精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

カウントダウン
カウントダウンを持つアミュレットが場に出ると、カウントダウンのあとに書いてある数字が表示される。自分のターン開始時にカウントダウンが1つ進む。カウントが0になったアミュレットは破壊される。

概要

最初期から存在する基本的な能力。
主に、アミュレットのラストワードを発動させるのが目的のタイプと、アミュレットの効果に制限時間をもたせたタイプの2つがある。

前者の代表例はビショップの詠唱アミュレット
出来る限りカウントを早く進めラストワードを発動させることで有利になれる。アミュレットのカウントを素早く進めるカード(カウント加速)がビショップに数多く存在する他、最近は効果で自身のカウントを進めるアミュレットも増えてきた。
弱点は効果に時間差が生まれてしまうこと。そのためアミュレットを置くターンはテンポロスに陥りやすい。神魔裁判所三月ウサギのお茶会ファンファーレも持ち合わせているためこういった弱点を感じにくい。というかファンファーレが本体
ちなみにこういった効果に時間差のあるカードは、初期はカウントダウン1が1コスト相当でデザインされていた。代表例は詠唱:聖獣への誓い。カウントダウン2の2コストのアミュレットなので4コストのが出てくる。だがインフレが進み、今ではいにしえの聖域のようにこの計算方法では帳尻が合わないカードも多い。基準が変わったのだろう。そもそもエボの獣姫の時点で2コストおかしい

後者の代表例は力比べペガサスの結晶像
永続的に効果を発揮するとマズいと思われたアミュレットや低コストのアミュレットにつくことが多い。こちらは反対にカウントをなるべく進めないほうが有利になる。
ずっと場に残らない点は、短所にも長所にもなる。力比べダークアリスはカウントダウンが強みになっている例。

他にも、不穏なる闇の街のようにドローに時間差をつけるために使われたり、詠唱:白牙の神殿のように複合型のカードもある。

関連カード

気高き教理
最も基本的なカウント加速カード。扱いやすく便利。
鹿
どれもアミュレットを破壊する能力を持ち、カウントダウンを無視する事ができる。場に残しておきたいアミュレットも破壊してしまうのが難点。
スタープリーステス
アミュレットにも使えるウルズ。カウントダウンを踏み倒したり、逆に復活させたりできる。
詠唱:白牙の神殿
ラストワードでフォロワーが出るばかりでなく、場にある限りライフ回復、おまけにライフを回復するとカウントを進めると、カウントダウンアミュレットの集大成みたいなカード。
安息の絶傑・マーウィン
場に出た時色々起こる。特筆すべきは自分のカウントと一緒に相手のカウントも進めること。これにより場に残したいタイプのアミュレットのメタにも使える。
結晶を持ったカード
を除けば全てのカードがカウントダウンを持つ。ラストワードで自分を出すようになっているカードが多い。

このページへのコメント

カウントダウンTV懐かしすぎて草

0
Posted by 名無し(ID:LotD1sV8rQ) 2019年07月04日(木) 19:42:14 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ