精神削ってまでランクマしなくていいから・・・



概要

葬送とは、シャドウバースにおけるキーワード能力の一つである。現在はネクロマンサークラス限定の能力。初出は時空転生。
手札のフォロワーを一度場に出してから即破壊するというもの。それだけでは手札を減らしてしまいただのディスアドなのだが、同時登場のリアニメイトと組み合わせることで真価を発揮する。また葬送カード自体にもドロー効果や除去効果などの追加効果が大抵ついている。

主な戦術は、先んじてゼウス永遠の決闘者・モルディカイのような大型フォロワーを葬送しておき、その後リアニメイトで本来のコストより早く召喚するというもの。決まれば大きくコストを踏み倒すことができ非常に強力。
しかし注意点として、
  • 効果を無効にしたうえで破壊するので、ラストワードは発動不可。
  • 一度場に出す必要があるので、場に空きが無いと発動不可。
この2点は覚えておこう。
・・・そもそも葬送リアニ軸自体他に色々欠陥を抱えているが、それはリアニメイトのページで解説。

主な葬送カード

  • 陰鬱な死霊術師:もっともスタンダードな葬送要員。軽くて扱いやすい。
  • 冥河の案内人?:4コストと少々重いが、強力な確定破壊効果を内蔵。
  • 幽想の少女・フェリ:現在最強の葬送カード。効果発動は10T以降なのでリアニメイトと組み合わせる用途では使えないが、2体を生贄に場のフォロワーに3連続攻撃を付与できる。
  • 死を知る者:アクセラレートで葬送しつつ2枚ドロー。自身もリアニフォロワーとして使える期待の新人。
  • 昏く淀む者・タルタロス:正確には葬送というキーワード能力ではないが、アクセラレート2で自身を場に出して破壊するセルフ葬送野郎。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除