精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


概要

ウィッチクラスに存在する、「デッキが20枚以下なら〜」という条件で追加効果を発揮するカード群のこと。BOS期の暗黒の召喚士才能の開花が初出。その後も細々と追加されROG期現在で5枚が登場している。
構築でのデッキは全40枚もあるので、ゲーム中で効果を発揮するには最低でも10枚以上はカード効果でドローを進めていく必要があり、通常の構築では発動すら困難。専用構築が必要となる。だがその分条件を満たせば、コスト比で破格の威力を発揮するカードたちである。
とはいえ専用構築を組んでも安定した発動は困難であり、環境での立ち位置はあまり宜しくない・・・のはあくまで構築戦の話。
このカード群の真価は2pickでめちゃめちゃ強いことにある。pickではデッキが30枚しかなく、通常ドローだけでも6ターン目くらいには発動条件が満たせるのでただのぶっ壊れパワカとして存分な力を発揮することが出来る。長年2pickで低迷していたウィッチをALT期ではトップメタまで押し上げた立役者*1でもある。
全てpickで出やすいブロンズ・シルバーレアになっていることから、ウィッチのpickでのテコ入れを目的に作られたカード群でもあるのだろう。

暗黒ウィッチ

そんな「20枚以下」カードも構築戦で活躍したことがある。BOS期での暗黒の召喚士を軸に据えた「暗黒ウィッチ」である。
事前評価〜リリース当初ではオモチャという評価でしかなかった召喚士だが、その後研究が進んだ結果、運命の導き精神統一などののドロースペルたちと、魔女の大釜星見の望遠鏡のようなキャントリップ付き土の印を合体させることで、現実的に7ターン目に条件を満たした召喚士が着地出来ることが発覚。さらに大量ドローと相性の良い呼び覚まされし禁忌を組み込むことでテンポロスも克服。暗黒ウィッチが誕生し、Tier1とまではいかなかったがBOS期RAGEでも実績をあげるなど一線級のデッキとして活躍した。
・・・のだが、これが最初で最後の活躍だった。暗黒ウィッチはこれら微妙なバランスのうえに成り立っていたデッキ。次期ローテ落ちで呼び禁や魔女の大釜が落ちるとギガントキマイラ軸に安定性で大きく劣るようになり、あっという間に姿を消していった。

その後も2pickでは存在感を発揮していたが、ALT期に暴れすぎた結果暗黒の召喚士が7→8コストにナーフ。既にほとんど居なかったが構築戦の暗黒ウィッチにも致命傷となった。その後pick掲示を外れた今もナーフが解除されることはなく・・・寂しい限りである。

このページへのコメント

無実の暗黒ウィッチを殺したのはほんと許されざるよ
ウィッチ自体の立ち位置がいいから返してくれないんだろうけどさあ…

0
Posted by 名無し(ID:yYVtq9spRw) 2019年07月18日(木) 09:10:53 返信

わりと現実的に・・ってまた微妙な表現だな(笑

0
Posted by 名無し(ID:IoT/qgEXtw) 2019年07月12日(金) 13:59:14 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんjシャドバ部用語集

【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
無いこともないです