精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


全ての命の母となる
ユグドラシル
コスト6フォロワー
クラスエルフ
レアリティレジェンド
タイプなし
パック起源の光、終焉の闇
CV田村ゆかり
進化前
攻撃力2体力6
進化前
万象の加護
森羅の怒り
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
----------
ドレイン
進化後
攻撃力4体力8
ドレイン

上方修正前


概要

第8弾に実装されたエルフのレジェンドフォロワー。チョイスの効果を持つ。通称ゆぐゆぐ。
チョイスはドロー&プレイ回数増加とバフ&突進(もしくは疾走)付与。どっちも有用なので状況に応じて使い分けよう。
主にコントロール系のデッキに採用される。

チョイスカードは別の記事で説明。

効果はいずれも優秀で、コントロール要員からOTKコンボにも使える便利な子。ただ7コストという重さが災いしなかなか採用機会が無かったが2018年10月度調整にて6コストに上方修正。これによりかなり見かける機会は増えてきている。

グラブルのゆぐゆぐ


土属性の星晶獣(召喚獣)。ストーリー中に対峙する各属性の星晶獣の一体であり、同時にその上位種である「マグナ」の一角「ユグドラシル・マグナ」でもある。
その可愛さから人気が高く、後にプレイアブルキャラにまで出世した。性能面でも恵まれており、回復とバフ役として土PTではよくお呼びがかかる。
グラブルでの知名度があまりにも高いが元々は神撃のバハムートの出身。

余談

ユグドラシルは、北欧神話に登場する1本の架空の木。ユッグドラシル、イグドラシルとも言う。
世界を体現する巨大な木であり、アースガルズ、ミズガルズ、ヨトゥンヘイム、ヘルヘイムなどの九つの世界を内包する存在とされる。そのような本質を捉えて英語では "World tree"、日本語では、世界樹、宇宙樹と呼ばれる。
ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」の「神々の黄昏 (楽劇)」の冒頭「ワルキューレの岩」で第一のノルン(運命の女神)が「一人の大胆な神が水を飲みに泉にやって来て 永遠の叡智を得た代償に片方の目を差し出しました そして世界樹のトネリコの木から枝を一本折り その枝から槍の柄を作りました 長い年月とともに その枝の傷は 森のような大樹を弱らせました 葉が黄ばんで落ち 木はついに枯れてしまいました」と歌う。

引用 ユグドラシル-wikipedia
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%82%B0...

つまり、性別不明の植物。それを女体化とはたまげたなぁ・・・。

フレーバーテキスト

このページへのコメント

イラスト一番好き
別に生足に魅了されたわけじゃなくてクッソすがすがしくて雄大な背景に自然を体現するかのような包容力と純真さを併せ持つ本体のマッチがたまらないだけですよ

3
Posted by 名無し(ID:eupH4IC9Jw) 2019年08月27日(火) 00:05:56 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
無いこともないです