精神削ってまでランクマしなくていいから・・・



不思議な世界、素敵な世界!
不思議の探求者・アリス
コスト4フォロワー
クラスニュートラル
タイプ-
レアリティレジェンド
パックワンダーランドドリームズ
CV佐倉綾音
進化前
攻撃力3体力4
ファンファーレ 自分の手札のニュートラル・フォロワーすべてと自分の他のニュートラル・フォロワーすべてを+1/+0する。
進化後
攻撃力5体力6
なし。

概要



第5弾WLDの看板であるレジェンドのニュートラル・フォロワー。

4/3/4のゴリアテ優秀なスタッツを持ち、場と手札のNフォロワーも強化できる。手札のカードを強化できるのは長らくこのカードだけであったが、11弾パックの次元歪曲でヴァンパイアがデッキと手札のカードをバフするカードが幾つか追加された。

広範囲に効果が反映するためかなり強力なカードなのだが、4コスニュートラルには均衡の大梟というライバルがおり、攻撃力は上がるものの体力は上がらないので、盤面の維持にはそこまで貢献しないため最近はめっきり見ない。

最近は。

この世界を変えないと!(使命感)

「葬送アリス」

ナーフされすっかりおとなしくなった2018年1月、CGC実装時に事件は起こった。
葬送アリスとは、不思議の探求者・アリスを対象とし、陰鬱な死霊術師などが持つ能力「葬送」を発動させることにより発生した重大なバグである。これを行うと、ゲームの不具合により、試合の結果が引き分け(ノーコンテスト)となってしまう。
葬送アリスを行うことで、どんなに劣勢であっても結果を引き分けにもちこめる。これを利用して、ランクマッチでのポイント減少などを不正に防ぐデッキが登場し、問題になった。事態を重く見た運営は「葬送アリスを悪用したプレイヤーは予告なくアカウント停止を行う」と警告。実際にBANされた噂もあるが真偽は不明。
2018/1/17のアップデートにより修正済。ナーフ後も人騒がせなやつである。

補足

元ネタはイギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で書いた児童小説である『不思議の国のアリス』から。
1865年に作られた小説で、幼い少女アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながらその世界を冒険するさまを描いている。キャロルが知人の少女アリス・リデルのために即興でつくって聞かせた物語がもとになっており、キャロルはこの物語を手書きの本にして彼女にプレゼントする傍ら、知人たちの好評に後押しされて出版に踏み切った。1871年には続編として『鏡の国のアリス』が発表されている。
マッドハッター三月ウサギなどのワンダーランドドリームズに収録されているカードの一部はこの小説に登場するキャラクターである。

wikipediaから引用
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%80%9D...

フレーバーテキスト&セリフ集

このページへのコメント

思い出すだけで吐きそうになる素敵な世界でしたね

9
Posted by 名無し(ID:FVL1wy2/MA) 2018年03月08日(木) 18:49:28 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除