精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

概要

特殊勝利(エクストラフィニッシュ)とは、本来定義されている決着手段以外でカードの効果により強制的に勝敗を決めること。

基本ルールは下記の通り。
・相手の体力を0点にしたら勝ち
・デッキの山札が残り0枚になった状態でドローし、死神のカードを引いたら負け

これ以外で勝敗が付く特殊勝利条件は、第9弾カードパック時点では下記2つしかない。
カウントダウン1のアミュレットを4回出す。4回目のアミュレットが割れたら勝利。
デッキの一番下にある死神のカードを勝利のカードに変更する。
この勝利のカードを引ければ勝利。

特殊勝利っぽいが違うもの

「条件満たせば無条件で勝利」という意味では特殊勝利に近いが、相手の体力を0にしているため少し違うか。
このフォロワーの攻撃が相手のリーダーに通れば勝利。
しかしブローディアやローランで防がれるため必ず勝負が決まる訳ではない。
全てのダメージが1上がる首飾りを置いて相手の体力を1にするまでダメージを与える宣告を撃つと、ダメージを軽減されない限り必ず勝利。
全てのダメージが1上がる首飾りを置いて自分の体力を1にするまでダメージを与えるゾーイを置くと、ダメージを軽減されない限り(相手が)必ず勝利。

他ゲーの特殊勝利

特殊勝利という存在自体は一般的であり、他のカードゲームでも普通に存在する。
以下はその一例。

デッキが200枚であれば勝利というエンチャント(シャドバでいうところのリーダー付与みたいなもの)。
MTGはデッキ枚数に制限が無いため200枚でも300枚でもデッキは組める。
しかし、当たり前だがそんな大量のデッキプールからこのカードを引くこと自体が難しい。

ブルーアイズホワイトドラゴン、ブラックマジシャンガールなどと並んで遊戯王をよく知らない人にも知名度が高いカードの1つ。
コレ+右腕、左腕、右足、左足の5枚を手札にそろえれば勝利。
各種サーチやドローカードを利用してこれをひたすらに集めるのが戦略になるが、その際にお互いのライフ差が多ければ多いほどドロー枚数が増える活路への希望を利用する活路エクゾというデッキが世界大会で注目されたことがある。

ラーミアをプレイするとデッキに6つのオーブを仕込まれる。
これを全て引いてプレイすれば勝利。
オーブ自体がキャントリップなので、デッキ0枚状態からラーミアを使えば立て続けにオーブをドローできる。
そのため事前にどれだけデッキ圧縮ができるかが勝負。

このページへのコメント

次元の超越の項目を削除しました

0
Posted by 名無し(ID:OjluZUx4Xw) 2018年11月18日(日) 12:45:25 返信

超越は「超越撃ったら勝てるようにしてから打ってるからかてる」んであって、「超越使うから勝てる」っていう性質のものではないから違うくない?

3
Posted by 名無し(ID:6Q1B0UVfdg) 2018年11月17日(土) 11:35:47 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
現在wikiのメンバー募集はしてません
というか編集自由にしてるからメンバーになるメリットがないです
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ