精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

復讐とはシャドバにおけるキーワードの一つで、「自分のリーダーの体力が10以下」という状態を表す。「復讐状態なら〜」という能力は、絢爛のセクシーヴァンパイアを引いたとき自分のリーダーの体力が10以下のとき働く。
似た効果にドラゴンの覚醒があるが、復讐は更にリスクが高く不安定なのでその分復讐を参照する効果は覚醒より強力な傾向がある。昔はあんまり変わらなかった。
ヴァンパイアを使う時・相手にする時はこの復讐状態を十分に意識しておく必要がある。

おそらくピンチに陥った時に今までのダメージを力に変えるというのが復讐のフレーバーなのだが、能動的に復讐に入るために自傷するカードが大量にあるため「逆恨み」「逆ギレ」「リスカして狂ったメンヘラ」とか言われた。後にセクシーヴァンパイア(ナーフ前)が登場すると「カード落として発狂」とか言われる始末。

復讐に関連する主なカード

  • ダークジェネラル…ベーシック収録の復讐を代表するアタッカー。4コス4点疾走は今も昔も強烈。
  • 黙示録…4コスト8点AoE昆布を相手にする時は要注意。
  • ベルフェゴール…復讐軸を一躍トップメタに押し上げた英雄。カードを2枚引きながら体力を10にしてくれる。
  • 復讐の悪魔…読んで字のごとし。復讐時に動ける3/4/4。ベルフェやナルメアの登場でガチ化した出世人。
  • カオスシップ…ベルフェと一緒に復讐をパワーアップさせた立役者。めっちゃコスト踏み倒しながら圧縮&展開。
  • ブラッドムーン…置けば体力に関わらず復讐状態になれる。テンポロスは上手くカバーしよう。
  • 絢爛のセクシーヴァンパイア…ROGのベータテストでは引けば体力に関わらず永続的に復讐状態になれた。もちろん変更されてライフの上限が10になるように変更。復讐伝統の逆恨み路線に戻った(?)

このページへのコメント

セクシー引いた時って追加しなきゃ(使命感)

3
Posted by 名無し(ID:TNcQjj0qCQ) 2019年07月06日(土) 03:25:17 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除