精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

マナレシオ(Mana Ratio)とは、主にMTGなどで用いられる、カードパワーの指標である。
簡単に言えばマナ(シャドウバースにおけるコスト)の比率を指し、さらにざっくり言えばコストパフォーマンスに近い意味である。

一般的に、マナレシオはそのコスト帯のバニラフォロワーのスタッツの平均((攻撃力+体力)/2)をコストで割ることで算出される。
たとえばファイターがコスト2の2/2バニラフォロワーだが、この場合(2+2/2)/2=1なので、マナレシオは1となる。
次に流浪の傭兵だが、こちらはコスト3の3/2バニラフォロワーなので(3+2/2)/3=0.8333...となる。
そのため、マナレシオだけで見ればファイターの方が流浪の傭兵よりもコストパフォーマンスのよいカード、と結論付けられる。

また、スペルカードの場合は単体でのマナレシオは1〜1.5であることが多く、
AoEはフォロワー相手のフォロワーが多いほどマナレシオが上がる(お得になる)傾向にある。
シャドウバースにおいては、自分ないし相手の場の半分(3体)に効果が及べばおおよそ適正になるようにカードデザインされている。

…と、ここまで色々と書いてはみたが、マナレシオはあくまでも別のゲームでのデザイン理論でしかない点には注意が必要である。
クラス間の個性や進化時特有の効果、ブロンズ〜レジェンドというレアリティの差などに加え
インフレの具合や自分へのデメリット、実装当時の環境での暴れ具合などがこれでもかと絡んでくるため、一概に何が適正、とは言い難い。

現行のスレでもこの言葉が出てくることはほぼないが、オリカクソデカトカゲミスターシャドウバースなどを見て「少しはマナレシオ考えろよ」とぼやくホモが希に出没する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除