精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


《ワイト/Skull Servant》 [#top]

通常モンスター 星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200 どこにでも出てくるガイコツのおばけ。 攻撃は弱いが集まると大変。

 STARTER BOXで登場した闇属性・アンデット族の下級モンスター。~
 《アンデット・ウォーリアー》と《フレイム・ゴースト》の融合素材。~

 単体での戦闘能力は全モンスターの中でも最低クラスだが、多くのサポートカードによって真価を発揮する。
 フレイバー・テキストで言及されている通り人海戦術が得意で、墓地に集まると《ワイトキング》の攻撃力を1体につき1000ポイント強化できる。
 更に、墓地でのカード名を《ワイト》として扱うモンスターが《ワイト夫人》・《ワイトメア》・《ワイトプリンス》・《ワイトプリンセス》の4種類存在し、これらが墓地に集まると《ワイトキング》の攻撃力は10000を軽く超える大変な数値となる。
 これに特化したデッキが【ワイト】である

 《ワイトプリンス》は、デッキまたは手札の《ワイト》と《ワイト夫人》を1枚ずつ墓地へ送る効果を持ち、基本的にこの効果を利用して高速で墓地へ送り込む事になる。
 なお《ワン・フォー・ワン》・《ゴブリンゾンビ》・《ドラコネット》・《高等儀式術》など、多数のサーチ・リクルート・墓地肥やし手段に対応しているが、これらを《ワイト》に使用するのはおすすめできない。
 デッキに《ワイト》が存在しなくなると《ワイトプリンス》の効果が腐り《ワイト夫人》が墓地に送りにくくなるので、墓地へ送るルートは《ワイトプリンス》に特化した方が効率的に《ワイトキング》を育成できるためである。
 単体性能は低く、手札にあまり来てほしくないカードなので、できるだけ手早く墓地へ落としたい。 もし手札に来てしまった場合は、《ゾンビ・マスター》等の手札コストか《リンクリボー》のリンク素材に使うと良い。

 意外にも、《ワイト》自身のフィニッシャー性能もかなり高い。
 墓地で《ワイト》として扱うモンスターが4種類存在するため、《守護神の矛》を装備すると攻撃力が爆発的に上がる。
 低レベルかつ通常モンスターのおかげで《トライアングルパワー》に対応し、《下克上の首飾り》装備時の強化値も高い。
 《同姓同名同盟》《トライワイトゾーン》など複数体の展開も行いやすく、《光学迷彩アーマー》で直接攻撃も可能。
 もちろん、《ワイトキング》で殴った方がはるかに効率的なのでネタの域は出ないが、デッキの枠が余ったら仕込んでみるのも良いかもしれない。
  • ちなみに、《ワイト夫人》等は同名カードが《冥界の魔王 ハ・デス》等に戦闘破壊されない限り、《守護神の矛》では攻撃力が上昇しない。
  • 《フレイム・ゴースト》と《アンデット・ウォーリアー》の融合素材でもある。~
これを利用し、《竜魔導の守護者》]]を使って《ワイトプリンス》の墓地肥やし効果を発動させつつ《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》に繋ぐことができる。
また、《ワイト》は《E・HERO プリズマー》や《融合準備》等にも対応するが、デッキから引っ張り出す方法は《ワイトプリンス》に一任した方が効率的なのは上記の通りである。
  • 第1期の通常モンスターの中で最も低いステータスを持つカード。(効果モンスターを含めば《薄幸の美少女》が最低であり次点で《ゾーン・イーター》もいる)
かつては《モリンフェン》らと同様、そのあまりの弱さから一部に熱狂的なファンを獲得していた。
長らくネタカードでしかなかったが、その人気にあやかってか第4期で《ワイトキング》が登場し、実戦でも活躍できるカードとなった。~
    • ところが、その後《ワイト夫人》・《ワイトメア》と《ワイト》一族が増えるに連れ、《ワイト》が無くても【ワイト】は十分通用するデッキになってしまう。~
むしろ本体は単にステータスの低い通常モンスターなので、安定感を求めて《ワイト》を採用しない【ワイト】も出現。
そればかりか、フィールドの《ワイト》が《因果切断》を受けると墓地に存在する上記のサポートカードも除外されるという弱点まで生まれてしまった。~
サポートカードが出すぎたせいで本家が軽んじられるという皮肉な事態になっていたが、デッキ・手札に存在する《ワイト》を指定する《ワイトプリンス》の登場により、この問題は解決されている。~
  • 「ワイト(Wight)」は元々は古英語で「人間」を意味する言葉。~
J.R.R.トールキンの名作ファンタジー小説『指輪物語』に登場する動く死体「塚人(Barrow-wight)」の影響で、アンデッドの名前として用いられるようになった。~
劇中では古墳に埋葬された王・王妃の死体に悪霊が憑いたものであり、古墳に近づく人間を殺そうとする。~
    • 英語名は「Skull Servant」である。~
しかし《ワイトキング》を除き、《ワイト夫人》《ワイトメア》から《トライワイトゾーン》に至るまで本来の名前である「ワイト(Wight)」が使用されている。~

このページへのコメント

細かな修正などしないという天然素材100%そのままの堂々としたコピペ

1
Posted by 名無し(ID:PpdTwlKbfQ) 2018年04月11日(水) 20:55:34 返信

黄色率が高すぎる

0
Posted by 名無し(ID:vghu8d1CMA) 2018年04月10日(火) 21:34:24 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除