編集者を大事にする誠実なwiki

通常版

の外。役目の外へ。
イラスト違い

役目の外で見つけた幸せ
ゲートリベレーター・ラズリ
コスト:3フォロワー
クラスネメシス
レアリティゴールド
タイプアーティファクト
パックミスタルシアの英雄
CVたかはし智秋
イラストレーターヘスン
進化前
攻撃力3体力3
ファンファーレ レディアントアーティファクト2枚をデッキに加える。それらのコストを1にする。コスト1のスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。「このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードの名前」が6種類以上なら、自分のEPを1回復。
進化後
攻撃力5体力5

フレーバーテキスト

概要

第29弾カードパック「ミスタルシアの英雄」にて登場したゴールドのネメシス・フォロワー。

ファンファーレで5コス疾走4点のレディアントアーティファクトを2枚、コストを1にしてデッキに加える。この時点でだいぶ強い。続いて、コスト1のスペルを1枚サーチする。さらに、このバトル中に破壊されたAFの種類が6以上なら、EPを1回復する。アーティファクトタイプも所持しているので、各種サポートの受け手にもなる。序盤の潤滑油から終盤のサポートまでこなせる器用なカードだ。

...ん?コスト1のスペル?


登場時点であるHORローテではおそらく廻り出す運命をサーチしろということだろうが、そんなことよりアンリミがやばい。
同弾には同じく制限措置を受けていた加速装置の代替である天来の救光・レトラフィアや、スピネのアーティファクトが実質6枚体制になってしまう遺物の同調がある。
ローテAFを救うための調整だろうが、それ以上にアンリミへの影響が心配される。

ところで、コスト1のスペルのサーチには条件がない。つまり単体でAF以外のデッキにも出張できるということになる。
例えばアグロデッキで強力なドールズトレーニングや、(使う機会があるかは置いといて)カラミティ・モードなどの重要パーツを引っ張ってくることができる。使い方次第ではさまざまなデッキにメスを入れるカードとなりそうだ。

アンリミテッドにて

つ よ い (確信)

第2の能力であるサーチについては言うまでもなく、ラズリがカードプールにいるだけで1コストのスペルが手札にあることが前提のデッキを組める。
デッキの軸となる機構の解放廻り出す運命は当たり前として、引けば引くほど増殖していく熱線の支配のサーチも、RSL環境のAFネメシスにおけるバーンデッキとしての完成度を劇的に上げていると言っていいだろう。

だが、ラズリの活躍はそんな補助的なものに留まらない。第1の能力でデッキに埋める1コストのレディアントアーティファクトはリーサル要員としてあまりにも太かった
単純な打点もそうだが、レディアントは4/3とシンプルにガタイがよくガンガン投げ付ければ、それだけで相手側は後始末の盤面処理にも相当苦労する。そして処理されてもラストワードによるドローでAF側の攻め手が切れない。

またこのカードは、性質上デッキへのピン差し適正が異常に高いことも知られている。
例えば、デッキに採用するアーティファクト・カードをゲートリベレーター・ラズリ1枚のみ(残りは全て非AFカード)とする。その場合、秘薬の創出者などのAFサーチカードで引くカードは当然ゲートリベレーター・ラズリが確定となる。そうして引いたラズリをプレイすれば、能力により1コストのレディアントアーティファクトを2枚デッキに加えるのだが、そのレディアントは言うまでもなくラズリと同じくアーティファクトタイプを持っている。

つまり、通常の確定サーチ構築では起こりがちな「サーチ先を引ききってしまったらサーチ元のカードが腐る」という現象を、ラズリというカードは克服しているのだ。そればかりか一回ラズリを引いてプレイすることができれば、最初はラズリを引くためのサーチカードが、1コストレディアントサーチャーという強力なカードへと生まれ変わる
さらにレディアント自身もラスワによるサーチ能力を持っているため、ドミネートデバイス・ジルクなどの何らかの手段で自壊を行えば、継続的にレディアントを投げつけることさえできる。

上記のギミックを利用し、非AFデッキながらサーチカードによって高速でレディアントを手元に揃え、アグロするデッキタイプまで成立してしまった*1
逆にラズリの2枚など他のAFをデッキに採用すると、1枚目のラズリのプレイ後は1コストレディアントかそれ以外のAFかでサーチ先がぶれてしまい、デッキの安定感が損なわれてしまうことがあるため、このギミックを採用する際は、少なくともデッキ内に採用するゲートリベレーター・ラズリの枚数は1枚のみとする場合が多い。

AFネメシスの便利枠やサーチャーとして活躍するのみならず、1アーキタイプを生み出すこともしてしまった稀代のパワカである。だが……。

この結果は当然のものです



2023年7月11日付で、がアンリミテッドにて禁止カード指定に。残当。

登場当初のアンリミ環境ではラズリからの機構の解放サーチが強すぎて、加速装置の制限以降すっかり鳴りを潜めた、いわゆる「純AF*2と呼ばれるデッキが復活していた。してしまった。
そのためこの女は、逆に「機構の解放をナーフ・禁止する言い訳として刷られた」という説が実装前から囁かれており、それが本当になったとも言える。
ん?こんなこと前にもあったような?たまげたなぁ……。

なお2024年7月現在でのアンリミ環境では、加速装置の制限が解除されたこともあってラズリやメカニカルドッグなどが中心となる【進化共鳴ネメシス】*3が環境を風靡しており、そちらでもレディアントサーチギミックに加速装置を加えた組み合わせがエグいことになっている模様。ラズリの明日はどっちだ。

サーチ先

イラスト違いカード


ミスタルシアの英雄に封入されるイラスト違いカードとしても採用された。
今回は水着ではなく、もう一つのイラスト違いであるプリンセスドライブと同様、夏祭りを背景に浴衣を羽織ったイラストとなっている。生真面目そうな女性が休暇を楽しんでるのって可愛いよね。


進化後の背景にはロストメモリー・ジャスパーの姿も。

ちなみに神撃のバハムートでは、こちらとは別にラズリの水着イラストも登場していた。
サマー・ラズリ

余談

何故かリメイク前には無かったタイプ:アーティファクトがついている。
ショッカーの陰謀であることは確定的に明らか。
KMRはシン・パメラを映画化しろ!

関連カード

このページへのコメント

進化ネメシスが絶望ナーフ影響で虚数を始めとしたメタ枠が不要になって、自壊カード入れれるようになったおかげでいよいよ手が付けられない領域に入った

3
Posted by 名無し(ID:/z/iV+NOmQ) 2024年07月04日(木) 02:18:04 返信

自分で使うと埋めたレディアント引けないのに
同じようにアナライズ混ぜてる相手はさっさとレディアント引き切ってるの理不尽でしかない

0
Posted by 名無し(ID:DzGztKLRuw) 2024年06月08日(土) 10:35:31 返信

最近はマリガンでアギルなくても進化ターンまでに引ける前提でキープしたりする
アギル起動後は3コスがなんやかんや重いので序盤に着地させておきたい
2回着地したらだいたい勝ってる印象

0
Posted by 名無し(ID:+LsrqK4m4w) 2024年06月08日(土) 03:28:35 返信

レディアントアーティファクト2枚をデッキに加える←わかる
それらのコストを1にする←?

1
Posted by 名無し(ID:fe/zVsPXSA) 2024年06月01日(土) 13:56:22 返信数(5) 返信

コスト1のスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える←ええんか!?

2
Posted by 名無し(ID:SmcsiCQFgA) 2024年06月01日(土) 15:02:36

ランダムなのでセーフ

0
Posted by 名無し(ID:ezgAEEB09Q) 2024年06月01日(土) 15:19:31

AF→誕生熱線どっち引いても美味しい
アグロ→饗宴確定
共鳴→カオス確定
 
セーフとはいったい

0
Posted by 名無し(ID:LjsJs0yAcA) 2024年06月01日(土) 15:32:02

アウトじゃないということはセーフなので

0
Posted by 名無し(ID:oEjDmeN0sQ) 2024年06月01日(土) 15:46:07

あんまり相性良くなくても、1コストスペル入れないと損をした気になるのが最大の弱点

1
Posted by 名無し(ID:zED5AgxPEg) 2024年06月01日(土) 22:34:44

解放が制限復帰すら許されなかった原因

3
Posted by 名無し(ID:ND2cCC5L5Q) 2024年05月23日(木) 13:55:24 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集




クラス別カード一覧




【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
こまめに水分を摂りましょう