精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

サンプルデッキ



概要

不殺系の攻撃デバフカードと伝説の幕開け猛毒の姫・リコリスなどの必殺を付与するカードを用いて盤面を制圧するデッキ。
無窮の輝石・カーバンクルの進化権回復も用いながら盤面有利を取り続け、飢餓の絶傑・ギルネリーゼで敵リーダーを一気に削り、天喰らう異形でのフィニッシュを目指す。
不殺エルフといえばデバフが永続でなく使いにくかったり、おじいちゃんが妙に弱かったりとろくな事がなかったが、
そこに必殺を付与するカードを絡めたことで、敵に一方を取りつつ敵の有利トレードを許さないかなり高い盤面制圧力を得た。

強み

  • 盤面制圧力が高い
必殺を持つフォロワーが並び続けることで敵に有利トレードを許さない。
そして攻撃デバフを絡めることで相手フォロワーに一方を取り続けることが出来る。
普通に回れば中盤にメーテラが必要なくなるほどの盤面制圧力がある。
特にドラゴンのガルミーユやポセ政宗に一方を取られないのが大きい。でもサタンは勘弁な

  • 安定性に優れる
おなじみのリザに加えざわめく森を置くことで、常に手札を一定数維持しつつ戦うことが出来る
また、カーバンクルから不殺の使徒で進化権を回復するムーブで
多少無理矢理にでもボードの維持を行うことができ、手札事故により負けることが少ない。

  • 楽しい(重要)
デバフにケツデカ必殺と非常に陰湿なデッキなため、相手が困ったり嫌がったりするのが結構わかる。
また、カードごとのシナジーを活かして立ち回るため選択肢が多く、プレイの自由度が高い。

  • スタン落ちが遠い
ほぼすべてのカードが蒼空の騎士以降のカードなため、しばらくスタン落ちが発生しない。
作ったカードをしばらく使い回すことができる。

弱み

  • 顔面力が圧倒的に低い
ケツデカ必殺が多く盤面制圧力が高い一方で、攻撃力の低いフォロワーが多く敵のリーダーを削る力が乏しい。
ギルネリーゼによってある程度誤魔化せるが、異形リーサル圏内まで削れず、グダって負けることもある。

  • 顔バーンに対する耐性がない
流行りのマナリアから飛んでくるアンの大魔法に対する策が何も無いため、相手の回り方次第ではワンパンされる。
フォロワー型なら必殺で制圧して勝てることもあるが、スペル型はきつい。
その他、盤面を無視したリーサルを出せるデッキに相性が悪い。


主要カード紹介

輝きによる進化権回復が盤面維持に貢献する。使徒によりサーチが可能で使用時にリーダを1回復するのも地味ながら嬉しい。
積み得サーチカード。貴重な疾走要因である天喰らう異形と次ターンの隙間を埋める低コストをサーチする。異形の後は使徒やセタスをサーチする。ケツデカスタッツなのが必殺付与と好相性。
核その1。盤面に必殺フォロワーを量産できる。体力が上がるのも地味ながら強力な点で、有利トレードを行いやすくなる。
核その2。幕開けのランダムと違い、任意のフォロワーに必殺を付与できる。進化を切ることで擬似全体体力バフにもなる。
いつもの。シンプルに強力で、サーチ可能。圧倒的な顔面力の低さを大きく補ってくれる。進化を切ってリーサルずらしにも使える。
地味に重要な1枚。これがないと非常に決着がグダる。7枚プレイの効果はほぼ達成不能なのでただの6点疾走として使う。
珍しい選択式ロックを持つ。厄介なフォロワーを縛り上げて遅延したり、ハンドの確保に役立つ。可能ならエンハンスでプレイしたい。
縁の下の力持ち。必殺を付与すれば大抵の相手に一方を取れ、必殺がなくとも手札で腐りがちな不殺の刻印の消化を助けてくれる。
縁の下の力持ち2。序盤の盤面貢献度が高く、相手の低コストをラスワで無力化し後攻からでも盤面を取れる。
リーサルに必須なギルネリーゼをサーチできる重要カード。本人のダメージ耐性も必殺付与と好相性。
回復できるいたずらと無力化できるまなざしをチョイスする。あらかじめ必要な方を加えておけば刻印などと併せてアドを取れる。
刻印やカーバンクル後なら輝きをサーチできる。確定でないのは少々使いにくいが、どちらも有効利用できるためあまり問題にはならない。が、可能ならどちらを引いても問題ないうちに出しておきたい。
使いにくいがハマると強力な1枚。狂信者やミツェルなどと組み合わせることで除去しつつ0コストでデッキを回せる。地味に消滅なのでラスワ対策にもなる。
同上。デバフと合わせればある程度任意のフォロワーを狙い撃ちできる。潜伏フォロワーにも当たるのがGood。

その他の採用候補

ケツデカドレインフォロワー。ドローや疾走付与をチョイスできる。サンプルには枠がないため不採用だが、異形の代わりに入れてフィニッシャーとして使うのもいいかもしれない。
進化でドローしつつ2面除去を行えるパワーカード。筆者はあまり必要に感じず手札で腐ることが多かったため不採用だが、純粋に強力なため十分に採用できる。
ルナールツインズ・リナ&レナ?
貴重な疾走カード。あまり相性がいいとは言えないが、手札から即打点にできるのはこのデッキでは嬉しい。
苦手な顔バーンへの対抗策で、進化権を回復できるので進化効果も活かしやすい。ただしこれ1枚で逆転できるほど甘くないので過信は禁物。
普通の除去札としても使えるし、ケツデカが多いので不意の一撃になることもある。ルリアに撃つと謎の5点を叩き出せる。
ギルネリーゼは非常に警戒されやすいので不意を付ける。ただしサーチ不可で若干火力も低い。
世界の敵(環境的な意味で)。シナジーは無いと言っても過言ではないが、単純にパワーカード。異形リーサルが見えない時に投げると有効だが、ギルネサーチの邪魔をすることで異形リーサルに入れられなくなることもあるので、安定志向ならオススメしない。
不殺のボス。非常に重く使いにくいが、効果自体は強力。天狐相手なら役に立つこともあるんじゃない?(適当)

プレイの流れ

マリガン
基本的に2~3コストや伝説の幕開けをキープする。
ゴブリンは幕開けとセットならキープするが、片方だけでももう一方が来ることに期待してキープしても問題ない。
序盤
出せる低コストフォロワーを適当に投げる。
展開よりは必殺付与を重視した方が強い。
狂信者は相手のフォロワーが出てきてから出した方が効果を活かせる。
ミツェルや狂信者のラストワードで無力化したフォロワーは基本的に放置でいい。
取りにくいフォロワーやラストワード持ちはざわめく森で縛り上げてもいい。
中盤
必殺を絶やさず、デバフや威風を利用して有利盤面を築く。
敵に有利トレードをほぼされないので適当にやっても有利盤面を作りやすい。
必殺を一度に並べすぎるとAOEが怖いので適度に控えるとGood。
手札を吐きすぎるとシャマのまなざしの効果が落ちるので、
ざわめく森をエンハンスでプレイしたり、必殺がつかないフォロワーを置かないことで手札を適切に保つ。
7,8ターン目
ギルネリーゼを投げ、進化を相手リーダーへの攻撃に切ることで異形圏内まで削る。
お互いの盤面から出る打点をよく考え、使徒やギルネリーゼの回復でゴリ押し気味に戦う方が異形圏内に入れやすい。
それ以降のターン
ここまでくると余程のことがない限りは天喰らう異形以外でダメージを出すことが出来ないため、何とかここまでには敵リーダーの体力を6か最悪8まで削っておきたい。
サンプルでは異形以外にリーサルプランが無いため、必要なら打点になるカードを加えて終盤の択を増やすのも良い。
たまに「おじいちゃんが居れば勝ってた」な場面に出くわすこともあるため、入れるなら多少遅延気味に動こう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
公式のエイプリルフールの方が面白かったので「負けた!」と思いました