精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


百の戦場で、百の戦果を!
円卓の騎士・ガウェイン
コスト4フォロワー
クラスロイヤル
レアリティレジェンド
タイプ兵士
パック神々の騒嵐
CVKENN
進化前
攻撃力3体力4
ファンファーレ エンハンス 6; +1/+1して、突進 を持つ。
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。
進化後
攻撃力6体力7
攻撃時 自分の手札の指揮官・カードすべてのコストを-1する。

概要

神々の騒乱で追加されたロイヤルのレジェンドフォロワー。最強のゴリアテ。
ぶっ壊れカードの多かったTOGで実装されただけありかなりの猛者。
事前評価もTOG全カード中2位(1位はブラッドムーン)だった。

その効果は攻撃時に手札の指揮官カード全てをコスト-1するというもの。
シャドバ運営がコスト1の重さを全く理解していないことがよくわかる。

カードがナーフされる際に一番多い対応がコストが上げられることであり、コストが1上がっただけで環境から駆逐されたカードが多々ある。
そんなカードゲームの世界に手札カード複数をコスト-1するような効果をなぜ実装してしまったのか疑問は尽きない。

おまけにエンハンス6でスタッツUPと突進付与。
これにより進化権が無くなった後半でもきっちり働くことができる。

(ここまで実装前に書かれていた評価)


と実装前はやたらと期待されていたが、実際にはロイヤル自体がアグロ系しか環境に出なかったことや、そもそもコストを下げたい高コストの指揮官カードが少ないこと、ロイヤルの主軸とも言えるアルベールと相性が悪いことなどからほとんど使われることは無かった。「百の戦場で一の戦果」「戦果ゼロ」などとネタにされることに。どうしてこうなった・・・

逆襲の時

そんなこのカードが逆襲を見せたのがローテ落ち前最後のDBN期。
AoEが軒並みローテ落ちして横展開が強くなった環境で、4〜5Tにガウェインを投げ、6Tに騎士王・アーサーを投げ、7Tにスカイフォートレスで追撃するムーブは害悪以外のなにものでもなかった。
まさに円卓の騎士の鑑のような働きである。パーシヴァル?さんも見習って?

第9弾の追加と共にスタン落ちした為、このカードもあまり姿を見ることは無くなったが、援護射撃ロイヤル城塞ロイヤルといった指揮官中心のデッキであるなら採用して損はないパワーカードである。エンハンスから綺麗に繋がるレイサムなどの相性の良いカードもちょくちょく実装されているし。というかこのカードと相性が悪いからアルベールが3積みされなくなるなどの逆転現象まで起きてる始末そもそもアンリミロイヤル自体が息してないとか言ってはいけない

だがアンリミテッドでも白翼の戦神・アイテールの追加によってまさかの大復権を果たす。
ガウェインを使った時の手札切れ問題とガウェインが引けないと弱いという問題を同時に解決し、アンリミテッドのミッドレンジロイヤルで大活躍している。

相性のいいカード

コストダウンはエンハンスには無意味のため、エンハンス使用の多いカードにはあまり刺さらない。

0コスになる。
カードゲームにおいて0コスというのは悪さしかしないと相場が決まってる。

2コスになるだけで他カードと組み合わせ安くなり一気にアドが上がる。
4Tガウェイン、5Tマーズ・先陣の騎兵進化とかもう犯罪ムーブに近い。
これも4コスになるだけで全く使い勝手が変わる。
過去形。
昔は強かった。
今アンリミでガウェインを使うなら狙いはこちら。
6Tにガウェインエンハンス突進進化権温存しつつ、7Tに進化レイサムが出せるのはかなり強い。


セリフ集&フレーバーテキスト

このページへのコメント

5tマーズフロフェンは出来んぞ

0
Posted by 名無し(ID:C3w/mIcrYA) 2018年11月10日(土) 17:10:42 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除