精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

空中戦とはシャドウバースの俗語の一つで、概ね「盤面で勝つことを目的とせず、疾走やバーンなどで手札から打点を出して勝利する」タイプのデッキ、戦術*1のことを指す。
「空中戦できる」といった表現は、「手札やデッキ*2リーダー付与効果から、打点を出せる」ということになる。
相手の盤面は主に除去カードで対処しつつ、余ったPPで顔を削りにくるデッキが多い。
盤面を地上、手札を空に見立てたことや疾走に空を飛ぶイメージがあったりしたことから発祥したと思われる。
TCGにおいて空中戦を含むバーン戦略は往々にして嫌われることが多く、シャドバにおいてはさらに顕著。(プレイヤー1人の操作でほぼ完結し、相手側のやりたい事を無視、あるいは完成する前に倒し切ってしまうため)よく、「対話不能」、「オナニー」、「シャドウバースしてる」、と言われるデッキは大体空中戦主体のデッキである。
空中戦の中でも特に、パーツを集め、1ターンで倒しきるものは特にロマン砲OTKデッキと呼ばれる。
STD期における、リノセウスも飛んできていた冥府エルフや、みんな大好き超越ウィッチが有名。最近では新リノなどが暴れている。

OTKまで含めるとページが煩雑になるため今回は除外し、バーンや細かい疾走を連打するデッキを中心に紹介する。OTKはそちらの項目を参照されたし。

主に空中戦と呼ばれることの多いデッキ

エルフ

リノセウスデッキ等が空中戦と呼ばれることはあるが、どちらかというとOTKデッキの部類のため、実は純粋な空中戦デッキはほとんど無い。

ロイヤル

こちらはそもそもクラスにバーン自体がほぼ存在しないため、空中戦のしようが無い。強いて言うなら潜ロイが近いレベルで理不尽ムーヴをするが、さわれないだけで盤面には存在するため空中戦とは呼ばれない。
潜伏カードも交えるが、クイックブレーダーケンタウロスヴァンガードノーヴィストルーパープリンセス・ジュリエットレヴィオンセイバー・アルベールといった疾走カードを投げ続けるアグロロイヤル(フェイスロイヤル)が流行していた時期まではけっこう空中戦をしていた。

ウィッチ

空中戦といえばまずこのクラスを思い浮かべるニキも多いのではないだろうか?
特筆すべきはスペルブーストされたカードがどんどん出てくるスペブウィッチだろうか。
元祖空中戦デッキ。スペブカードの追加によって日夜強化され続けるナンバーワン空中戦デッキ。
ALTまではまだ盤面で勝とうとしていたがALTの真実の狂信者の追加で疾走役者が足り空を飛び出した。
ぶん回れば一人でカードを回しまくるので超越ウィッチ共々ソリティアとも。
ドロシーとは別軸のスペブデッキ。最終的に飛ばすカード自体はドロシーとそこまで変わらないものの、過程で使うカードは大きく異なる。
7ターン目までに真実の絶傑・ライオを着地させ、真実の狂信者双刃の魔剣士真実の宣告による空中戦を行うデッキ。
マリガン次第ではライオ抜きでも未知の求道者・クラークソニック・フォーを絡めた空中戦を行う。
ALT期ローテーションに魔術の始祖・マナリアオリハルコンゴーレムを組み合わせた秘術バーンデッキが相手をよく焼き殺していた。
ROG期ローテーションにもバーン型の秘術ウィッチが存在。最短4Tに滅拳の魔女・マギサが相手顔面に突然の8or6点ダメージを叩きこんでくる。

ドラゴン

原初ドラゴンや自然ドラゴンなど一定数存在する。カード単体ならギルヴァや新Javaあたりが有名。フェイスドラゴンでは、隙あらばダークドラグーン・フォルテなどによる空中戦を仕掛ける。
無謀ドラゴンや、庭園ダゴンゼルなどはOTKの部類なのでそちらを参照。
ナテラの大樹を破壊しながら相手の盤面を阻害。影の侵食のバーンダメージと蒼海の主・ネプチューン天災のジェネシスドラゴンといった大型疾走で勝利するデッキ。長期戦の強さはピカ一。 覚醒状態になった後原初の竜使いを設置。その後3コス以下のドラゴンフォロワーを連打するとあら不思議、相手の盤面と顔面がボロボロになる。原初の竜使いが2段階ナーフを受けた後も何回かTier1に存在した恐ろしいデッキであった。

ネクロマンサー

やはりと言うべきか、墓地や幽霊、死体といったクラスコンセプトのため、空中戦してくるカードはラビットネクロマンサー以来あまり追加されてこなかった。(リア二ラビネク軸が使われていたかはさておき)しかし、最近は徐々に追加されつつあり、今後の追加カードで大きく化ける可能性のあるクラスである。
特定カードを起点として空を飛ぶタイプ。8tからはアーカスの効果でゴーストが顔にガンガン飛ぶ。
空中戦に入るのが特定カードの効果によるものなのでミッドレンジデッキとしての性質も強く盤面で殴り倒して勝つこともある。フェリでOTKするのがメインなのでOTKデッキの区分に入るかもしれない。
ラスワ10回発動後に出すとその後場に出る全てのカードが破壊時に相手のリーダーに2点バーンを飛ばすようになる。ラスワ10回も特化構築であれば平均6〜7tには達成できるため、ネクロのラスワ軸が復権。ラスワ軸が環境とったことは無いはずので復権という表現があっているかは微妙。

ヴァンパイア

ユリウスなど全体的にポテンシャルの高いカードが多いものの、空中戦的には今ひとつウィッチやビショップには及ばない印象。
自傷を重ね蝙蝠の特大バーンで削り飛ばすデッキ。7t蝙蝠ドーンに涙を飲んだニキも多いのではなかろうか。
動き自体は限りなくOTKに近いのだが、一応下準備として姦淫の信者鮮血の花園などでこちらの顔も削りにくるので一応空中戦にカテゴライズしておく。
同期のヴァイディに比べるとパワー不足感が否めないが全クラス随一と評されるドロー力によりかなりのポテンシャルを誇る。

ビショップ

除去が豊富なため実はウィッチと同じくらい空中戦の難易度は低い。アミュ軸、回復軸共に空中戦デッキが存在し、削り方が両者で全く違うため、マリガンの時点では相手からすると非常にやりずらいクラス。
初期のシャドバを代表するトラウマものの空中戦デッキ。疾走フォロワーを場に出すアミュレット群やガルラの謎3点で顔を削りながら相手に処理を強要する。その後、リメイクガルラやチェキババ、リモニウムなど主軸を移しながら現在まで一定のシェアを獲得しているデッキ。きっちりカードプールに入ってくるガチデッキから三馬鹿を生かすコンセプトデッキまで構築の自由度が高いのも特徴。
リーダーかフォロワーを回復するだけで2点バーンを飛ばす天狐の社を中心にしたデッキ。一見すると1コスト軽くバーンダメージの大きいクリスタルキャノンの方が優秀に見えるがあちらが3コス以上のAFと条件がキツイのに対しこちらは回復するだけでバーンが飛ぶことや、カードプールが圧倒的にこちらの方が広いため、こちらの方がよく使われる。

ネメシス

空中戦というより盤面勝負するAFや人形が主軸のため、ノアやクリキャを除くとあとはシェナの黒木くらいしか無い。(でも黒木は空中戦とは言いづらいので含めていいのだろうか?)

クリキャネメシス
4コスで3コス以上のAFを場に出すたび3点バーンを飛ばすクリスタルキャノンを軸にしたデッキ。
現状3コス以上のAFを4コス払ってアミュを置いた後に出すだけでは動きが弱すぎる上、肝心のクリキャがローテ落ちしているためファンデッキの枠をでないが、トレースアーティファクト関連カードの追加やプライムアーティファクトのコスト踏み倒しカードの追加など今後のカードプール次第では化ける可能性のあるデッキ。そして5コスナーフ

このページへのコメント

遊戯王プレイヤーからすると空中戦って手札誘発なんよな

0
Posted by 名無し(ID:qJXz0P1dPQ) 2020年07月04日(土) 03:05:43 返信

トートはどうだろうか
王入りならぶん回れば文字通りソリティアができるけど完成させるまでは相当盤面に注意してなきゃいけない

0
Posted by 名無し(ID:EJ5fBynaFA) 2020年02月05日(水) 18:53:27 返信

ローテの秘術は盤面作って殴り勝つ方も勝ち筋として重要だから空中戦デッキと言いたくはないな
マギサ疾走やオリゴは強いけど、それだけじゃ勝てない

1
Posted by 名無し(ID:ABZGNBOn8g) 2019年10月02日(水) 05:20:09 返信

ラビネクって言うほど空中戦してるかな?
あれって騒乱期のアグロネクロなんかに採用されてたからあんまり空中戦ってイメージないゾ。
それよりも全盛期の骸が一番空中戦してると思う。まぁ骸って言うよりはタイラントだけども。

1
Posted by 名無し(ID:W5qljJlwug) 2019年10月01日(火) 16:36:57 返信

空中戦か怪しいデッキだとアンリミエイラみたいなOTKほどじゃないけど急に火力出すデッキ
翠嵐バフ後以降に特に見られた翠嵐や沼主のリーダー付与でクロックバーン刻むデッキ
ゼウスやメイシアみたいな規定ターンが遅くてある程度下準備が必要だが1枚で成立するOTK系のカード
この辺かね

0
Posted by 名無し(ID:53Fgz5ED/Q) 2019年10月01日(火) 16:01:50 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ