精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

マーフィーの法則とは、「失敗する余地があるなら、失敗する」、「悪いことの確率が低くても、何度か繰り返せばいずれは悪いことが起こる」といった、滑稽で悲しくなる経験則である。
有名なのは「マーガリンを塗ったトーストを落としたとき、マーガリンを塗った面が下になる確率はカーペットの値段に比例する」だろう。
このような悲惨な出来事は、実際の確率よりも多く遭遇しているように感じる。それは、出来事が印象に残りやすいのでそう思うだけで、実際はそこまで頻繁に起こっていなかったりする。以下に、シャドバにおけるマーフィーの法則の例を挙げる。

シャドバのマーフィーの法則の例(追記大歓迎)

・マリガンしたカードが帰ってきた。*1
 └トップのドローでも来て、マリガン前とあまり手札が変わらない。

直接召喚のカードを素引してしまう。
 └毎回引いてしまうので枚数を3枚→2枚に減らすが、それでも1枚は引く。

・やけに後攻になっている気がする。
 └それならばと後攻デッキ(エイラや進化軸等)を選択すると、先攻になる。

・環境に多いデッキをメタったデッキを作るも、環境デッキに当たらない。
 └しかも当たるデッキが想定外すぎてガン不利。
  └こちらもデッキを変更すると、環境デッキに当たるようになる。

・マリガンで3コスはあるけど2コス以下がない時、全返しすると全てが4コス以上になって帰ってくる。

・ピン挿しのカードが3枚積みのカードよりも引いている気がする。

・スキンカードが被る。
 └もちろん、欲しい方ではない。
  └その上無駄にプレミアムだったりして「お前じゃねえええええ!!!!!」

・グランプリで3連勝して「これは5勝も見えるな」と思っていたらそこから2連敗してグループ突破もできない。
 └pickやopenでもよくある

・「これは勝ったな」と安心できる状況から、「これしかない」といった動きを連打されて逆転負けする。(相手の手札がフェアリー6枚と何かの7枚で、こちらの盤面もそこそこな時に、アマツ→対空→アマツ→フェアリーでこちらの盤面処理されて守護出されて次リーサルされる等。残りの1枚が対空でトップアマツでない限り勝ちだったのに)

このページへのコメント

一時期トップページのコメント欄に大量発生してたキチゲ発散組達への当て付けするためだけに作られた記事
それ以上でもそれ以下でもない

0
Posted by でっていう 2020年02月11日(火) 00:06:05 返信

おんーなのこって強いねん

0
Posted by 名無し(ID:6Hv88dPS6A) 2020年02月06日(木) 18:07:53 返信

その場面でしか刺さらないだろというようなマイナーなカードを相手が何試合も連続でデッキを変えてもピンポインで使ってくる。結構マイナーなデッキを使ってるはずだけど

0
Posted by 名無し(ID:EJ5fBynaFA) 2020年01月31日(金) 03:48:34 返信

やたら○○するなと思って確率調べると確率やたら高くてそんなもんかって思う時はある
マーフィーの法則とはちょっと違うかもしれんが

1
Posted by 名無し(ID:/efewBkUEg) 2020年01月28日(火) 19:44:49 返信

開闢使うとピンなのにやたらと引く気がする
あと手札溢れるときにほしかったカードがちょうど燃えたりする

0
Posted by 名無し(ID:LNrdadkJvQ) 2020年01月28日(火) 03:11:47 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
ただいまトップのコメントを閉鎖する実験ちう