精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

概要

ツチノコ(槌の子)は、日本に生息すると言い伝えられている未確認動物 (UMA)のひとつ。鎚に似た形態の、胴が太いヘビと形容される。北海道と南西諸島を除く日本全国で“目撃例”があるとされる。

体長30〜80cm。容姿は蛇のようで胴体は太くやや扁平、三角形の頭は、大人の指3本を並べたほどの大きさ。

首があり、細くて短い尾が、尻からニョロっと出ている。体色は黒、こげ茶、灰色。背には稿模様や斑紋があり、腹は蛇腹で黄色。蛇のように蛇行せず、蛇腹を利用して体を伸ばしたまま前進後退するが、尺取虫のように動くこともある。転がったり、一回のジャンプで2メートル跳ぶことも可能である。目は蛇より大きく鋭い。まぶたがあり、まばたきをする。性格は、乱暴なものやおとなしいものもいる。唾液には猛毒がある。

ツチノコを記した文献は古くからあり、なんと現存する日本最古の歴史書「古事記」で野の神として登場している。さらに、同じく最古の勅撰正史「日本書紀」にも記されている。
その他にも多数の文献に登場し、その存在感を大いに示している。

現在では、相次ぐ目撃情報や度々ニュースに取り上げられ話題を呼んでいる。
つちのこに懸賞金をかける自治体が相次ぎ、生け捕りで最高その額なんと2億円。
果たして、ツチノコのしっぽを掴む者は現れるのだろうか。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除