健全なシャドバスレのwiki



無の棺の図


サンプルデッキ


ファンファーレに親を殺されたので作りました。
※このデッキは(RSC期)のデッキです。

採用カード

主役

彷徨の詩人・エルタ
ファンファーレを封じる効果を持つ唯一無二のフォロワー。アミュレットも対応しているエルタの影響力は馬鹿にならない。
進化で+1/+1しかされず守りづらいので潜伏させるか守護でごまかせ。リメイクしてほしい
不死鳥の女帝
ファンファーレでフォロワーに潜伏を付与できる女。これでエルタを隠し詰みを狙う。
サンプルだと3枚だが何枚も来ると邪魔なので二枚のほうが絶対良い。
コンボの際は絶対にエルタを先に進化させてはいけない(1敗)

補助カード

カード名説明採用数
蛇竜の契り庭園下で使ったり強引にティアマトを探したりする3
万華の鳳凰まんげ。不死鳥の女帝のコストが重すぎるので採用。回復もクソザコな序盤をごまかせていい感じ3
竜の託宣いつもの3
ドラゴニックコール不死鳥の女帝をサーチできる3
神託の大天使・ガブリエルファンファーレ持ち、PPを使い切ってくれる有能
ラスティナをバフしてそのまま轢き殺すこともある
2
毒尾のドラゴンマイフェイバリットカード。必殺守護のポテンシャルは高い。
ダゴンはこれで何とかしろ
3
水鱗の猛者不死鳥の女帝やガブリエルとの相性は良好。
比較的マイナーなので相手のプレミを誘発しやすい。
これとエルタと守護を置ければ勝てる(と思う)
2
ドラゴニックレイジ強い3
天穿の銃槍騎・ラスティナ攻め手に欠けるデッキのためこれで顔を削ろう3
ティアマト・マグナファンファーレ持ち。申し訳程度のアグロ対策。結晶でエルタを守り、
次のターン守護で固める事も出来なくはない。はい虹
3
気高き雷・ロマロニアRSC要素。ファンファーレを持たず、突進必殺で盤面に即触れてえらい
しかし毒尾のドラゴンにバフをかけ落涙する
3
未来への飛翔ドロー感覚で使ったり、
EPが切れてエルタに進化を切れない事態を解決する
3

採用検討枠

竜の伝令不死鳥の女帝を確定サーチにすれば早めに潜伏エルタが出来るが、構築が厳しいか
オルカの大渦エルタ後の大量展開。いつ使っても弱い
竜の助言まんげと相性が良い大量ドロー
竜の誕生ティアマトはエルタでゴリアテ化するので、それでも回復したいならあり?
戯曲の竜剣士エルタとは非常に相性が良いが、そうでないと腐りやすい
ゲオルギウス進化効果だけで採用する価値はある
氷獄の顕現後攻で使える。ただの8/8守護も選べるよ

マリガン

竜の託宣,エルタはキープ
アグロ想定ならティアマトキープ
ドラゴニックコールはエルタか万華の鳳凰がいたらキープでいいんじゃない?(適当)

プレイング

何とか耐えて潜伏エルタを決める。以上

相性

対エルフ
エルタ刺さる度:
どちらのリノセウスも攻撃力上昇はファンファーレであり、
潜伏エルタを決めてしまえば1疾走しかできない。エルフクイーンは…ナオキです
対ロイヤル
エルタ刺さる度:
抜刀術はスペルであり、エルタは無力。しかしミストリオンには対応できると信じている。
対ウィッチ
エルタ刺さる度:
最近のウィッチは生き物スペブが中心、故にエルタはぶっ刺さり超越をボコボコにでき…ない
実際は早すぎてメガネにエルタが間に合わないことも多い 悲しい
だが潜伏エルタを決めてさえしまえば、一番愉快なマッチアップであることは間違いない
対ドラゴン
エルタ刺さる度:
ダゴンには何も刺さらない
対ネクロ
エルタ刺さる度:
場に出たときやめろや、エルタ刺さらんやんけ
またグレモリーのデスタイラントは封じれるが冥府への道は無理と微妙
ここは骸ネクロに期待しよう。アミュ破壊できない骸の王なんて雑魚ゾ。早めに進化させたいし潜伏は忘れよう
ちんたらしてるとデスブリンガーが出てくることだし…
対ヴァンプ
エルタ刺さる度:
大体狂乱。ターン終了時効果が多くランダム3点の存在。これは厳しい
エルタは忘れよう
対ビショップ
エルタ刺さる度:
フォロワーよりはアミュレットに刺さる印象
基本教会だと思うが、一度ヘイブンファイアを生成されてしまうとエルタの生存は絶望的
対ネメシス
エルタ刺さる度:
AFはファンファーレが少ない
死ゾ

まとめ

ファンファーレなんて要らない…

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集




クラス別カード一覧




【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
ダイたちの前に現れたハドラーは、これまでとは比べものにならない強さを有していた。強靭なパワー、魔族の身体と引き換えに手に入れた呪文を使う力、そして何よりアバンの使徒を必ず倒すという強固な覚悟……。ダイは竜(ドラゴン)の紋章の力を全開にして立ち向かうが、心身ともに成長を遂げたハドラーを相手に苦戦を強いられてしまう。追い詰められたダイは、切り札となるダイの剣でアバンストラッシュを放つ。