精神削ってまでランクマしなくていいから・・・


性能

ソードウィップメイド
コスト6フォロワー
クラスロイヤル
タイプ兵士
レアリティブロンズ
パックROB
CV木戸衣吹
進化前
攻撃力5体力6
ファンファーレ自分の場に指揮官・カードがあるなら、相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
進化後
攻撃力7体力8
なし

解説

第三弾カードパック「バハムート降臨」で登場したロイヤルクラスのブロンズカード。
とてもイラストアドバンテージに優れ、場に指揮官カードがあるなら相手のフォロワーすべてに1ダメージを与える。スタッツ自体は高いためピックでは出番があるほうだった。現在はスタン落ちしている。

構築編

はっきり言ってとても弱い。
ロイヤルにとって全体除去は貴重なものであるがそれでもこのカードを採用することはまずない。その理由として挙げられるのが
.瀬瓠璽故未足りない
△修發修盪愆官がいないといけない
もっといい全体除去がある

まず,砲弔い討世そもそもこのカードを出す6ターン目に体力1のフォロワーが並んでいる場合はエルフのフェアリーやヴァンパイアのフォレストバットや毒蛇、ネメシスのアナライズアーティファクトやエンシェントアーティファクトネクロマンサーのスケルトンあたりだろう。こう聞くと案外刺さる場面が多そうに見える。がロイヤルはそもそも相手よりも展開して優位をとっていくクラスなので6コスで1点与えるくらいならエンジェルバレットでいい。
△呂燭世任気┷陵僂垢詆要性が薄いのに指揮官が必要という御膳立てが必要になる。この条件いる?
エンバレでよくね?逆境への対処でよくね?嵐の槍遣いでよくね?旋風刃でよくね?

Pick編

Pickでは全体除去や無限リソース、単体で完結している強カードなどが優先して取られる。
全体除去効果を持つソードウィップメイドは指揮官が場にいるという条件こそあるものの一枚で複数の除去を狙え、本人のスタッツも十分に高かったためPickでは割と頼りになるほうだった。ロイヤルの前日を持つカードはほかに逆境への対処嵐の槍遣い?などがあるがゴールドレアのため数がそろいにくいのに対しこのカードはブロンズで複数Pickも狙えたのも大きい。
しかし、フォーマットが分かれて以降、このカードはスタン落ちしてしまいPickからは姿を消してしまった。

イラストアド編

構築ではゴミみたいな性能をしているがロイヤルでもトップクラスのイラストアドを誇る素晴らしいカードである。
正統派なメイド服のデザインを踏襲しつつ白ではなく紺色を用いていたメイド服を着用している。全体的に細身の体でありながら扱いのむずだしいガリアンソードを扱うといった戦闘能力の高さが伺える。

まずはこのガーターベルト。ガータベルトに多く見られるのが、レースやフリルをふんだんに使ったエレガントなデザインである。こういったデザインのガータベルトは、レースの部分には適度な透け感があり、肌を美しく見せてくれるのが特徴なのだ。太ももの部分をすべて覆ってしまうパンティストッキングと違って、肌がチラリと見えるためセクシーッ、エロイッ。細いベルトでとめるタイプは、女性ならではの華奢さや繊細さを感じさせてくれるので効果的だ。その上ベルトがソードウィップメイドの白い太ももを引き立てている点にも注目したい。


続いてはこちら。日本のオーソドックスなメイドでは頭にカチューシャを着けているが、ソードウィップメイドはベレー帽をかぶっている。無表情できつめの印象を与える彼女であるがゆったりとしたベレー帽の柔らかさがきつめの表情を上手いこと和らげている。軍帽のようなデザインから彼女は軍人の屋敷に使えているのかもしれない。個人的にこの澄んだ緑色の瞳の色が好きだったり。

服の上からでもわかる大きさであるが巨乳というよりは美乳と呼ぶにふさわしい。非常にちょうどいい形をしつつ手のひらに収まるかどうかといった大きさだろう。また服が割とぴっちりしていることからスタイルの良さが伺えるほか、腰のベルトがスタイルの良さを引き立てつつ良いアクセサリーとして機能している。

相性の良いカード

  • ペルセウス最もコストの低い指揮官フォロワー。
  • イノセントプリンセス・プリム低コストで潜伏を持つため生き残りやすく効果を発動しやすい。
  • 王家の御旗指揮官属性をもつアミュレットで除去されにくく兵士属性を持つソードウィップメイドの攻撃力を上げられる。
  • カースドジェネラル兵士を疾走させられる。上手いこと守護を除去できれば相手の顔に5点入れられるぞ

余談

彼女の使用している武器は所謂ガリアンソード、蛇腹剣と呼ばれる物の鞭版である。ガリアンソードとは、柄の部分に形状を変えるための機構があり、操作によって自由に剣状と鞭状とを行き来させることで剣と鞭を使い分けることで様々な状況に対応させた武器である。刀身は複数の刃に分割され、それらがワイヤー状のもので数珠繋ぎに連結されている。ワイヤーが巻上げられた状態では剣状を維持し、これを緩ませることで刃は分割され鞭状となる。また、刃を立てた状態で対象に絡ませてから強く引くことで、そのまま切り裂くというワイヤーソーの様な使い方も可能である。また鞭状にして分割刃で相手を切り裂くといった戦法もとれる。
アニメではよく見る武器であり探してみればたくさん見つかる。見ればだいたい想像がつくが非常に扱うのに高い技量が必要になるため、そのキャラの技量をよく表しているといえよう。
ちなみにこの武器を考案した人は自転車のチェーンからヒントを得たらしい

一応、現実世界にはカラリパヤットで使われるウルミというインド発祥の鞭と剣の中間のような武器は存在する。そして英名もフレキシブルソードである。
尤も、此方は柔らかい鉄を鞭のようにしならせた1枚刃の剣あるため、刃を分割している構造ではない。無論、柔らかいとは言っても鞭のように自由自在にとまでは行かない。だが鞭ほどではないが可変性はあり、人体を引き裂くには十分な威力を持っている。 簡単に言えば『金属メジャーの端で指が切れる事故』を攻撃力に転用したもの。
棍棒から多数の節を持つ形態に分割・結合できる多節棍・多節鞭特に「仕込み多節棍」と呼ぶべきものはこれに近い戦術的有用性と構造的問題を持つ。

このページへのコメント

イラストアドについて真面目に語ってるの草生えるわ

0
Posted by 名無し(ID:g2iVFoVZ5Q) 2018年08月11日(土) 15:16:22 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除