精神削ってまでランクマしなくていいから・・・



神々の遊戯を始めよう

性能

ロキ
コスト8フォロワー
クラスニュートラル
レアリティレジェンド
タイプ-
パック星神の伝説
CV鈴木達央
進化前
攻撃力5体力5
ファンファーレ 自分のリーダーは「次に自分のフォロワーのファンファーレ能力(対象を選択する能力を除く)が働くとき、それをもう1回働かせる」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
進化後
攻撃力7体力7
効果なし。

フレーバーテキスト

解説

カードパック第6弾で実装されたニュートラルのレジェンドカード。リーダーに次に発動するファンファーレ効果を二回発動させる効果を付与させる。
ファンデッキのお供。
ファンファーレ2回発動はロマンの塊。
その夢を追い求めて多くのファンデッカーが屍を積み重ねた。

使用時の注意点

ロキを使う上で幾つか気をつけなければいけないことがある。

---
ファンファーレ発動に何らかのコストが必要な場合、そのコストは2回分必要になる。
2回目のコストを支払えないなら2回目の発動は不発する。

例)デスタイラント
ファンファーレ:ネクロマンス20 +10/+10する。
ネクロマンスを2回発動させることになるので、墓地が40必要になる。
墓地が40未満なら2回目のネクロマンスは発動しない、ロキは無意味に終わる。

---
対象指定のファンファーレは対象外。

例)偉大なる魔術師・レヴィ
ファンファーレ: 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。土の秘術 相手のリーダーか相手のフォロワー1体ではなく、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
土の秘術を使う方は対象指定ではないため2回発動する、ただし土の印が盤面に2枚必要。
素の効果は対象指定であるため2回目の効果は発動しない。


---
エンハンスやネクロマンスなどの条件付きでファンファーレが発動するフォロワーが、その条件を満たさずに場に出たときもロキの効果が裏側で消費される。

例)レヴィオンセイバー・アルベール
ファンファーレ エンハンス 9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
8コスでロキを出した後、9コスで先に適当なフォロワーを出してPP8〜5にした後、5コスアルベールを出したとき。
アルベールはエンハンスで使っていないので単なる3/5疾走として場にでるが、その後ろ側でロキの効果が消費されている。
これはシャドバの処理として、まず最優先でファンファーレが処理され、それが発動条件を満たされているかどうかが後から判定されるからである。
つまり空振り判定が2回発動してしまっている。

---
チョイスの場合は、チョイスを2回行うのではなくチョイスしたカードと同じものがもう1枚出てくる。

例)魔導狙撃士・ワルツ
「浄化の聖弾」「必殺の魔弾」
ファンファーレ チョイスしたカード1枚を手札に加える。

「浄化の聖弾」をチョイスした場合、「浄化の聖弾」が2枚手札に加わる。




ガチ採用パターン


キングエレファント
ファンファーレ:自分以外の手札を全て戻して、手札の数だけ攻撃力体力を加算する。
戻した数ではなく手札の数を参照してスタッツアップするので、素直に手札の数分2回強化される。
最大で+9×2で19/19の守護無視疾走が完成する。

ジャングルの守護者
ファンファーレ:エンハンス10 ジャングルの守護者をもう1体出す。その後、全てのジャングルの守護者は疾走を持つ。
もう1体出す〜疾走付与までが1セットなので、合計で守護者は3体になる。

ギガントキマイラ
ファンファーレ 相手のフォロワーすべてと相手のリーダーに3ダメージ を割りふって与える(相手の場の最も古いフォロワーから順に、その体力と同じダメージを与え、最も新しいフォロワーに与えたら、残りのダメージを相手のリーダーに与える)
スペブで積み重ねたバーストダメージが2連打される。相手は死ぬ。

ロマン採用パターン

太陽の踊り手・ロレア
ファンファーレ 自分の場に土の印・アミュレットがないなら、土の魔片1つを出す。エンハンス 10; 自分の他のフォロワーの攻撃力/体力を2倍にする。
エンハンスの2倍効果がさらに倍で4倍になる。
1ターンで実現ができないので、ロキの効果を温存しつつ場を展開するという苦行の果てにたどり着ける夢の世界。
ちなみにパメラでも土の印を2枚消費すれば同じようなことができるが、ターン終了時にスタッツUPになるので活用はさらに難しい。

バンダースナッチ
ファンファーレ エンハンス 7; 「ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト6以上のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す」を持つ。
ラストワード効果が2回付与される。
その結果、破壊された次のターンにデッキから2体出てくる。
ゼウス×2→ウルズ、ウルズでOTKが可能。(実現できるとは言っていない)

ソウルディーラー
ファンファーレ 自分のリーダーの体力が半分(端数切り上げ)になるようにダメージを与える。
自分の体力が全快であれば、ブラッディメアリー → ソウルディーラーとすることで20点OTKができる。
一応8Tロキ→9Tメアリー+ディーラーで流れを作ることはできるが、そこまで無傷で耐えられる保証も無いのでロマン枠として掲載。

無意味パターン

インペリアルドラグーン
ファンファーレ:手札を全て捨て、捨てた枚数分だけAoEダメージ
2回目の発動でもう1回手札を捨てようとするが、すでに手札は0枚なので捨てるカードは無い。
つまり0ダメージ。
仮に捨てる手札の中に光の道筋があったり、竜巫女の儀式が場にあったりしても、それらによる手札補充は2回ファンファーレの処理の後に発動するので対策にならない。

魔導の巨兵
ファンファーレ 自分の手札の土の印・アミュレットをすべて捨て、捨てた土の印・アミュレット1枚につき+2/+2する。
インペリアルと同様。1回目ですべて土の印を捨てるので、2回目はどうやっても発動しない。

エルフクイーン
ファンファーレ 自分のリーダーを「自分の墓場の枚数」と同じだけ回復して、自分の墓場を0にする。
これも同じ。1回目の発動で墓場を0にするので2回目はどうやっても発動しない。

エンシェントエルフ
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを手札に戻し、戻したフォロワー1体につき+1/+1する。
キングエレファントと違い戻した枚数でスタッツUPが行われるので2回目は絶対に発動しない。
同じ仕組みの絶望セリアでももちろん結果は一緒。

ダークセイバー・メリッサ
ファンファーレ 「自分の他のフォロワーの数」と同じだけ-1/-0する。「相手のフォロワーの数」と同じだけ+0/+1する。
場の状況次第だが、多くはベルエンジェルのできそこないができあがる。
逆に0:5ならめっちゃ強くなるがその場合メリッサ1体じゃどうにもならん。

ブラックスワン・オディール
ファンファーレ 相手の場にホワイトスワン・オデット1体を出す。その後、このフォロワーは進化する。
テキストを読んでの通り、ロキと合わせると相手の場にオデットを2体出す
無意味どころか自殺行為。

不滅の英雄・ローラン
ファンファーレ 自分の場に不滅の聖剣・デュランダルがないなら、不滅の聖剣・デュランダル1つを出す。
シャドバの処理のイケてないところとして、状況チェックは一連の処理の最初にしか行われない。
ローランの場合は、
  1. デュランダル存在チェック
  2. ファンファーレ発動
  3. ロキ発動
  4. ファンファーレ発動
という処理がされるため、場にデュランダルが2枚出る
クッソ邪魔。

戯曲の竜剣士
ファンファーレが2回発動するので、相手の場にドラゴンが2体出る。オディールと同じで完全な自殺行為。
進化権を使って処理できるドラゴンは1体だけなので、必ず相手の場にドラゴンが残る。

このページへのコメント

新ジャーで踏み倒しやすくなりましたね

1
Posted by 名無し(ID:W5qljJlwug) 2019年06月28日(金) 21:30:21 返信

始祖マナリア出したら楽しいじゃん。スペダメ最高+6点だぜヤッホウ!

0
Posted by 名無し(ID:diQyf57Frw) 2019年06月15日(土) 00:35:33 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除