精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

トークン(token)とは、英語で「代用貨幣」の意味。転じてカードゲーム用語では、場にあるカードの代用として出される物体のことを指す。
TCGでは何らかの効果により、大量のユニットが発生することがある。
例えば、使いきり呪文によって大量にモンスターが発生する場合や、能力によってカードのコピーが発生する場合などが該当する。
このようなオブジェクトは本物のカードを使うのではなく、カードの代わりを使用して表現するのが普通で、このために使う物体のことをトークンという。
紙のカードゲームやったことある兄貴なら使わないカードスリーブやコインを場に並べた経験があることだろう。ファングッズとしてトークンに使う用のカードが公式から発売されたりするが、基本的にルールで何を使うよう指定はされないのでトークンカードを自作して持ち込むのも楽しい。ちなみにデュエマでは代用品を使わないと表現できないことをきらい、トークンは極力作らない方針らしい。

シャドバでは

実体のカードが無いデジタルカードゲームのシャドバでは、普通のカードもトークンも等しく表示することが出来るのでこのような代用品という意味は薄く、「カードの効果で生成することが出来るカード」のことを指す。
紙だと煩雑なトークンもデジタルなら自由自在なので他のカードゲームより多用されている。
パックに収録されておらずトークンとしてしか使えないカードも多い。また各クラスごとに色んなカードから出てくる定番トークンがおり、環境が変遷しても常によく見かけるプレイヤーにとっておなじみの存在だったりする。最近では過去のカードをトークンとして登場させる例も多い。ファンサービスのようなカードもあれば過去のトラウマを彷彿とさせられるカードも。

各クラスの定番トークン

親の顔より見た羽虫。エルフの根幹を支える存在である

「ナイト」とついた軽量級の兵士。何かのついでについてくる。

ンゴゴー! 他にも「ゴーレム」とつくトークンが多数いる。

そのまんま。5/5と強力なフォロワー。たまにウィッチにも出張する。最近は海産物代表としてオルカもよく出てくる。

ファンタジーでおなじみのアンデッドたち。特性は様々だがとにかくワラワラ湧いてくるのが特徴

けんぞくぅ!でおなじみ蝙蝠。一部でおっさんの顔に見えると言われてる。毒蛇?知らない子ですね

「詠唱」シリーズのアミュから出てくる聖獣たち。様々な特性を持つ

  • ネメシス…アーティファクト各種、操り人形
トークンで戦うクラスと言ってもよいネメシスはトークンが非常に多い。「アーティファクト」と名の付くカード群と操り人形が代表的で、どちらを軸に据えるかでデッキタイプが分かれる。
アーティファクトは、デッキに仕込む手間がある分、全体的にコスト比で強力なカードが多い。タイプ:アーティファクトを参照するカードとのシナジーもある。
操り人形は0/1/1突進を活かして除去に回るのが優秀な他、カード効果でさらに強力なフォロワーに変身させたり、疾走を付与して顔面を詰めたりと攻防一体の運用が可能。

第12弾STRで登場したタイプ:機械の基礎カードとして全クラスから出てくるトークン。ニュートラルなので各種N強化パーツと組み合わせるのもよいだろう。また初期からゴブリンもトークンとして出て来る機会が多い。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除