精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

http://games.kids.yahoo.co.jp/sports/013.html

くまのプーさんのホームランダービー!とは、2008年夏に提供を開始したyahoo!きっずディズニーのミニゲームの一つである。元々は、某D社の公式ホームページのゲームサイトにて遊べるブラウザゲーム。
突っ込みどころ満載ぶりと超絶難易度によって多くのホモたちが
「オウルボール打てねえ」
「パワプロの昇級試験よりムカつく」
「100エーカーの森にガソリンまいて燃やしたい」
「課金するからピッチャー返しと乱闘機能追加しろや」
「ピグレットでいいから横浜にくれ」
などの悲鳴をあげつつ、阿鼻叫喚の地獄に叩き込まれ、貴重な正月を潰してしまったという恐るべきFLASHゲームである。

概要

100エーカーの森のゆかいななかまとホームランきょうそうをしよう!
 くまのプーさんをじょうずにそうさして、ホームランを打とう!!

ゲーム内容はファミスタの簡素版でプーさん(以後はプニキ表記)を操作してひたすらホームランだけを狙うゲームなのだが・・・
  • プニキのスイングスピードが異常に速く、慣れるまでに時間がかかる。
  • 守備陣はピッチャーとキャッチャーしかいない。
  • フェアグラウンドに球が落ちたらヒット扱いだが、ファール・ストライクと同じ0点扱い、つまり実質ホームラン以外は無価値。
  • 両翼・左右中間・中堅までの距離が全て約100mという明らかに計測ミスの球場。
  • 超人ウルトラベースボールを想起させる100エーカーの森のゆかいななかまのピッチング。
  • 陽気なBGMとは裏腹に非常に鬼畜なゲーム内容。(特にStage6以降)
  • ちびっこ向けのゲームとは思えない難易度。ちびっこ向けのはずなのに漢字には一切ルビがない。
  • Yahoo公式曰く「名人向け」「難易度☆5(最高)」

等とツッコミどころが多い。ちびっこ向けのミニゲームだが、超速スイングに順応出来ない初心者はどのタイミングで振ればいいのか掴めず凡打の山を築き、一面で挫折する人も多い。コツとしては球をギリギリまで引きつけて気持ち遅めにスイングすると結構飛ぶらしい。あと瞬間クリックだとプニキはスイングを途中で止めてしまうのでクリックは長押し推奨。
フリーゲームながらわりとやりごたえはあるのでヒマな人はチャレンジしていただきたい。むしろダメジャーよりかはよっぽど野球をやっている

ゲーム内容

  • ステータス
プニキの通算成績・ステータスが閲覧出来る他、試合で得たボーナスポイントでプニキの育成も可能。はちみつをキメることで、パワー・ミート・スピードを上げることが出来るが、スピード以外は育てても変化が分かりにくい。
デフォステでもプニキにはパワーがある(加えて球場が狭い)為、ミート、スピードを中心に育てるプレーヤーが多いようである(スピードを鍛えないと内外に投げ分けられる球を追っかけられない)因みにスコア狙いのプレーヤーは飛距離も出す必要がある為、パワー育成も不可欠である。
  • プニキの対戦相手たち
Stage1 イーヨー
10球中3球ホームランを打てばクリア。イーヨーの球はそんなにブレないので落ちついてミートすれば楽なステージ・・・なのだが、前述の通りゲーム始めたてのプレーヤーはプニキの超速スイングに慣れておらず、意外とイーヨーで失敗するプレーヤーは多い。兎に角このステージはプニキのスイングスピードに慣れることが重要である。

Stage2 ランピー
15球中5球ホームランを打てばクリア。イーヨー同様あまり球はブレないが、変則モーション故リリースポイントを見極めるのが若干難しい。プニキのスイングスピードに順応していなければやはり苦戦を強いられることになる。

Stage3 ピグレット
20球中8球ホームランを打てばクリア。このあたりから球が速くなりコースもブレだす。球の速さに対応出来ない人はステータス育成でスピードを強化すれば難度が下がる。
しかし、このときプニキはまだ地獄の一丁目にすら入っていなかった・・・

Stage4 カンガ&ルー
25球中12球ホームランを打てばクリア。プレーヤーキラー1号。ここから難易度が跳ね上がる為地獄の番人とも呼ばれる。上下に揺れる変則的な球(「ドラベース」のホワイトボール的なもの)の他、緩急も使ってくるので非常に打ちづらく、ここで挫折するプレーヤーは数知れず。球は上下に揺れるだけなので球筋を見極めてミートすれば打てる(このゲームにはハイローの概念がない為)無理ならばステータス強化で強引に突破するしかない。

Stage5 ラビット
30球中15球ホームランを打てばクリア。初速が遅く、中ほどで急加速する魔球(「あばれ!隼」のミラクルZ的なもの)を操る…しかしこの魔球、球が遅い間にミートを合わせる事ができるので急加速に慣れたら他のステージに比べ易しい。その為経験値稼ぎには重宝されるらしい。難易度が急上昇するStage4以降で唯一のオアシスである。

Stage6 オウル
35球中19球ホームランを打てばクリア。プレーヤーキラー2号にして本ゲーム最強のプレーヤーキラー。カンガ&ルーの揺れる魔球の横揺れ版(ワイドホワイトボール、もしくは「キャットルーキー」のウィザードバイパー)その魔球の性質故、ただでさえ狭いプニキのミートは大幅にずらされ凡打の山を築かされる。パワーをMAXまで育てても内野安打にされる畜生ぶりである。某所でもこのステージで詰まるプレーヤーが数多く、プレーヤーからはオウルニキ、オウカスと称され恐れられている。攻略のポイントは変化の中心を見極めることらしい。また、バットの内よりは端で打った方が詰まっても強引にホームランに出来る事が多い。

Stage7 ティガー
40球中28球ホームランを打てばクリア。プレーヤーキラー3号。プニキの親友であり、一応ラスボス。猛虎魂溢れる虎であり、野球漫画ではおなじみの消える魔球を操る。ラビットと違い終始速い球に加え、ティガーの球は相当荒れるので非常にミートが合わせづらく、プレーヤーは振り遅れ、早振りを連発してしまう。一旦ズレると修正がやや困難な事も、このステージの難しさに拍車をかけている。さらに遊び球も減ってクリアボーダーは7割。オウルニキと同様、ここで詰むプレーヤーが多い為ティガニキと称され恐れられている。

Special ロビン
通称ロビカス。
このゲームの裏ボスにしてプニキを始めとする100エーカーの森の仲間たちを産み出した創造神。5歳児。39本ホームランを打たれても決して負けを認めないド畜生。
球種は今まで戦ってきた森の畜生共の球からランダム。しかも緩急自在、インアウトを投げ分けるという大正義ぶり。あの球を投げ分けられるロビンは一体どれほどの才能の持ち主なんや・・・(困惑)
そのぐう畜ぶりもあってか、なんJ民からはロビカスと呼ばれる他、4chanの外人達からは「Satan(魔王)」 だの「Dark lord(暗黒卿)」だのと恐れられている。
しかしそんなぐう畜も倒しているプニキがいるのだから世界は広い。ほんまもんの男やね・・・

詳しいことは↓のサイトを読んでどうぞ
http://wikiwiki.jp/livejupiter/?%A5%D7%A5%CB%A5%AD

え?シャドバのカードの説明しろ?立たせてやるか、しょうがねぇなぁ・・・

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
現在wikiのメンバー募集はしてません
というか編集自由にしてるからメンバーになるメリットがないです
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ