精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

サラマンダーブレス
コスト2スペル
クラスドラゴン
レアリティゴールド
タイプなし
パックバハムート降臨
CV 
相手のフォロワー1体に3ダメージ。 【エンハンス】6;その後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。

概要

第3弾カードパックのバハムート降臨にて追加されたスペル。サラマンダーがかわいい。
通常の2コス3点のダメージスペルとしてもエンハンスのAOEとしてもどちらも非常に扱いやすく、強力な除去スペルであるといえる。
特に2コス3点のダメージスペルがドラゴンに与えた恩恵は大きく、後にネクロ、ロイヤルなどにも与えられている。
また、エンハンスのコストも6であるため、使った次のターンには覚醒できる点も嬉しいポイント。
このエンハンスによって、それまで猛威を振るった乙姫はあまり見かけないカードとなった。
スタン落ちしたためローテでは使用不可になったが、アンリミテッドのアグロ以外のドラゴンでは今でも使われ続けている強カードである。
後に似た効果のうどんなのよ侮蔑の嘲笑が実装されたが、現在の環境ではこちらの方がよく使われている。

余談

本カードにおけるサラマンダーとは火の精霊であるが、現実においても「サラマンダー」と名のつく生物が存在する。サンショウウオである。
サンショウウオは両生類なので水辺で生活するなどサラマンダーとは真逆の性質を持つが、これについては「火事などで家屋から逃げ出すサンショウウオに炎が照り返した様が火の精霊のように見えたため、現在のようなサラマンダー像ができた」という説がある。
ちなみにサンショウウオは日本の内陸部では貴重なタンパク源として食べられていたらしく、北大路魯山人によって書かれたエッセイ「山椒魚」には同氏がサンショウウオを食べた体験談や調理法が記されている。

『腹を裂いたとたんに、山椒の匂いがプーンとした。腹の内部は、思いがけなくきれいなものであった。肉も非常に美しい。さすが深山の清水の中に育ったものだという気がした。そればかりでなく、腹を裂き、肉を切るに従って、芬々ふんぷんたる山椒の芳香が、厨房からまたたく間に家中にひろがり、家全体が山椒の芳香につつまれてしまった。』

北大路魯山人のエッセイ「山椒魚」より引用。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
制限解除