精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


行くぞッ!迅雷が如く!!
レヴィオンセイバー・アルベール
コスト5フォロワー
クラスロイヤル
タイプ指揮官
レアリティレジェンド
パックバハムート降臨
CV緑川光
進化前
攻撃力3体力5
疾走
ファンファーレ エンハンス9; 「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。ターン終了まで、このフォロワーへのダメージは0になる。
進化後
攻撃力5体力7
疾走

フレーバーテキスト

概要

第3弾カードパックで実装されたレジェンドのロイヤル・フォロワー。

3/5の疾走、9コスで出せば2回攻撃によって進化込みで10点ダメージを叩きだし、ダメージ無効効果で盤面処理にも使えるその恐ろしいまでの汎用性でロイヤルを支えてきた。

フェイスロイヤルでは進化込みで5マナ5点ダメージの疾走は相手にとって脅威の一言。さらに体力も7あるのでそう簡単にはやられない。ミッドレンジやコントロールにおいてもエンハンスによる二回攻撃でフィニッシャーともなりうる。実際ライフ10はアルベールラインと呼ばれ、ヴァンパイアは迂闊に復讐に入ることができなかったし、他のリーダーもその事を頭の中に入れておく必要があった。たまに除去札として使われることもある。

その万能さからアルベールの入らないロイヤルデッキを見つける方が難しいほど。ベクトルは違えどエルフのエンシェントエルフやネクロの魔将軍・ヘクターと通ずるものがある。しかし、この2枚のカードでも入らないコンセプトがあったと思うといかにアルベールが汎用性において優秀だったかが分かる。

そんなアルベールに依存してたせいかロイヤルはアルベールクラスとも呼ばれたり、アルベールがいるからロイヤルには強いレジェンドをもらうことができないとまで言われるほどであった。しかし、第8弾カードパック実装と同時にローテから卒業。これにより唯一かつ最大のパワーカード兼フィニッシャーを失ったロイヤルは無事死亡するかと思われていたが、とんでもないパワーカードたちをもらったおかげでそんなことはなかった。

アンリミでは遅めのデッキではエンハンス効果がインフレに取り残されたこともあり積まれる枚数が減っているが、フェイスロイヤルでは今まで通り絶賛活躍中。ケツデカ疾走は強いと言うことを今なお知らしめている。

そして第11弾カードパック次元歪曲にて炎獅子の大将軍という相棒を獲得。
守護を除去しながらバフしてアルベールで12点を叩き込むムーブは非常に強力。
他の追加により盤面を取りやすくなったこともあり5ターン目の進化殴りの価値も増したのでアンリミテッドでは相変わらず大活躍している。

開発側やプレイヤーたちにも大きな印象を植え付けたカードであり、そのためか定期的にレジェンドに「2回攻撃の疾走」ができるフォロワーが追加されている。ルナベール(ネクロベール)=冥守の長・アイシャはアルベールするには墓地が要るが、コスト相応の5/5/4突進としても使えるアルベールによく似た万能さを持ち合わせ、ローテのミッドレンジネクロでは一定の戦績を残した。
フィルとのコンボで5×2回攻撃するホワイトヴァナラも「自分をアルベールだと勘違いしている猿」ということで「サルベール」と呼ばれている。そして舞い踊る刃・ディオネは早くもアルベール似の多機能さ、そして何より衣装がエロいことで「スケベ―ル」という通称が定着しつつある。

別イラストバージョン

やはり元々人気キャラなのも相まってか同名の別イラスト版が2種も存在する。一種のカードだけで3種のバージョンが存在するのは他にはケルベロスのみである。
構築済み版は見返り様に剣を逆手に構える姿がカッコよく、スキン付き版はプレミアにすると雷が迸る様が非常にド派手。どちらも持っていると自慢できるカードだろう。

第2弾構築済みデッキ「疾風迅雷」版

第7弾カードパック「時空転生」排出リーダースキン付き版

リーダースキン

別イラストの項でも言及したが、時空転生パックにて低確率でリーダースキンを入手できる。
同パックの他の排出リーダースキンと比べてスキンとしての完成度が高く、元々の人気も手伝って自演の魔女と並んで人権スキンとまで呼ばれたこともあった。当時の他のロイヤルスキンが総じてアレだったというのもある。

以下スキン時のセリフ

余談

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除