精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


幾千と集った怨念が、一つの身体で発露する。
悪意の憑依
コスト:2スペル
クラスネクロマンサー
タイプ-
レアリティブロンズ
パック次元歪曲
cv-
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
ゴースト1体を出す。

概要

次元歪曲にて登場のネクロマンサー・スペル。2コスト2点ダメージに加え、ゴーストで1打点出るので実質2コスト3点スペルと言える。
むしろ実質で言えばそれ以上であり、ゴーストで体力1の相手を倒すことで2面除去が出来たり、相手の顔に1点飛ばして余ったゴーストにソウルコンバージョンをかけたりと非常に柔軟な立ち回りが可能。除去面だけならあのゾンビパーティを超えるとも評され、多くのデッキに採用されている優秀なカード。
一応弱点としては進化フォルテ?や守護裏のフラウロスを取れない事だろうか

くうくうお腹が鳴りました

コラボ

fate/sn HFコラボで間桐桜が描かれたイラスト違いの悪意の憑依が実装だぜヒャッホウ!
元キャラがアレだけにイラストがエッッッロい。カードの方も優秀なのでよく見かけることになるのではないか。
台詞
  • 開始 …貴方には後悔と絶望を。
  • 挨拶 …一つになりたいですか……?
  • 感謝 …くすくす……
  • 謝罪 …あら、かわいそう……。
  • 称賛 …おいしそうな力……
  • 驚き …へぇ……
  • 思考中 …困りましたね……。
  • 決め台詞 …勝ち目なんてないのに……。
  • 進化 …痛いですよ?
  • 進化2 …私、怖いですよ?
  • 進化 …溶けちゃえ……。
  • 勝利
  • 敗北 …こんな終わり……
解説(間桐桜)
主人公 衛宮士郎の近所に住んでる1歳年下の後輩。かわいい。日常の象徴。おっぱいがおっきい。Eカップ。
中学生の時から士郎の家に通ってるんだって。健気。
解説(マキリの杯)
原作知らない人にサックリ説明したいと思う。

1、とりあえずFate/snという作品自体が聖杯*1を求めて戦うものなのだが、この少女、間桐桜には紆余曲折があってその聖杯の欠片が埋め込まれている。

2、そしてその聖杯は諸事情により凄い呪いを持っている。

3、上記した1と2の理由となんやかんやの事件を通して、彼女は呪いに取り憑かれて闇堕ちし、黒いラスボスになった。

終わり。

このページへのコメント

tnkは犠牲になったのだ

0
Posted by 名無し(ID:o6PswQi4eA) 2019年02月12日(火) 16:05:09 返信

余談ェ…

0
Posted by 名無し(ID:S/LqN4MqVA) 2019年02月11日(月) 23:50:52 返信

ワイジに余談の解説してくれ

1
Posted by 名無し(ID:C9p9Niou2Q) 2019年02月11日(月) 20:52:51 返信

乳揺れすごかった(小並感)

2
Posted by 名無し(ID:eQklIXJhUg) 2019年01月28日(月) 17:18:56 返信

アグロ殺し
ただマナリアからは守護がバンバン出てくるから結構うまく除去できないことがある
まあローテだと採用するしかないんだけど

0
Posted by 名無し(ID:k4GC0ES90g) 2019年01月08日(火) 11:34:40 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除