精神削ってまでランクマしなくていいから・・・



夕火あぶりの刻、粘滑ねばらかなる

性能

ジャバウォック
コスト8フォロワー
クラスドラゴン
タイプ-
レアリティレジェンド
パックWLD
CV大友龍三郎
進化前
攻撃力7体力7
ファンファーレ:自分の他のフォロワーすべてを破壊する。破壊したフォロワーそれぞれについて、「それよりコストの大きいフォロワー」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。
進化後
攻撃力9体力9
効果なし

フレーバーテキスト&セリフ集

解説

多くの住民にトラウマを刻み込んだワンダーランド・ドリームに収録されたドラゴンレジェンドフォロワー。
非常に豪快なコストの踏み倒しができるが並べやすい低コストでは思ったように高コスが出せず、高コスを出そうとすると並べ辛く、また自身もデッキに存在すればあれば出る可能性があるため活用するには確実に専用構築となるだろう。
場に直接出すためファンファーレが発動しないのは要注意。テンポロスがなく単純に強力な大型疾走と相性がいい。

初期こそネタカード扱いされていたがその圧倒的な爆発力でしばしば環境にも姿を現し、BOS後期の頃はローテTier2の一角を占めていた。(Tier1は人形の独壇場だった…)
またアンリミでは鳳凰の庭園と組み合わせたOTKデッキがそれなりの地位を築いている。
2018年9月末を以て惜しまれながらローテ落ちしたが、すぐにリメイクカードとして再登場を果たした。
悪夢の竜・ジャバウォック

余談

元ネタは「不思議の国のアリス」の続編である「鏡の国のアリス」で登場する詩「ジャバウォックの詩」に登場する怪物である。
初見で何だこのボイス!?とお思いのホモもいたかもしれないがこの「ジャバウォックの詩」は詩全体を通して(「鏡の国のアリス」自体もだが)既存の言葉をぶつ切りにしホモセ(合体)させるという造語や言葉遊びで出来ており(例:粘っこい+滑らか=ねばらか)この言葉遊びをシャドバはフレーバテキスト、セリフともにリスペクトしておりよく出来ていると言える。
ちょっとはこのセンスをカードデザインに向けて、どうぞ

この「ジャバウォックの詩」は青年が森に住む怪物を討ち倒す英雄譚?のような内容の詩なのだが、上記の通り言葉遊びで作られているおかげで、ジャバウォックがどのような怪物なのか、なぜ討たれるのかよくわからないまま終わり、文章の意味が分からなくてもなんとなく話は分かるという珍妙で面白い詩になっている。ただあくまで英語詩なので、日本語訳したところでなんか小難しい文だなとしか思えないのが残念ではある。

ジャバウォックに関してはこの作中詩のみの登場なのだが作品の知名度に加え詩の完成度、全身像がはっきりしない不気味な怪物像が人を惹きつけるのかジャバウォック自体を題材とした作品や名前が出てくる作品がある。
作中のいたるところに造語や言葉遊び(と皮肉)が散りばめられた「鏡の国のアリス」は今なお独自性と魅力あふれる作品なので普段本読んでないホモも読むんだよホラ。
またジャバウォックの名前や意味も結構考察されているので興味のあるホモは調べてみて、どうぞ。

くっそどうでもいいが畜生アリクイモドキのトーヴやバンダ―スナッチもこの詩に出ている。
ついでにプレイ時のセリフは詩の歌い出しであり一文は「夕火(あぶり)の刻、粘滑(ねばらか)なるトーヴ」となっている。ジャバウォックは環境の破壊者を予言していた…?

このページへのコメント

演出が最高

0
Posted by 名無し(ID:dZwwQxjpJw) 2019年08月17日(土) 12:02:52 返信

シャドバ運営ほんとフレーバーテキストとセリフ回しのセンスは一流

4
Posted by 名無し(ID:CTuJLfLqkg) 2019年07月07日(日) 00:03:55 返信数(1) 返信

ボイス配役、話題性、イラスト、練られたストーリー、凝ったフレーバーテキストとボイス掛け合い…。
ゲームバランス以外は本当にいいゲームなんだよなぁ。ゲームバランス以外は。

12
Posted by 名無し(ID:W5qljJlwug) 2019年07月07日(日) 00:15:28

ジャバウォック予言者説

1
Posted by 名無し(ID:MCau+dXqrw) 2018年04月24日(火) 14:52:13 返信

サンキュー博識ニキ

0
Posted by 名無し(ID:EuTs8mevzA) 2018年04月23日(月) 21:45:22 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
悪質な荒らしが発生しています
目に余る場合、プロバイダーへの通報を致します
削除依頼や荒らし報告などはその他→wiki管理人へ連絡からどうぞ
編集規制解除