精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


第二弾構築済みデッキ「真紅の契約」ver

血の契約、黄金の盟約

性能

ベルフェゴール
コスト4フォロワー
クラスヴァンパイア
タイプ-
レアリティレジェンド
パックTOG
CV安済知佳
進化前
攻撃力4体力4
ファンファーレ カードを2枚引く。その後、復讐 状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。
進化後
攻撃力6体力6

解説

このカードを出すと強制的に復讐状態になる。そのため、復讐状態を保ちながら戦う復讐ヴァンパイア?では復讐状態にするためのキーカードとして重宝される。
自発的に復讐状態になれるカードはベルフェゴールとソウルディーラーのみで、騒乱後期の復讐ヴァンパイアはベルフェディーラーの2人体制で復讐状態になっていた。
しかし優先度で言えばこちらの方が断然上。2枚のドロー体力が10以下ならノーデメリットで出せることがディーラーとの最大の差である。お陰でディーラーより圧倒的にプレイしやすく、ディーラーがデッキから抜かれるようになったWLD期以降の復讐ヴァンパイアでも抜かれることなく3積み必須のフォロワーとして輝き続けた。

相性の良いカード

彼女と相性が良いカードと言ったら真っ先にこのカードが思い浮かぶだろう。
4ターン目にベルフェをプレイできれば、5ターン目には確実に3体の展開が可能となる。
この動きが復讐ヴァンプの理想であり、この動きを綺麗に返せるクラスは少ない。
コイツをガチカードに昇格させたのは間違いなくベルフェのお陰だろう。
3、4ターン目に悪魔→ベルフェとプレイするのが強力で、盤面に4/4を2体並べつつ復讐状態になれる。
この動きが強かったのもあり騒乱後期には復讐ヴァンパイアが使用率上位を占めた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除