精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

ハンデスとはTCGにおいて手札破壊効果のことを指す。「ハンド・デストラクション」を略してハンデス。
ほぼ全てのカードゲームにとって手札は最も重要なアドバンテージであり、これを失うと行動すらままなくなり敗北へ直結する。
そのためハンデスは通常の盤面除去やデッキ破壊より強力な効果としてTCGプレーヤーには認知されている。

有名どころを上げるとカードゲームの祖MtGの「黒青コントロール」、遊戯王の「ハンデス三種の神器」あたりか。これらはそれぞれのカードゲームで暴れまわり過剰なストレスをプレーヤーに与えてきたので蛇蝎のように嫌われている。枚数制限や使用禁止を食らったカードも多い。

シャドバでは

シャドバにおいては「ハンデス」に該当するカードは存在しない。自ら手札を捨てる「ディスカード」や「葬送」と呼ばれるカード群はあるが相手の手札に干渉する手段はシャドバではほぼ存在しない。(手札コストを上げる沈黙の絶傑・ルルナイくらいか。)
理由は諸説あるがゲームデザイナーのMYSTがMtGプレーヤーなのでそのストレッサーぶりを熟知してあえて外していると考えられる。これはシャドバにおける数少ない良心とも言われている。
次元の超越が暴れてた頃は「ハンデス実装しろ」と言う人もいたが「ハンデスの方が100倍ストレスなのでNG」と返されてた。
今後もシャドバでハンデスが来ないことを祈ろう。




来 ち ゃ っ た



第11弾「次元歪曲」にて登場の氷獄の王・サタンより呼び出せるトークンカード、辺獄の悪鬼にて「相手リーダーは次のターン開始時、手札をランダムに1枚捨てる」というハンデス効果が登場。しかもファンファーレのリーダー付与効果なので回避は不可能。
サタンからのトークンカード(それも13枚のうちの1つ)なので実戦で撃たれる機会はそう無いと思うが、前例が出来てしまったので今後ハンデスが通常の構築カードにも登場する可能性はある。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
現在wikiのメンバー募集はしてません
というか編集自由にしてるからメンバーになるメリットがないです
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ