精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


我はネクサス。世界に調和を齎さん。

概要

イリスの手によって呼び寄せられた、彼女たちが暮らす世界の「管理者」。管理者はユアンのいた世界などにも存在しており、その中では「安寧」を司っている。
顕現する際にはアリサの親友ロザリア?が依代となった。
シャドウバースのメインストーリーである災いの樹編のラスボスと呼べる存在である。
ちなみにストーリー中で何度も戦うこととなる虚の影は彼女の眷属ぅ。
ストーリーでは顕現した後世界を破壊するまでの間、人々を夢の世界に閉じ込めようとしたが、アリサ達が夢の世界は偽りでしかないことに気付き覚醒したため失敗する。
その後は異世界よりユアンも合流し彼ら8人により打倒されるが別の世界に逃れ、その際にアリサ達の世界を眠りにつかせ静止させた。
そして「管理者」の手がかりを掴み世界を静止から救うためにアリサ達はユアンの手を借り、別の次元に飛び立つこととなった。

ストーリーにおける使用デッキ

災いの樹アリサ編8章

ここでは様々なクラスのカードを詰め込んだデッキを使用してくる。
戦術としてはフェアリーフォレストバット等といったトークンを生成するカードを多く用い、それらを骸の王の生贄にしたり竜化の塔によって変身させてくる。
特に骸の王は最速3ターンで降臨するため、処理手段がなければそのまま敗北することもあるので注意が必要。

災いの樹ユアン編6章

ここではアーティファクト主体のネメシスを使用してくる。
使用するカードはベーシックカードや時空転生のブロンズ・シルバーカードがメインであり、挙句の果てにはファイカスゴリアテといったバニラも使用してくるため、デッキパワーはあまり高くない。
ある程度まともにネメシスデッキを組んでおけば楽に撃破が可能である。

災いの樹編−最終章−11章

12章はバトルが存在しないため、これが災いの樹編のラストバトルとなる。
プレイヤーは、ここではネメシスを除く全てのデッキが使用可能。
ネクサスはユアン編と同じくアーティファクト主体のネメシスを使用してくるが、サブとして他クラスのパワーカードを投入しており、まさにラスボスに相応しいデッキとなっている。
また、ユアン編の時とは違いデウスエクスマキナといったゴールドレア以上のカードもちゃんと使用してくる。
マグナレガシーバハムートといった全体除去も積まれているため、迂闊に並べると場が一掃される。
さらに夜の令嬢・セレスフロントガードジェネラルも使用してくるため防御力も高い。
これだけ見れば強力な相手であるが、残念ながらCPUが共鳴を使いこなせていないためデウスエクスマキナによってデッキ切れを起こすこともある。

リーダースキン

メインストーリーの災いの樹編−最終章−12章をクリアすることで、ネクサスのリーダースキンを入手可能。ネメシスを使う際に使用できる。特別スキンにもかかわらず無料で使用できるサイゲの良心。
しかしながら挨拶エモートのセリフが「フフフ…」であるため、まともに挨拶できないコミュ障扱いされている。
ちなみに英語版でも挨拶エモートは笑い声であり、「フフフ…」というよりは「ンッフフフフ…」といった感じ。
また、スレに「フフフ…」と書き込むと精神崩壊したカミーユ(というガンダムのMADネタ)になぞらえて、「S○X!」や「やめないか!」等と返される。

おまけ

このページへのコメント

ネクサス登場シーンの時がエヴァを思い出す
そしてその時のおっぱいがエロい

0
Posted by 名無し(ID:cPAvw5FgfA) 2020年02月03日(月) 08:48:49 返信

あからさまなプレミをしたときにフフフされたゾ

32
Posted by 名無し(ID:Kj7f0hwTgA) 2019年04月11日(木) 15:00:43 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
ただいまトップのコメントを閉鎖する実験ちう