精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

シャドバのナーフ時に使われた言葉。


原文(一部)

《根源への回帰》がバトル中盤から複数のターンに渡ってプレイされた場合、対戦相手はフォロワーを戻され続けて手札が上限枚数に達し、新たなカードを引けなくなることもあります。引けるはずだったカードが失われることはユーザーの期待を裏切る出来事であり、ゲームの楽しみを阻害します。ユーザー自らカードを引く能力を使って手札が上限枚数に達することはありますが、相手がプレイした《根源への回帰》によって手札があふれる状況を強いられるのは、このカード特有の過剰なストレスだと言えます。

解説

全体消滅>全体バウンス>全体破壊
AoE御三家の一つ
これらのカードの前では疾走やバーン以外に人権は存在しない。
全体破壊よりも全体バウンスの方がコストが重いのはホモ達の間でも疑問視されている。
タグ

このページへのコメント

全体バウンスの方がナーフされて全体破壊より重くになったのは使い回せるカードを多く入れれば入れるほど使いやすいからでしょ。エルフのカードと噛み合いすぎてた。ビショはラストワード持ち少ないからテミスからラストワード連打出来ないし。
とはいえテミス強すぎるよなぁ。

0
Posted by 名無し(ID:IT5d1QU8uQ) 2019年01月15日(火) 00:29:39 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除