精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


甘くて苦い、罪の味。

性能

漆黒の契約
コスト3アミュレット
クラスヴァンパイア
タイプ-
レアリティゴールド
パックスタンダード(クラシックカードパック)
カウントダウン 3
ファンファーレ 自分のリーダーに6ダメージ。
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復して、カードを1枚引く。

フレーバーテキスト

概要

ヴァンパイアのゴールドアミュレット。
スタン期の昆布(コントロールヴァンパイア)を支えた屋台骨。
テキストはいろいろ書いてあるが、結果だけ見ると3コスト3ドローと破格。
このカードでディアボリックドレイン黙示録を手繰り寄せるのが3Tの黄金ムーブだった。
細かい性能に注目していこう。まずはファンファーレの自傷。
自傷ダメージが6とかなり大きく復讐状態に入りやすい。終盤になると使いにくくなるのは一長一短。
黒死の仮面狂恋の華鎧・ヴィーラを利用し自傷を回避して発動するコンボもあり、違法契約と呼ばれている。
特に極めて高い攻撃力を持つリノセウスバーストの餌食にならないように注意。
設置後は、自分ターン開始時にリーダーに2点回復と1ドローの恩恵がもたらされる。
これが3ターン分誘発するため最終的に自傷ダメージ全てが回復され3ドローだけが残るということである。
少しずつ回復するのも復讐維持には都合がよく、総じてヴァンパイアの特性に忠実なカードと言えよう。
黎明期の昆布を強デッキたらしめた名ドローエンジンである。

弱いところさん

弱点は先述の通り自傷と遅いドローで後半引くとだいたい腐ること。そしてアミュレット破壊である。
5コストスペルのエクスキューションや3コスト基準スタッツを満たさず条件付きのゴエティアメイジ?など当時はアミュレット除去が少なく汎用性も低いと追い風であったため非常に強かったが、カードプールの増えた現在そういった脅威は増している。
最悪設置の返しに堕天などで対応されると6ダメージだけが残りダメージレースでかなり不利になる。
環境面においてもアンリミテッド全体の高速環境に昆布が対応しきれているとは言い切れず、見かける機会が少なくなっていったが…

現在

BOS後半〜OOT期には、アグロ寄りのコンボデッキ蝙蝠ヴァンパイアが台頭。
自傷しながらリソースを確保するこのカードに再び脚光が当たり、現在はよく見かけるカードになっている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除