使の泉はバフ効果含め魅力がありますが、ドローするまでの時間差を考えるとバフ軸とうまく噛み合ってないので見送り、一応控え枠です。
ということで、まぁありがちですが、圧縮札の闇街、ドロソにも確定除去にもなる双石、汎用の取引を3枚採用。
バフ軸について
現在実装されているバフ付与カードはこちら。

いやまぁ…採用するしかなくない?
このうち理性の崩壊については2枚。ダブつくと弱い札ですが、有効な場面で一回打てるとかなり強いカードなので採用の価値は十分にあります。
ちなみにライカンベルセルクは3。なんだかんだ役割が大きいので積み得だと感じました。ナルメアヴァルツと比べると比較的復讐への条件が軽くTDN2コスとして使えるのもポイント。
除去カードについて
除去カードの候補はこちら。

多い。今回は採用カードから説明します。
  • 姦淫の口付け
回復がネックですが使い勝手のいい除去スペル。2枚でもいいかな〜って時はありますが序盤に引きたい札なので3枚。
  • 鋭利な一裂き
バーン兼除去、自傷と扱いやすいカード、要らないわけがない。
  • デビルアイドル・トリル
AoEを進化要求せず打てるのは大きく、メイドを呼んだ進化も単体除去・回復と見れば悪くない。ラウラで疾走付与した場合には進化込みで悪くない打点が入る使い勝手のいいカード。今回はピンですが2枚あってもいいかも。
  • 邪眼の悪魔
有能除去札。トリル同様ラウラの疾走付与先でもあり、素の攻撃力が高いので威力はなかなかのもの。3枚。
  • カラミティブリンガー
馬鹿にならないファンファーレの強除去と攻撃的なスタッツ、進化時効果はラウラとの相性バツグン。
自傷大打点で復讐に入ることもでき、8tにダクジェネを2体だしたり、1体出して除去札を使ったりと、全体的に融通の利く動きができます。でも重いので2枚。
今回採用されなかった単体除去やAoEは、単純に今回採用したカードよりパワーに劣りがみられたか、パワーはあるけど条件に難があったか、という感じです。控えもいません。載せるの忘れちゃったんですけど、サロメちゃんは使ってみるとわかるんですが器用貧乏すぎてちょっと見送ってます。パワーはあると思うんだよなぁ…

採用カードについて

以上から、2回目の提示になりますがデッキはこんな感じになりました。

極限まで無駄を絞れたんじゃないかなぁと思います。
現状のドローソースはそこまで豊かなものではないのでラウラはやっぱり2枚、ラウラの疾走付与先もそう多く用意せず、ダクジェネやウルフに重きを置くのが丸い感じでした。
この先もうちょい安定したドローができるようになったり、除去札が強化されてコントロール寄りのデッキになり始めたら3枚もアリかもしれませんが…例えば10tまで続くロングゲームを想定した場合、ラウラの効果上やっぱり1枚出せば十分という感じなので、3枚は過剰かなと思います。作るなら今は2枚で止めておくのがいいかと。

プレイングについて

マリガン
マリガンはドローソースライカンベルセルクを優先的に、後攻であれば除去札が1枚は欲しいところ。
バフ要員やバフ先要員はマリガンでうまく揃った時だけキープします。自分の右手を信じてバフ要員をキープしたり、フィニッシャーをキープすると基本うまくいきません、悲しいかな… まずはハンドを補充しつつ、ある程度揃えてから中盤でコンボを仕込むのが安全です。
ライカンベルセルクに関してはトップであまり引きたくないカードです。相手にとっても盤面にいるだけでそれなりにウザい存在なので優先してあげたほうがいいと思います。
相手にもよりますが、先行時に限りアグロムーヴを想定したマリガンをしてもいいと思います。ピユラ、ウルフ、ドロソキープとか。このデッキ、たまにですが先行時にとんでもない上振れを起こすことがあります。回ったらドラのサタン着地前に終わったりするので、快感を得たい場合は狙ってみるのも良し。
動き
(先行アグロムーヴ以外の動きを説明します)
進化権を得るターンまでは除去とドローを中心に立ち回っていきます。とにかくコンボへの準備を意識すること。
進化権を得た場合、いくつかフィニッシュまで分岐があります。確認したいことは…
  • .薀ぅンベルセルクが手札にある
  • ▲薀Ε蕕手札にある
  • カラミティブリンガーが手札にある
  • ぅ瀬ジェネが手札にある
  • ゥΕ襯佞手札にある
の6つ。ここから誰にバフをかけるか考えていきます。
まず,満たされておりブラッドムーンを得られる場合、↓のコンボを運用したり、い魑動できる状態にあります。△廊がある場合に絶大なフィニッシャーとなりますが、どちらかが欠けているとフィニッシュできなくなってしまうため、,両態で、↓もオッケーの場合バフ先は揃っていない場合はにバフをかけます。
,満たされていない場合、安全にフィニッシャーとして起用できるのは△イ任后この時の判断基準は進化権。進化権を除去に使うことがなさそうな場合はそうでない場合はにかけていきましょ。自傷が進んでいて、フィニッシュ段階で復讐に入りそうだと確信が持てるならい皀▲蠅任后
バフ
ハンドバフはピユラ、フルフル、崩壊と3つの方法があります。フルフルについては単体バフなので特に気をつけることはありませんが、ピユラ、崩壊はハンドにこの先使う予定のあるフィニッシャーが2枚以上いるときに全体バフできるようタイミングは見極めると◯。
またバフをかける対象が複数いる(ウルフ2枚とか)場合は、片方にバフを載せまくるのが基本。平等にかけるといざ片方が攻撃できて片方が守護により攻撃できなかったり虚数などバリアを置かれた場合、その分の打点を損して一裂きやカラブリのバーンダメージで仕留め損なったりします。
突破したい守護が確実に出てくるときは片方にある程度のバフをかけるのも手。ですがそれをするのは素の攻撃力の低いウルフくらいで、突破したい守護のヘルスもだいたい2〜3なのでピユラの進化1回か理性の崩壊1回で十分です。
進化権
進化権についてですが、ライカンベルセルクは基本進化権を行使して使っていきます。確実に自壊したいのと、バフをフィニッシャー以外にかけたくないという気持ちがあります。
その前提で話すと先行で残り進化権が1、後攻だと2という中で動きを考えていかないといけません。気をつけたいのは邪眼の悪魔ピユラ進化タイミング。特に先行は進化権が激シブなので、この2人のどちらに進化権を使ってあげるかという話になってきます。
なるべく邪眼の悪魔に頼るような盤面にはしたくない(ピユラに進化権を使ってあげられないとフィニッシャーのパワーが落ちる)ので、序盤の盤面管理がかなり重要になってきます、他のデッキでも当たり前のことっちゃ当たり前なんですけど、進化権に直結してくるので…。

有利・不利

回れば全有利、回らなければ全不利です。誇張したように見えますが実際そうとしか言えないです。ウーン…
勝てるときはどのクラスだろうと7〜8t目に蹂躙できますが、多少の有利がついていると(体感で)言えるウィッチやネメシスですら回らなければ簡単にやられます。とんでもないギャンブルデッキ、相性激化もいいところです。
連勝するときは連勝して600くらい一気に盛れるのですが、負けるときは酷く、多分5〜600と0を2回くらい経験してます。5割行ってないですね…
一応クラスごとの相性を。
  • 対エルフ
不利。このデッキの弱点は「3体以上の展開」と「疾走バーン」で、エルフはこの2つどちらとも所持しているので辛いことこのうえないです。勝ち筋としては6tリーサルを狙うように動くこと。相手が容赦なく顔を詰めてくるようであればダクジェネが走りやすいですし、際どいラインを攻めて盤面を広げようものならトリルや邪眼で一旦拮抗も可能です。ぐうたらやるのだけは絶対にダメ。
  • 対ロイヤル
エルフと同じように不利ですが、こちらには守護と回復、窃盗が付いてきてタチが悪いです。オマケにヤベーのはロイヤルが後攻の時。
先陣進化に対する綺麗な回答が邪眼進化で、それに対する回答がヴェインか白セリア進化。ヴェインなら5/5、セリアなら4/1、1/1守護、1/2。これをこちらの盤面が有利になるように返すとなると厳しいです。
こちらがやることはエルフ対面とそう変わりません。
  • 対ウィッチ
比較的有利。スペルウィッチや秘術ウィッチにはこちらの方が火力で優っている他、前者にはライオの着地タイミングでリーサルが取れること、後者はランダム性の強いバーンダメージのせいで復讐ケアをどうするか迷う結果、遅めのターンで一気に削り切ろうとするのでこちらがリーサルを先に取りやすいことが大きいです。
マナリアは厳しいように見えてフィニッシャーをカラブリに絞ればしっかり倒せる相手です。先行6tにマナリアが上振れたら厳しいので、その回答に邪眼は持っておきたいところ。
  • 対ドラゴン
アジ入り(純ランプ)は不利。顔をパパパっと詰められて終わります。
サタンドラはまだ勝ち目あり。前半でさっさと顔を詰めるもよし、カラブリにかけるもよし。長期戦を挑まれると相手がスコーピオンを引くかどうか、蒼炎の破壊ターン前にアスタロトを打てるかどうかの運ゲになるので絶対に引き受けないこと。
  • 対ネクロ
不利。展開が早い上に除去が強く、オマケにケルベロスギルネと回復手段も豊富…しんどい相手です。
カラブリは潜伏に対して強く出ることはできますが、ヘルスの低さゆえに優勢に持っていけるわけではありません。疾走付与ができれば進化でワンチャン狙うのもあり。
  • 対ヴァンプ
当たらない……悲しいかな
自傷もバフも復讐もお互いどれだけ回ることができるかというところに決着が行き着くので、上振れを狙ったマリガンにするのはオススメ。このデッキはヴィーラに物凄く弱いので、バフで対抗手段を生成するのもありです。
  • 対ビショップ
序盤に上振れで多数展開されたら負け。7tにヘクター含め3体以下の盤面になるようどうにか調整して、疾走カラブリさんにかけるのが強いことには強いんですけど…そううまくいかないのが現実。
不利です。
  • 対ネメシス
有利な方。現状のネメシスって虚数が出せない場合疾走に割と弱いんですよね…
序盤から攻めるのがオススメ。AFでも人形でも虚数が積まれている可能性のある今、特大打点を用意してワンキルを狙うのはリスクが大きすぎます。

おまけ

今後ここにバフ軸のデッキをチラホラ載せていこうかなと思います。薔薇とか。

おわりに

復讐バフゥマァンプでゴリゴリ盛ってる兄貴がいたら、至急、コメントくれや。(燃え尽き症候群)

毎回こんな動きできたらいいんだけどなぁ

このページへのコメント

作成乙
双石3取引3は多くない? 双石があまりにも弱いしドロソでドロソを引く動きが弱い
ラウラ3にしてうまくバフできれば復讐関係なく進化フェイスするのが良いと思う
姦淫の従者オススメ。邪眼をAOEとして使う時の自傷稼ぎつつ残れば回復できる。回復はダメージ後に入るので、ラウラで疾走つけて4点リーサルにもなれる

0
Posted by 名無し(ID:7QPhUY8A8g) 2019年03月23日(土) 14:56:00 返信数(1) 返信

ドロソガン積みの現状はかなり仕方なくって感じだゾ…ドロソ渋滞を加味しても入れなきゃいけない感じで辛いねんな…
新カードの3コスフォロワー2サーチがかなり良さそうだから、そしたら漱石はようやく抜けそう。同じようにラウラも無理なく3行けるかなって感じゾ
姦淫の従者やっぱり優秀ですねぇ! 最近は消滅環境でベルセルク君役割狭すぎるから3枚丸ごと従者にしてるけどなかなかいいゾ〜
コメントありがとナス!

0
Posted by  he_ro_he_ro he_ro_he_ro 2019年03月23日(土) 17:30:29

説明凄い分かりやすくてすこ
過去記事も面白かったンゴ

0
Posted by 名無し(ID:DBkJsTk7BQ) 2019年03月23日(土) 13:05:40 返信数(1) 返信

サンガツ! 過去の記事も見てくれてウレシイ…ウレシイ……
新弾もチラチラ作りたいデッキが浮かんできてるから、見とけよ見とけよ〜

0
Posted by  he_ro_he_ro he_ro_he_ro 2019年03月23日(土) 13:29:54

あっそうだ(唐突)
概要のところ、レイジコマンダー・ラウラが旧ラウラの名称になってるゾ。

0
Posted by 名無し(ID:XgIqzlqZgw) 2019年03月15日(金) 19:11:36 返信数(1) 返信

ファッ?! 気づかなかったゾ…
修正しときます、サンガツ!

0
Posted by  he_ro_he_ro he_ro_he_ro 2019年03月15日(金) 23:41:42

血統の王ヴァーニアみたいな準備して1ターンに叩き込むヴァンプ大好きだから助かる。
自分でもバフヴァンプ作ってプレイした時期もあるから参考にするゾ〜。
進化での打点アップ(+回復)のためにヴァルツとテラーデーモン採用してたんだけど手札が回らなくてこれがうまく決まらないねんな…。(トリルは盲点だった)
サロメも進化切らないと弱いからピユラこの野郎やラウラ、打点のために進化権カツカツなこのデッキには合わないしのう…。
除去札にも打点アップにも使える飢餓の輝きが個人的には使いやすかったから編集者の意見も聞かせてほしい。
長文で失礼しました。

0
Posted by 名無し(ID:XgIqzlqZgw) 2019年03月15日(金) 04:23:35 返信数(1) 返信

飢餓の輝きを打点アップとして捉えると、使えるのはダクジェネとかラウラに進化を使って7t以降になるんでちょっとリスクがでかいと思ったゾ
でも火力アップには悪くない手だと思ってるゾ、除去としても使えるし、ごく稀に無理やりベルセルクに打って血月生成してもらったり。
問題は枠がなかなか難しいねんな…とりあえず口付け1枚減らして入れてみたけど、役割が3つ以上あるカードはピンだと使い所さんに困って腐りやすかったり、いざ欲しい時に引けないと発狂しそうになったゾ
ってことで口付け1、フルフル1を飢餓2が入れるとしたらいい感じっぽいゾ
コメントありがとナス!

0
Posted by  he_ro_he_ro he_ro_he_ro 2019年03月15日(金) 12:55:41

こんなテキトー相性でもデッキとして認められるのはジャップだけ

0
Posted by 名無し(ID:2VjwsUhqfw) 2019年03月14日(木) 09:54:07 返信数(1) 返信

おう、見たけりゃ(クラス相性)見せてやるよ。
追加したんでよければ見ろよ見ろよ〜

0
Posted by  he_ro_he_ro he_ro_he_ro 2019年03月14日(木) 21:42:37

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ