精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


群生する意思孤高にて断つ

概要


唯我の絶傑・マゼルベインを使ったデッキ。
効果を発動させるためにはマゼルベイン以外のカードは全てデッキに1枚しか積めない。

マゼルベインを引く右手力が必須だが、回り始めるとなかなか強い。
大型フォロワーの除去を強制しつつ、除去が追いつかなければバフされた強烈パンチが顔面に飛ぶ。

アンリミならニュートラルだけでもそれなりの構成にできるため、まったく使用していないクラスのストーリー攻略にも使える。

マゼルベインはニュートラルカードのため全てのクラスで混ぜるべINハイランダーデッキは組める。
そんなわけであえてその他の枠に作ってみたで。

マゼルベイン効果のおさらい

リーダー効果付与条件

・デッキにマゼルベイン以外の重複するカードが無いこと。

リーダー効果発動条件

・自分のターン終了時、場のフォロワーが1体であること。(2体以上はダメ、0体でもダメ)

リーダー効果内容

相手のフォロワー1体に2点ダメージ
自分のフォロワーを+2/+2
相手リーダーに2点ダメージ

Tips

・「デッキに重複するカードが無い」という条件はマゼルベインのプレイ時点を基準に判断されるため、例えばダークアリスやピュートーン等を使ってデッキの重複カードを削除、もしくは氷獄の王・サタンでコキュートスカードデッキにするなどして残りデッキをハイランダー化した上でマゼルベインをプレイすれば、リーダー効果は付与される。
 
・逆に魔鉄の獅子のような効果で同種カード複数をデッキに仕込んだ後にマゼルベインをプレイしてもリーダー効果は付与されない。
 当然だがマゼルベイン空振り後にデッキがハイランダー化したとしても自動でマゼルベイン効果が始まったりはしない。
 リーダー効果を付与したいならもう1回マゼルベインをプレイする必要がある。

・デッキの状態がトリガーなので、ハーメルンなどでカードを複製して手札に同種カードが重複している状態でマゼルベインをプレイした場合は、ちゃんとリーダー効果は付与される。

・リーダー効果が付与されてしまえば、以後の効果発動(スタッツUPやダメージ効果)はデッキの状態とは無関係。マゼルベイン発動後に同種AFをデッキに仕込んでも、場のフォロワーが1体という条件さえ満たされていればリーダー効果は発動する。

・ターン終了時処理はマゼルベイン効果が最優先。プロトバハムートを置いた場合は、マゼルベインの単発2点→AoE3点の順に発動する。単発2点がノーコンなのはお約束。

マルドゥークとは違い普通にフォロワーを置ける。
 状況によってはあえてマゼルベイン効果を捨て複数フォロワーを出す事も選択肢に入る。
 判定はターン終了時なので、攻撃スペル代わりに突撃疾走持ちを敵フォロワーに特攻させるという戦法もできる。

デッキ作成のコツ

〃撻灰好肇瀬瓠璽献好撻襪鯊震椶
マゼルベイン効果は場のフォロワー1体に2点ダメージ。
分かっている相手はヘルス3以上のフォロワーで展開してくる。
このためこちらとしては細かいスペルで相手フォロワーの体力を削っていきたい。

∩澗僚去を多目に
こちらの場にはフォロワーが1体しか置けず、マゼルベイン効果も1体にしか飛ばないためどうしても横展開に弱い。
全体除去手段を多目に積んでおかないと押し負ける。
フォロワーの体力も増えるので高威力AoEで死ににくくなる。

フォロワー以外のドロー手段を多目に
場に1体しかフォロワーが置けないので純心の歌い手のようなドロソフォロワーは使いづらい。
天界への階段天なる大河のようなフォロワー以外でのドローソースが必須。
また、これは割と重要だか、ALT現在全てのクラスにおいてマゼルベインを確定サーチする手段は存在しない。
そのため、マゼルベインを引き込むにはひたすらドローを重ねて来ることを祈るしかない。

ぅ┘鵐魯鵐后Ε▲セラレート持ちは優先的に入れる
前述の通りドロソに乏しいのでなるべくマナカーブ通りに出していきたい。
その為複数のコスト帯で役割が持てるエンハンス/アクセラレート持ちは優先的に採用していこう。
スペルを入手フォロワーなども疑似的なエンハンスとして使用できる。
また、除去スペルと同時使用したいなどという場合は、先にスペルを使用して低コストで出すという方法もとれる。

ヂ膩織侫ニッシャーを推奨
マゼルベイン2点だけではどうしても削りきれない。
このため相手が除去できなくなったタイミングで大型フォロワーの顔面パンチ+フィニッシャーのダブルパンチで試合を決める必要がある。
何らかの疾走、バーン手段は複数積んでおきたい。
また、普段のデッキではあまり採用されない大型潜伏フォロワーも、「場にフォロワーがいること」が重要で毎ターン成長していくこのデッキでは侮れない活躍を見せる。
要するに毎ターンフォロワーがノーコストで進化していくに等しいため、スペルでキッチリ相手の守護をどかしながら潜伏を育てていくと相手への圧迫感は相当なものになる。

マリガン

マゼルベイン>2〜3コスト>その他
とにかくマゼルベインが置けないとジリ貧になって圧殺される可能性が極めて高いので、マゼルベインが引けてないなら全力でマリガンしていく。
序盤の多少の出遅れはマゼルベインで持ち返せるはず。
ただし、流石に2ターン目に何もできないと特にアグロ型のデッキ相手には非常にキツくなるので、2コストカードが引けているなら1枚はキープしておいた方がいい。

ハイランダーデッキでの注目カード

通常構築ではゴミ扱いのカードが、マゼルベイン性能下では意外な活躍を見せるのがこのデッキの面白いところ。
ニキ自慢の推しメンを気軽に書いておくれ。オナシャス!
単体性能を重視する為か総じてpickでは強いと言われるカードが多い。

ニュートラル

場が唯我の時に色々効果が発動するフォロワー。
スペルの代わりや、進化で低コストの大型フォロワーにもできる。
エンハンス持ちスペル。ドロソが貧弱なハイランダーデッキにおける貴重な無限リソース。
序盤〜終盤までどこまでも活躍する。
特に押している状況でのツクヨミが強烈で、バフ込み8/6、殴って除去しようとすると毎回顔に1点カウンター、そして除去しても何度も出てくると相当うざい。
エンハンス持ちフォロワー。マゼルベイン発動後にエンハンスで出すと5コス5/8という化け物スタッツの守護が出てくる。
この隙にあまったPPで天界への階段天なる大河を出すムーブはド安定。
3コス4点ダメージは除去に便利。
また終盤にこちらの場に大型フォロワーが残ったところに使って唐突なリーサルを取るなど使い道が豊富。
エンハンス持ちフォロワー。エンハンス後は闇喰らいの蝙蝠ギガントキマイラ対策。自分も耐性が付くので生き残りやすくなる。
進化時に2点飛ばすのも色々便利。
ダメージ上限3がうまく回るとかなり強い。
場のフォロワーを2点ダメージで除去しつつ、6/6の全快カタリナが置かれるだけで相手としてはかなり鬱陶しい。
進化置きすると8/8になり、まともに除去するなら3回殴らないといけなくなる。
ダメージ上限は常時発動なので飢餓の輝きのダメージを抑えるなどといった事も出来る。
アクセラレート持ちフォロワー。2体以上フォロワーを置きたくないシーンでスペルとして使える。
フォロワーを出せないデメリットで通常はゴミだが、このデッキならデメリットが被るため普通に使用できる。
スペル等の使用機会も多いので効果も発動しやすい。強いとは言っていない
通常ギルネリーゼを入れる主目的であるバフは完全に死ぬが、ドレインと潜伏だけで十分強い。
ほぼ確実に5点回復できる。進化権が残っていれば7点回復で完全に不利状況もひっくり返せる。
アクセラレート持ちフォロワー。場に1体しか出せないのでデメリット0。
3点AoEとマゼルベインの2点で盤面除去はほぼ完璧。そして残ったプロバハは10/10。
強い!間違いなく強い!
アクセラレート持ちフォロワー。使用後のコキュートスカードは高性能フォロワーや低コストスペルが揃っている。
マゼル効果で確実に顔面を殴れるためアスタロトの宣告も決まりやすい。
コキュートスカードはハイライダー構成なのでどんなデッキ構成にしていてもマゼルベイン効果がかかる。
マゼルハイランダーの場合でも、アクセラレートでデッキに入るカードは全て異なるのでハイライダー構成は崩れない。
「守護を立てて無視する」戦法が使えない10/9の圧迫力はかなりのもの。排除のためにかなりのリソースを吐き出させることができる。相手によってはそのまま詰みに持ち込める。
  • 麒麟(アンリミ限定)
麒麟自身の効果が合わさり攻撃力が毎ターン4ずつ上昇する。
「これが私のオーバーチュア!」
「プレリュード!」(バシュンバシュン)
エンハンス持ちフォロワー。エンハンスで出すとランダム2点×2を飛ばすすごい女。唯我の使徒。
処理順序の関係で必ず先にマゼルベイン効果の2点が飛ぶので、それで盤面フォロワーを除去できたのなら2点×2は顔に飛ぶ。
合計でこいつ1体で顔を6点削る。くっそ強い。
ちなみに2点×2の効果はファンファーレで付与されるので、ロキで重複が可能。
完璧に決まればこいつ1点で顔を10点削る。ブリベール。
カタリナと同様にダメージ上限3を持つカード。カタリナよりも攻撃力が大幅に高いためプレッシャーがすさまじい。
ただし交戦しなければダメージ上限が発動しない点は注意。
  • その他エンハンスフォロワー。
堅牢なる天使』は数少ないコスト1エンハンス。強くはないがスペルやアミュのお供に。
秩序のヴァルキリー』は2・5・8の段階エンハンスなため腐りにくい。
アックスファイター?』はアンリミ限定のエンハンス界のバニラ。特徴が無いので他に入れるカードが無い時に。
豪快な斧使い?』はエンハンスでアミュレットを破壊できる。破壊が意味をなさないアミュもあるので注意。
  • アミュレット
伝説の幕開け』は体力1上昇と必殺でかなり取りにくくなる。アミュレットなので邪魔にもなりにくい。場に1体しかいないので、強化対象がブレることもない。
運命の泉』は普通はゴミだがコストと盤面に余裕が出がちなこのデッキでは比較的出しやすい。大型が生き残った時にさらに強化できるため、相手へのプレッシャーも増す。

エルフ

  • カード追加フォロワー
オシャレ女王・ネルシャ』はスペルをチョイスできるがおススメは『悪魔のドレス』。相手のフォロワー1体の体力を1にするためマゼル効果で確殺できる。
ホーネットソルジャー』は突進必殺持ちの小型フォロワーかバーンスペルをチョイス。このデッキでは両方入手は困難だが、十分汎用性は高い。
エンハンス突進持ちフォロワー。除去スペルの代わりや大型フォロワーとして使える。
攻撃時のフェアリー追加がマゼル後は邪魔だが、こいつが2回も攻撃できるなら有利な状況なため横展開も悪くない。
  • オウルマン?
  • オウルベア?
オウルマンはエンハンス持ち。フォロワーポン置きすることの多いこのデッキでは大型潜伏がかなり強い。
オウルマンなら8/5潜伏、オウルベアなら8/8潜伏。
次ターンにヴァナラ天喰らう異形おじいちゃんと合わせてリーサルが狙える状況で真価を発揮する。
能力発動条件が強化時なので相性は抜群。マゼルベイン効果で2点飛ばしつつ、バフされて全体2点。プチプロトバハムートである。伝説の幕開けが置いてあると完全にプロトバハムートを超える。丁度マゼルベイン直後に可能な7コストコンボである。
なお、普段ならほぼ森の戦士の下位互換なのでまず顧みられない枯木の番人?だが、このデッキでは2枚目の森の戦士として入れられることもある。3/6守護も結構役立ったり。
手札にフェアリーを加える効果はほぼ忘れていいが、フェアリー変身効果はなかなか便利。単体除去として見ても4コストは安いし、輝く熾天使・ラピス対策にもなる。
きっちり効果を発動させられればスペル無効破壊無効11/12の猛獣ができあがる。
BB&アンリエットが決まればOTKである。

ロイヤル

1・2・4・6・8・10とクッソ幅広いコストで追加効果が変わるエンハンスお化け。事故防止に役立つ。
また高潔なる騎士・レイサムの効果発動後でプレイすると大型疾走としてフィニッシャーになるので覚えておこう。
エンハンス系のフォロワー。チョイスで汎用性が高い。
希望の戦術家・セリアはマゼル効果との相性は最悪なものの、5ターン目で出せるのでマゼル前の露払いに。
絶望の使者・セリアは疾走。また「自分の他のフォロワーすべてを手札に戻す」効果が相性がいい。
エンハンス持ちの潜伏フォロワー。序盤からリーサルまで使える。
  • 嵐の槍使い?
エンハンス突進持ちフォロワー。基本は除去スペルの代わりに。
エンハンスで攻撃前に全体ダメージを与えられるため小型フォロワーを一掃できる。
エンハンス持ちフォロワー。進化時にコスト1スペルが追加される。エンハンスでノーコストで進化できるのも強い。
基本は5コストで『不撓不屈の騎士・ヴェイン』を出す。進化して攻撃力3以下を取る動きが普段以上に強く、驚きの5/7/9+体力全快。余ったコストで色々やるとおぞましく強くなる。
また、不利状況からは『竜殺しの騎士・ジークフリート』を出して7/6必殺守護として置くのも有効。
難点としてはエンハンスが邪魔になる局面があることか。とはいえ、「ターン終了時に1体だけ」ならいいので、『俊英の双剣士・ランスロット』や『炎帝・パーシヴァル』は盤面処理に使ってしまう手もある。
もちろん2体置いても強いので、状況によって柔軟な行動が可能。
現状ローテーションで使える潜伏では最大サイズなので、ベーシックとはいえ中々の優秀さを見せる。同様にアンリミ限定だが『ニンジャアーツ?』も4点除去として使うこともニンジャマスター召喚にも使い分けできて便利。
なお、アンリミテッドでは単体破壊効果も持つツバキがいるので、そちらを優先したい。
このデッキなららデメリット効果を気にせず高スタッツ&選択不可のスペックを存分に活かせる。
ただしマゼルベインとコストが被るのがやや気になる
フィニッシャーである「不滅の群青・ベアトリクス」発生装置。できるなら即突進したい。
ゼタが生き残った場合は4点ダメージをばら撒ける。
アクセラレート持ちフォロワー。
フォロワーとして配置しても強い上、アクセラレートとして使い分けることで場のフォロワーを増やさず敵の弱体化を狙える。
  • その他エンハンスフォロワー
マーセナリー・ルシウス』はエンハンスで敵1体破壊。能力は上がらない。コストが低いのが特徴。
傭兵の帰還者?』は回復持ちファイターコストが低め。
粗暴な豪剣士?』はエンハンスで突進が付く。攻撃が高いのでできれば生き残らせたい。
大商人』はエンハンスで条件付きドロー。
ホーリーナイトベア』は守護持ち。コストが低め。
マスターサムライ?』はエンハンスで2回攻撃。生き残れれば大ダメージを狙える。
ウォードッグ』はエンハンスで3点バーン。
  • その他エンハンスフォロワー(アンリミ限定)
ネイビーガード・シモーヌ』はエンハンスで守護が付く。
クーフーリン』は突進持ちかつエンハンスで敵1体破壊。能力は上がらない。
レヴィオンセイバー・アルベール』は説明不要のパワーカード。
  • スペル追加カード
魔導狙撃士・ワルツ』は優秀な除去のチョイス。特に浄化の聖弾は消滅なので強力なアミュレットの除去に。
アロアダイ』は攻撃スペルと進化件追加のチョイス。フィニッシャーとしても使える。

ドラゴン

  • 嵐の翼?
手札のドラゴンカード1枚を『突風のドラゴン』に変化させるカード。
単発で使っても7コストで5+2の7点バーン。
飢餓の輝きと組み合わせれば10コストで9+2の11点バーン。
6〜7コスなので堕天等で敵守護の排除もできる。
場に大型フォロワーが残ったときの最後の一押しに最適。
エンハンス系のフォロワー。チョイスで対応力の高いカード。
白鱗は誰相手でも使える無難な大型守護。基本はこっちをチョイス。
黒鱗は1点AoEと攻撃不可を持ち相手次第で強烈。1点AoEは小型の一掃や体力3の敵の排除に便利。
通常ならヘルス2と除去されやすいヘルスだったのがマゼルベイン効果でヘルス4に上がるだけで一気に取りづらくなる。
特に効果的な相手がAFネメシス。ほぼ取れない。
エンハンス持ちスペル。
特にエンハンス後は敵処理しつつ『ドラゴン』を出せる。
エンハンス持ちフォロワー。
ダメージを受けると「相手ターン開始時に」分裂する能力を持ち、タイミングが違うのでマゼルベイン効果はきっちり発動する。
このデッキでは自傷コンボは狙いにくいため、できるなら進化して殴りたい。
覚醒後に出すと4コス3/7(バフ込み5/9)というマナレシオガン無視の守護が出てくる。
あまったPPでドロソを出すなり除去をするなりご自由に。
え?伝説の幕開け?5/10必殺守護?ふざけんな。
盤面除去能力が高いエンハンス持ちフォロワー。ナーフされたもののこのデッキではコンボも糞も無いため影響は少ない。
エンハンス後は1点AoE突進。攻撃して生き残ればフォロワーに3+2点と顔に5点。
体力も増加するため相手ターンでの発動も期待できる。
5ターン目に進化させて盤面除去する手もある。
4点AoE。苦手な横展開対策。
マゼル効果でこっちの体力も上がってるので、敵守護を一掃しつつ生き残り顔面を殴る事も可能。
アクセラレート持ちフォロワー。序盤にマゼルベインを引いてない場合はドロースペルとして使える。
フォロワーとしてもフォロワー以外のカードを使う機会が多いデッキなのでダメージの上昇が見込める。
マゼルベイン効果により最低でも次のターンには砲撃が開始される。ついでにデッキ内の低コストフォロワーの消去もできる。
攻撃不可なためジャバ効果が発動したらマゼルベイン効果は一旦無視し、他のフォロワーを展開する必要がある。
疾走でのフィニッシャーにも、2面処理しつつ回復持ち大型守護にもできるフォロワー。
ブリンディと同じくターン終了時に追加ダメージを与える。
が、処理順序の関係でマゼルベイン効果で場のフォロワーがいなくなったらギルヴァ効果は発動しない。
それでもフォロワーか顔に2+5点飛ばす効果は強力。
単純にドロソの乏しいこのデッキでは知恵の光効果だけでも十分美味しい。
さらにリーサルターンを1ターン伸ばせる疾走持ちということで非常に強烈に働く。ゾーイを置いて顔面6ダメージ、マゼルベイン効果で2ダメージ、次ターンゾーイが排除されても後続を置ければそれがなんであっても追加で2ダメージ。よって残り体力10はリーサルに持ち込める。
直接召喚はおまけ。
4という軽いコストのおかげでこいつを出しながら除去やドローができ、進化すれば飢餓のバフとマゼルベインの2点バーンによって7コス11点疾走という芸当も可能。
アジ・ダハーカなどの大型疾走とは違ってブローディアや虚数物体による打点の低下が起こりにくく、威圧などと併用すれば軽減の上から打点を稼げるところも嬉しいところさん。
1/1は全員突進持ちなので、盤面処理に使い捨ててしまえばOK。普段はあまり生きない処理能力の高さがマゼルベインではそこそこ光る。アクセラレートも便利。
ただ、ベーシックのドレッドドラゴンの方が単体スペックで上回るのが痛いか。一応4点を好きな風に振り分けられる柔軟性は強み。
5T目マゼルベイン→6T目フォルテのムーブがとても強力。体力も上がるので死ににくくなる。
進化無しで7/3攻撃不可疾走とかいう狂ったカードが6ターン目に出てきて弱いわけないよなぁ?
処理順序の関係で場に1体フォロワーが出ていればマゼルベイン効果が発動した上でドラゴンが出現する。
逆に竜の峡谷のみの場合はマゼルベイン効果不発の後にドラゴンが出現するため注意。
前ターンで除去されなかった場合のダメ押しや、低コストフォロワーと一緒に出せば無駄が出ない。
置く際のテンポロスこそ痛いが、置ければほぼ勝ち確。毎ターン乱れ飛ぶ3点バーンは鬼畜の一言。
これを置いてからのゾーイは誰もが一度は見てみたいコンボ。
確定サーチ手段がないと言ったな?あれは嘘だ。
コスト6以上をマゼルベインしか入れなければこれで確定サーチだ!
……大型フォロワーをひたすら出さないといけないこのデッキでコスト6以上を縛られるデメリットがデカすぎるので、マゼルベインサーチに使うのは無理。ただし、伝令自体は普通に好相性。基本的にはバハムートジェネシスドラゴンを引っ張ってきてもらう。コストダウンを加味すれば1コストと、余ったコストで気軽に打てる安さなのが魅力。擬似的な嵐の翼とも言える。
相手に消滅や変身と言った除去手段がない場合、何度でも再利用可能な顔や盤面に5点をばら撒く10/6フォロワーと化す。
消滅や変身で除去されても後続のフォロワーをかなり出しやすくすることができるだけでなく、相手によってはこいつ1枚で完封することすら可能なやべーやつ。
終盤腐る低コスト組を残らず2コス4点に変換できるのはそこそこ便利。
特にマゼルベインでは低コストフォロワーの使い道が終盤ほぼ皆無になるので、大型置く前の露払いとしてそれなりに活用できる。
  • その他エンハンスフォロワー(アンリミ限定)
伊達政宗』はエンハンスで突進と必殺が付くが、高コストで特攻はしたくない。
ベオウルフ?』はエンハンスで 体力5以上の敵1体破壊。
ワイバーンライダー・エイファ』はエンハンスでフォルテのような性能に。
ラースドレイク』は横展開対策。
  • PPブーストカード
ドラゴン特有のPPブーストで5ターンでマゼルベインを出せればその分有利になるが、4ターン目までに使用しなければ間に合わない点は注意。
みんなだいすき『竜の託宣』はどのターンでも使える優等生。
斬竜剣士・ロイ』や『竜の祠』はラグがあるので3ターン目に出す必要がある。チョイスで攻撃にも使用できるので腐りにくい。
5ターンに間に合わない場合でも、PPブーストしてマゼルベインと低コストスペルと組み合わせるという手もある。
  • スペル追加カード
デッキ作成のコツの通り疑似エンハンスとして使える。
正義のドラグーン』は制約が無く、チョイスで汎用性が高いため使いやすい。3ターン目からリーサルまで活躍の場がある。体力が3なので+2されれば飢餓の輝きにも耐えられる。
炎竜の使役者』はブレイジングブレスと進化時ライトニングブラスト。強力なアミュレットの消去に。
白亜の竜騎士』は覚醒時に疑似嵐の翼?か回復のチョイス。強力だが覚醒前だとゴリアテとなる。
相反する息吹・ガルア』は破壊スペルとドローのチョイス。ドローはマゼルベインを引けなかった時の最後の足掻きに。

ビショップ

貴重な疾走バーンを作れるカード。
9コスあればツタンカーメンを走らせてなんちゃってアジもどきができる。
10コス使うと大修道女を走らせたり、重装のトロールで守護貫通疾走なんていうのもシブイ。
大型フォロワーかつ条件付き復活。毎ターン強化されるので、相手は1ターンに2回倒す必要がある。
貴重な無条件疾走。
教会付きのヘヴンリーには劣るが、それでも7コス4点疾走。
マゼルベイン効果があれば+2点
飢餓の輝きと組み合わせることもできるので最大9点を削れる。
癖はあるが、4ターン目マーウィンで5ターン目にマゼルベインを着地させることができるのはやはり強い。ドラゴン以外で早期マゼルベインができる数少ない手段。
また、進化後のみだがカタリナと同じダメージ上限3を持つのでかなり取りにくい。
フォロワー召喚系アミュレットは全体的にタイミング調整が面倒であり、場にフォロワーを1体だけ残しにくいのでマゼルベインデッキでは扱いが難しい。例えば詠唱:聖獣への誓いだと中途半端な4/4フォロワーが場に出るせいで他の大型を置きにくくなってしまう。
しかし、白牙の神殿は回復なしだと必ずターン終了時に割れてくれる。竜の峡谷などと同様にマゼルベインで大型2体を並べられる貴重な手段である。回復効果も有用。
マゼルベインに数少ない複数枚積みOKなカード。マゼルベインを起動する時点でデッキがハイランダー状態ならOKなので、直接召喚で場に出せる黄金都市は2積みなら容易。どちらかと言えばアンリミで詠唱:死の宣告のようなカードたちと一緒に運用したい。

ウィッチ

真実組でも異色の彼。しかしそのオンリーワン性能がマゼルベインデッキでは高得点。
スペブに依存せず単体で活躍できるため非常に使いやすい。
アクセラレートで序盤の除去に使えるのはもちろん、後半も6マゼルから7従者と繋げやすく、ファンファーレ4点で除去しながら盤面強化もできる。
バフ効果条件が土の印であるためマゼルベイン効果と重複が可能。
コストも5とマゼルベインと被らず、土の印も静寂の実験室聖法の教師・フロウなどを使えば無理なく設置できる。
また事前に土の印があればポン置きするだけでスタッツが6/6になるのが優秀。
マゼルベインミラーにおいて後攻5Tにこれを置ければ先行6Tマゼルベインのけん制に抜群の性能を見せる。
相手が6Tマゼルベインの後にこちらのファウストを進化で取ろうと取るまいとこちらは6Tマゼルベインポン置きが確定する。
手札と場の土の印カードを真理の術式に変換するフォロワー。
この真理の術式がすっごい使いやすい。
2コスト3点ダメージ、リーダーにも飛ばせるのでリーサルを取ることもできるし、盤面処理にも使えるし、土の印があればドロソとしても使える。
本体性能も6/6(バフ込み8/8)の守護であり後半でも安心してポン置きできるのがうれしい。
「ウッソだろおまえwwww」
ガチやで。
暴威のゴーレムはターン終了時に攻撃力分のランダムダメージをばらまく。
通常はランダム2点、土の印を使っても3点とかなりゴミカスなのでまぁ普通は使われない。
しかしマゼルベイン効果中なら話は別。
ターン終了時処理はマゼルベイン処理が最優先で行われるので、マゼルベイン効果の2点が飛んだあと、マゼルベイン効果で+2/+2されて攻撃力は4になるのでランダム4点が飛ぶ。
つまり合計で盤面にランダム6点を飛ばせるということで、なんと潜伏ギルネリーゼを取ることができるのだ。
スカアハ真実の究明者・ファウストなどと組み合わさればさらに強烈。
ギルネリーゼも取れる毎ターンランダム5点の除去力が高い。というか、ウィッチの高コストでコンボ前提でない数少ないカードなので、採用せざるを得ない事情もある。
ぶっちゃけ序盤の除去にも終盤の盤面構成にも使えるエラスムスの秘技の方が優秀。両積みもアリだが。

ヴァンパイア

エンハ4でドレイン付与なのが重要。マゼル効果発動中ならデメリットを打ち消せる。
…が、1ダメは1ダメなので凍ってwされるとあっさり死ぬので注意。
場のフォロワーが1体の時に効果が発動する唯我の玉座。
1/1に守護が追加されさらに強化される。
  • 吸血の刻印?
普段は3コス4点のスペル。
自分の体力5以上のヴァンパイア・フォロワーに撃てば、ドレイン持ちにできるので緊急回復の手段にも使えなくもない。
復讐状態で実質1コススペルになるが無理に狙う必要はないだろう。
復讐軸のカードを混ぜたいときに。特にリスクが大きいナルメアと一緒に採用するといいかもしれない。
チョイスカードを手札に加える4/3/3。
基本的にデビルソングのほうをチョイスする。3コス2点AOEで、本体が生きていれば3点AOE。除去は大事。
メイドのほうは本体を進化させ、ラスワで2点回復できる。一気に出すと4/5/5突進+2/2/2。
このデッキで直接召喚するのは難しいが、ポン置きでも普通に強い。
癖の強い除去要員。入れとくとたまに仕事したりするから抜きづらい。
復讐時の進化効果はマゼルベイン効果と合わせるとそのまま勝利につながりやすい、かも。ギャンブルだが。
アクセラ3で相手の顔込みで1点AOE。本体出すと8/5/5に相手の顔込みで2点AOE。
デモンストームとか大悪魔の腕とかアイドルの歌とかプロバハでよくね?とも思うが資産が足らなければ採用するのもいいかもしれない。
アクセラレートは使わない。
単純にゼウスがローテ落ちしている現状、希少な大型疾走なので10ターン目以降にもつれ込んだ際のフィニッシャー役を期待する。コンボもクソもないマゼルベインデッキでは単騎のパワーの高さが重要なので、インプランサーよりもパワーが高いのは強い。
ポン置き大元帥は当然このデッキでも強い。
置いたターンの終了時にマゼルベイン効果で2点、
次ターンにスタッツの上がった倉木のパンチで8点
倉木の追加ダメージで5点
さらにターン終了時に2点
なんとびっくりこいつ1匹で17点だ
6/5/5で2枚ドローし、その時に引いたNカードの枚数×2の分相手の顔にバーンというぶっ壊れカード。マゼルデッキではNカードを採用することが多いので、4点バーンにもなりやすい。第2のブリンディと言っても差し支えない。
  • その他エンハンス・チョイスフォロワー
ギルティブラッドメイデン・ブラー』は1/1/1or5/3/5守護2点回復フォロワー。闇は相性は悪いが状況によっては5ターン目に。
硝子刃の悪魔?』は2/2/2or5/5/5。エンハンスのとき復讐状態の2点回復とそうでないときで2点自傷に注意しよう。
デビルレイダー』は2/1/3守護or7/5/7守護。復讐状態ならさらに+1/+1。腐りにくい守護が欲しいときに。

ネクロマンサー

常闇の梟など。リアニメイトを狙う余裕はないのだが、単純にコスパがいい。特に手札に被ったマゼルベインや終盤の低コストフォロワーを有効活用する数少ない手段なので、割と貴重。
8/6/6で能力は潜伏のみだが、単純にこのサイズの潜伏というだけでマゼルベインと相性がいい。
また、アクセラレートにより序盤のドローソースにもなる。万能型。
擬似竜の峡谷である奈落の冠、低コストバフスペルである凶暴化、どちらも優秀で相性がいい。
基本はヘルロードを選択。顔面に合計5点飛ばしてフィニッシャーになることも時々ある。
また、4コストで出しても最低限の仕事はしてくれる。普通のデッキではゴミ扱いだが、ピン挿ししかできないマゼルベインハイランダーではこの柔軟性が結構使える感じ。
通常デッキでは微妙扱いの沈黙勢だが、このデッキでは割と使える。
従者と信者は純粋にエンハンス持ちの小型フォロワーという点で使いやすい。従者の特殊能力はあまり刺さらないが、刺さる場面では強烈に刺さる。信者もエンハンスして中型守護になれるので、ゴブリンマウントデーモンと似た感じで使える。特殊能力もまあまあ。
使徒は守護限定とはいえ確定除去なので弱いわけがない。単純にフォロワーとして使う以外にも、大型フォロワーが残り相手が守護を張って様子見してきた場面で4コス除去として使ったり柔軟性がある。
粛清は言わずもがな、単体除去を厚めに入れたいマゼルベインでは是非とも入れたい。1コストで打つ場面もそれなりにある。
なお、残念ながらこの構成だと親玉が一番抜かれやすい。いや、弱くはないので入れておくとそれなりに使えるけどね?
ネクロマンサーでは希少な疾走フィニッシャー。他にあまりネクロマンスを使う先もないので、10ターン目には大体墓場10が溜まっており、進化権がなくても顔面10点飛ばしてくれる。少々もったいないが、普通に5コスト突進として使ってもいい。
なお、何かの間違いで生き残ってターンが返ってくると7点2回攻撃で14点になる。
マゼルベインプレイ後ならば、ネクロマンス効果も合わせて+5/2もの修正が入り、一気にバーンダメージが大きくなる。

ネメシス

かなり構築が難しい。
「アーティファクトをデッキに埋める」系カードはほぼ全て採用不可なので、必然的にアーティファクトネメシス路線は封じられる(歴史を知る者ピン挿しなどはできるので全く入れられないわけではない。プライムアーティファクト自体はマゼルベインと相性がいい)。
基本的には操り人形型が中心になるだろう。奮励の儁秀・シルヴァなど、ピンポイントで相性のいいカードは何枚かあるが、全体通してマゼルベインと際立って好相性なカードが少なめなのが難点。

ただし、あまり複雑なコンボを考えずとも、「盤面処理が得意」というネメシスの特性がマゼルベインと非常に噛み合っており、実は使ってみると意外とやりやすい。
全体1点AOE+任意の相手に1点×2。とにかくこれがマゼルベイン効果との相性が抜群にいい。他のクラスではなかなか対処に困る体力3が大量に湧いて出てきても楽勝で処理できる。
通常では微妙扱いの大型守護だが、マゼルベインデッキでは非常に頼れる存在。7/9守護として盤面をしっかり守りつつ、ラストワードで操り人形を残してくれるので後続の処理も楽にしてくれる。
もちろん通常デッキの神スペルはここでも活躍。マゼルベインの天敵である体力3を消しつつ、さらに操り人形もゲットできるのが強力。
最近流行りのマナリアの防陣で大量に出てきた守護クレイゴーレムとかも一瞬で片付けてくれる頼れる兄貴。
本人のスタッツも高め。
「え?毎ターン1体しか出せないのにどうやってアーティファクトのコスト下げるの?」と思うかもしれないが、アーティファクトなしでも「破壊無効・必殺」だけで実は十分強い。
進化してマゼルベイン効果が発動すると、5/8必殺。破壊スペルで取れない体力8は思ったよりも相当ウザい。
また、操り人形で相手の体力調整を繰り返す関係上、それなりにアーティファクトのコストも下がる。専用デッキよりは流石に遅くなるが。
単純に5/4/4守護自体がフォロワーを並べられないマゼルベインハイランダーではそこそこ頼りになるが、本命はギルガメッシュ
大型疾走のほとんどいないネメシスにとって、フィニッシャーとなりうる大火力は非常に貴重。
ただし、共鳴調整なしの後攻だと、5ターン目非共鳴→6ターン目マゼルベイン→7ターン目非共鳴……なので、出すチャンスがかなり絞られることには注意。
  • 断罪者・シルビア?
アクセラレートでのAOEも便利だし、選択不可守護顔面バーンもかなり落とす手段が限られるので強い。アクセラレート時に進化権を食うことに注意すればいつ引いても腐らない。

苦手な相手

  • ネクロマンサー全般
マゼルベインより早い5T目あたりから横展開が始まるのでマゼルベインを置く隙ができにくい。
さらにはこちらの大型がビッグソウルハンターや呪われた忠誠などであっさり除去されるのも困りもの。
  • ギガキマウィッチ
単体処理が得意すぎてこちらの大型フォロワーが全く機能しない。
はい握撃、はいブラスト。
そして軽く除去された返しでのフレデス複数設置がかなりきつい。そうとう都合よく手札が揃っていないとほぼ返せない。
最近は真実の宣告なんていう回復カードまで手に入れやがって、毎ターン2点ダメージもそれほどプレッシャーにならない。
最後もこちらの大型を0コス握撃で除去ってギガキマどーん。
ほぼ詰み対面と思って間違いない。
  • マナリアウィッチ
8〜9ターン目ぐらいに3/3や4/4がズラズラ並び、守護クレイゴーレムやガーディアンゴーレムも大量に湧いて出てくるため、盤面処理が全然間に合わない。10ターン目のアンの大魔法までに勝負を決めるのはかなり難しい相手。
  • セラフビショップ
こちらが置いた大型に輝く熾天使・ラピスがぶつかって来て相打ち、もしくはヘルス2以下で生き残り、次ターンにこちらのマゼルベイン効果で勝手に死ぬ。
そして相手ターンでカウント加速3枚使われて負ける。
非常に困る相手。
幸い滅多に見ないが、高スタッツ単騎プレイが中心になるマゼルベインには天敵と言える存在。
クロノスロックエルフとか相手だとマジでどうしようもない。対策と言える対策もない。

このページへのコメント

今の「ネタ寄りの割には勝てるデッキ」の印象を保ってほしい
正直ネタ扱いできるほど弱くないから流行ってほしくない

0
Posted by 名無し(ID:JnOgatw2eg) 2019年01月30日(水) 18:01:56 返信

いつもマリガンで悩む。2コストキープした方がいいか、無理してでもマゼルベイン探しに行った方がいいか。

0
Posted by 名無し(ID:SBzy1DKXTw) 2019年01月30日(水) 15:57:47 返信

あえて言えば2ターン目でアミュしか置けないみたいなテンポ損必至の場面以外ではカーブ通りの動きをする、自然とpp余ったら出てくる、みたいな使い方ならワンチャン?

0
Posted by 名無し(ID:2bWeU80sAw) 2019年01月23日(水) 02:22:22 返信

黄金都市入れてアンリミ杯行ってみたけど、正直相性微妙な気がする。黄金都市ビショップが怖いのって豊富な除去アミュレットを怒涛の勢いで出してきてこっちを封殺してくることなのに、マゼルベインだといいとこ数回しかアミュレット加速効果働かない。枠割くほどの価値があるとは思えなかった。

0
Posted by 名無し(ID:6Q1B0UVfdg) 2019年01月17日(木) 18:55:52 返信数(5) 返信

ブローディアのリーダー効果用くらいかな

0
Posted by 名無し(ID:QOkBzCN7Ow) 2019年01月17日(木) 21:26:52

中途半端に黄金都市寄りの構築するより、キッチリ2ターン目取った方がなんだかんだ安定する

0
Posted by 名無し(ID:biryAHWnhw) 2019年01月17日(木) 21:46:32

デッキの圧縮、ブローディア、加速効果数回でも働けば相当仕事してる方でしょ

0
Posted by 名無し(ID:QioNAi/hOQ) 2019年01月19日(土) 10:13:22

伝説の幕開けカウント無駄遣いするし、ぶっちゃけ邪魔。圧縮とか加味しても2ターン目放棄するデメリットの方が大きいと思う。

1
Posted by 名無し(ID:6Q1B0UVfdg) 2019年01月19日(土) 11:36:12

というか、フォロワー召喚系アミュレットは虎とか鳥とか呼んでも邪魔にしかならないから、いいとこ白牙の神殿、いにしえの聖域、白龍降臨ぐらいしか入らないのよね。で、除去アミュレットも異端審問、死の宣告、禁じられた儀式、邪神礼賛、神魔裁判所ぐらい。ドローソースをほとんど入れられないマゼルベインだとブローディア含めて3、4枚引ければいい方かな。正直この辺厚く積むぐらいならエグゼキューションとか除去スペル厚く入れた方が立ち回り楽だと思う。

0
Posted by 名無し(ID:6Q1B0UVfdg) 2019年01月19日(土) 11:47:56

今さらだけどどこにもローテの話って書いてないから聞きたいんだが、竜の伝令で確定サーチできるよな?

0
Posted by 名無し(ID:UODqi6YbYw) 2019年01月15日(火) 17:34:14 返信数(2) 返信

できるけど、コスト6以上をマゼルベインしか入れられなくなるのは致命的すぎるから使うのは無理だと思う。

0
Posted by 名無し(ID:6Q1B0UVfdg) 2019年01月15日(火) 19:10:06

いや確定サーチする手段はないって書いてあるから聞きたかっただけなんやすまんな

0
Posted by 名無し(ID:uyl8ydpK5Q) 2019年01月15日(火) 21:29:38

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除