精神削ってまでランクマしなくていいから・・・

想定環境;アンリミFOH前期

概要

オズううううううううううちゅきいいいいいいいいいい♡♡♡♡♡♡
ということで、今現在骸やAFという魑魅魍魎が跋扈しているアンリミテッドにおいて何とかしてオズが輝けるデッキがないかどうかを研鑽しました。多少デッキは途中でいじくったりしましたが、このデッキ一筋でアンリミのウィッチ勝利数ランキングでは一位、MPランキングでは50から60位前後になれているのでまあ悪いデッキではないと思います。オズと僕は相思相愛です、今夜も一緒にいちゃらぶ赤ちゃんメイキングします( *´艸`)

サンプルデッキ



・必要生成エーテル 33,250
デッキコードはこちらからhttps://shadowverse-portal.com/deck/1.3.6xkxQ.6xkx...

採用カード

グラウンドサークル0コス土の恐ろしさは割愛。いざという時に気軽に秘術効果を働かせられるから積み得。ガデゴもいざという時に有用。しかし対AFだと余計な当たり所を増やし、ソリティアを助長させてしまうこともあるので気を付けよう
星見の望遠鏡ドローエンジン。一コス土最強候補。最後の最後に来たこれで禁約君のバーンが足りて勝てた試合が20試合くらいあった
猫の奇術師頭おかしい(誉め言葉)これがいるかいないかで土を割る速度が桁違い。あくまで序盤のボードアドバンテージが取れるだけでなく、5ターン目においておくとアダマンタイトゴーレムの燃料を2枚とっておいてくれる優れもの。調子に乗って盤面ロックには気を付けよう
魔女の大釜ドローエンジン。デッキをたくさん回すのに必須。このデッキは意外と手札があふれやすいのでトップが燃えるのには気を付けよう
エクステンドマジック土ドロソの期待の新人。精神統一を過去のものにした。盤面干渉しつつ土を2枚割れて2枚もドローできるとかさすがにやりすぎじゃあないですかねぇ…?ローテのどっかの専門店のせいでヘイトを集め、ナーフ候補に挙げられそうで怖い
境界の魔道士AOEの要。これがいないとAFの4ターン展開や骸の展開を返せない。土をたくさん割ってくれるのでロック解除要因にもなりえる。雑切りは基本NGだが、リノセウスやミントネクロなどの序盤放置組にはポン置きもあり。うまくいけば進化ターンにAOEをまき散らしながら4点パンチができる
マナリアの偉大なる研究迷った挙句の採用。というのも、今のアンリミはダメージカットが非常に重要であり、禁約君をこまめに切らないといけなくなる。もちろんフィニッシャーとして最低一枚は残しておかなければいけないため、実質二回分のバリアで耐えなければいけない。そんな時にピン差しのこれがあればコストが余った時に使えたりして便利。また今は教会や虚数物体対策のおまけで禁約君が被害を被ることもあるので禁約君の重ね張りなどもしやすくなる。対リノセウスとかに試してみよう
真理の魔鏡ダメージソース兼ドロソ。対アグロヴ特攻兵器。今のヴは銀矢の狩人ヴァンパイアスレイヤー・ルシウス密約の吸血鬼やイオちゃんなどコピーするアドが高いフォロワーが数多く存在する。特にイオちゃんはめったにコピーできない分決まった時のアドは想像をはるかに上回る。主には術式を加える効果をメインに使っていく
でたらめな接合痛くなったらすぐ節子。手札が事故を起こした時や、どうしても盤面を返せない時。そんな時に一枚だけ入っているこれを使って盤面リセットからの5枚ドロー。新たなる運命テミスの審判が弱いわけがない。ただし、後述の理由から安易な使用は避けよう
ストームエレメンタラー対教会ビショ、ミントネクロ特攻。禁約君バリアがはがれてしまいそうなときにチョイっとこれで手札に戻してあげて再利用するのが主な使用用途。その時の2点回復が非常にありがたく、特にぎりぎりの凌ぎあいをするAFや教会にはこれがないとあっさり負けてしまう(主にムニャールとかいう糞猫のせいで)。進化時効果も非常に優秀。3点ダメージを飛ばせるので骸の王の8/8スタッツを(それ単体ならば)返すことができる。禁約君がない時も、望遠鏡を使いまわせるので小回りの利くサポーターとして2枚採用
変成の魔術このデッキの最重要カードの一つ。これ一枚で墓守結晶も棺も教会も虚数物体も冥府もエイラも(ついでにジャイアントマッチも)ともかく全てのアミュレットに対応することができる。新ユリウスやヨルムンガンドなど、アグロヴァンプの厄介なフォロワーを抑え込む動きも可能。また3ターン骸への回答の一つでもある。それどころか、2T目の棺や墓守結晶をこれで消滅させることができたら相手は3T目に骸を置くことさえできない。このカードをどのタイミングでどう使うかによってこのデッキの勝敗は分かたれることとなる。先ほど安直にでたらめな節子を撃つべきではないといったのもこのカードがある故である。対ビショ(教会、エイラ問わず)、対ネクロ(ミント、骸問わず)にはキープ及びマリガンで全力で引きに行こう。
《世界》・ゼルガネイア困ったときの世界さん。(主にスぺブ軸のせいで)まともな回復をもらえないウィッチにはこの5回復が非常に多きい。時に今のAFは途中からレディアントアーティファクトを進化して顔を殴ってきたりもするのでそれをほぼ無効化するばかりか、進化権なしで一体除去+2枚ドローもできてしまう。土との直接的なシナジーがあまりないためピン差しだが、本当に意外なところで役に立つので、偉大なる研究で増やす候補だったりもする。逆位置の効果である10ターン目の直接召喚は、禁約君のフィニッシュを手助けしてくれるので引かなくても強い。ただしこちらのリーダーの体力が4以下だった場合は決して攻撃してはいけないので注意
冬の女王の気紛れ対AFネメ対策でもあり、骸のインチキ展開メタでもあり、僕のお嫁さんであるオズの名コンビでもある。上の変成で骸の王の降臨を遅れさせ、ようやっと5Tくらいから骸盤面を作り出した相手をこれで地獄に叩き落すことができる。(相手もこっちのフォロワースケルトンに変えてるんだからお相子よ)デッドメタルスターのラスワ効果も封印でき、この最近増えてきた征伐の死帝の誘発型能力への対策にもなる。オズと絡めて(意味深)6T目に使用したら、手札のスペルをみんな1コストにしてくれるので非常に便利。あくまで変身であり除去ではないため油断は禁物。体力には十分な余裕を保たせよう。対AFにはこのカードで相手のAFフル展開を一ターン足止めできる。アナライズアーティファクトによるドロー加速や次のターンに再度盤面を構築されることで冥府のための墓地カウントを増やしてしまうのを阻害する。ただしその場合は最大5点(進化すれば7点)受けてしまう可能性もあり、シオンでバフされると二倍の10点から12点を削られてしまう場合があるのでケースバイケースで境界君と使い分けよう
アダマンタイトゴーレム土の中継のエース(ただしいざという時に裏切るので過信禁物)。今までの土のネックだった「回復の乏しさ」「使い勝手のいい除去の少なさ」「守りの脆さ」をすべて補ってくれる素晴らしいカード。土が何もなくても最低一回分は発動するのでリソース勝負な教会やアグロヴでは一線級の働きを見せてくれる。特にアグロヴはこいつが安定して出てきただけでほぼ勝ち。処理に回っている間に禁約君パンチが繰り出せる。ただし、ガデゴ召喚はAFネメにとっては格好の当たり的になってしまうので過信は禁物。下手したらクリティウスの牙を流しながら羽蛾の気持ちを味わうことになる。注目のセクヴァン効果は1ターン目猫の効果をサポートしてくれたり、困ったときに役に立つことが多い(マリガンで引いてきたときはご愁傷様)
禁約の黒魔術師このデッキ唯一のフィニッシャー兼ドロソ兼ダメカ要因兼回復要因(過労死じゃね?)。雑切りが許されないカードの一つ。だが出し惜しみして5点以上のパンチを食らってからでは遅いので中盤らへんに念のために出すのがよき。対リノ、ミント、教会では必需品であり、数々のデッキがこれのメタに熾天使を積んでいる中、いかにこいつで身を守るかがこのデッキの耐久戦の鍵。ついでについてるドローと回復がめちゃくちゃありがたい。本体のバーン効果は虚数物体やブローディア、素出しシオンをどうやって潜り抜けて叩き込むかを考える。幸い割った土の数+2が打点となるので8から9ターン目まで耐えてたら普通にリーサルできたりする。偉大なる研究は基本このカードに使おう。唯一の明確な勝ち筋なので、これを3枚切って勝敗が付かなかった場合は実質上の敗北となるのできを付けよう。効果がてんこ盛りで至れり尽くせりだが、こいつは今ローテで大暴れしているカードの一つなので(主にキャルちゃんの存在のせいで)ナーフされる可能性が高い。
未知の求道者・クラークダメージソース兼土出し要因兼ドロソ兼いざという時のための9枚ドロー要因。左のうち前者三つが主な使い方。2ターン目の動きはほとんどこれか魔鏡が主流。顔詰め、盤面処理と応用が利く。本体の9枚ドローは、最後の最後までデッキに埋まってた禁約君を引っ張ってくる役割で使うが、残りデッキ8枚以下の時(あるいは次に割れる土が魔女の大釜の場合で9枚以下の時)に使用すると強制敗北になってしまう。また、「ここはまずクラークのアクセラから入ろうか」と思って10PPの時に出しちゃうと手札が全部消えてしまうので注意。そんなこんなでプレミを誘発しやすい本体効果だが、この効果は対庭園ダゴンゼル戦の時に役に立つ。理由は後述
オズの大魔女オズううううううううううううううううううちゅきいいいいいいいいいいいいいいいいいいい♡♡♡♡♡♡♡♡♡うおおおおおおおおおパンパンパンパンパンパンパンパンパン♡♡♡♡♡♡うっ…!(ドピュドピュドピュドピュ〜〜♡♡♡♡♡♡)…ふう、濃いのがいっぱい出ちゃった…♡このデッキの主役。このデッキはもともと彼女を輝かせるために作ったものである。(というか、俺オズを使わないアンリミウィッチデッキは使わないし)このデッキにおける彼女の役割は手札枯渇時のドローと手札のスペルのコストダウンによるサポートがメインである。しかし、もともとこのデッキはドローソースが多く、トークンも手札に加えることが多いので手札5枚以下という状況はあまり起こらない。むしろ、アダマンタイトゴーレムで加えた0コストの魔術の一撃を一コストに上げてしまうこともあるので実際には出さないほうがいい場合のほうが多い。だが、もつれにもつれた消耗戦の場合、彼女はこの上なくその真価を発揮する。そしてそういう状況は結構な割合で起こりえる。そんなケースになったときに「最後の最後で押し切られた」という悔しいことが起こりえないためにも彼女はずっと僕のそばにいてくれて、戦う機会を待っているのである。全ては僕を勝利に導いてくれるため。僕はオズのものだし、オズは僕のもの。その妖しげな表情の裏にあるのはなんなのか。気弱な少女なのか、くすんだ老人なのか、それとも醜い化け物なのか。オズ…たとえ君がどんな在り様をしていても、どんなに虚構で彩られていたとしても…それでも君は僕の運命の人だよ。どうか僕を離さないでおくれ、僕も君を離したりはしないから…。まじめな話をすると彼女と役割が競合する大地の魔女は、このデッキだと過剰ドローになりがちな上に盤面の土の数に効果を依存してしまうので、オズのほうがこのデッキにおいては適役である。基本は冬の女王の気紛れとセットで使うことが多い。が、彼女はラストワード能力のデメリットが非常に強大なので相手からしたらぜひとも返しのターンで取っておきたいフォロワーでもある。なのでいざという時は何にも考えずに素(股で)出して相手の動揺を誘うのもあり。というか、オズの太ももに挟まれてぴゅっぴゅしたい。あともうひとつ言えば、まるでこちらを誘っているようにしか見えないそのぷりんぷりんなデカい桃尻に体のいろんなところを使ってすりすりしたい。というかオズのお股に顔をうずめてすうううううって呼吸したい。それだけでランクマの疲れがとれていくと思う

採用検討枠

インパルスアルケミスト最近禁約君のメタとしてリノセウスやミントネクロでは熾天使の剣をデッキに入れているケースが非常に多い。なので、相手のリーサルターンに入った際に禁約君2枚張りができたりする。しかし3コストと(アンリミでは)重く、相手の盤面に触れるカードではないので採用は目下検討中
熾天使の剣ミラーをメタれる、虚数魔術と教会と潰せるといいとこ尽くし。しかし、エンハンスが邪魔なので熾天使の剣→禁約君のコンボはできない。また、フォロワーを基本的に出さないリノセウスには完全にお荷物となる
ハンマーソーサラー・ジオス必殺で骸を対処可能かつスペル一枚サーチが付いているので変成の魔術が引っ張ってこれる。気紛れを引けばくそでかスタッツに、エクステンドマジックを引けばドローエンジンになる。対骸には強いがそれ以外のデッキにはあまり刺さらない。それどころかアグロヴァンプにはヨルムンガンドを破壊するためのサポートをさせてしまうので選考から除外させてもらった

マリガン

共通
最優先:変成の魔術(ただし、リノセウスとロイヤル、庭園ドラとAFはその限りではない)、境界の魔道士
優先:0〜2コストで動ける土のカード(グラウンドサークル、星見の望遠鏡、猫の奇術師、クラーク、真理の魔鏡、魔女の大釜、禁約の黒魔術師)
持っておけるならばキープ:エクステンドマジック、でたらめな接合、ゼルガネイア、ストームエレメンタラー
マリガン推奨:マナリアの偉大なる研究、オズの大魔女、冬の女王の気まぐれ
マリガン必須:アダマンタイトゴーレム(ただしトップで引っ張ってくるべきカードではある)

なお、オズと手札でずーっとイチャイチャしていたい人はオズキープ推奨。俺はよくやってる。オズって肩だししてるから体がすっごく冷えちゃうと思うんだ。そんな時には手札に呼び込んであげてぎゅ、って肩を手で掴んでギュ〜〜ってしてあげたくなっちゃうよね。俺はいつもそうしてる。するとオズは俺を包み込むように抱きしめ返してくれるんだ♡すっごく密着できて良き( *´艸`)。それで互いの顔がキスできるくらいの距離まで縮まり、あともう少しでくっつきそうってところであえてオズに「ねえ、キスしてもいい?」って聞いて少し恥ずかしそうに「いいわ」って答えてもらったら、数多の人々をその虚構の魔術でおぼれさせる「嘘」をついてきたオズのきれいなふるふると震える薄い桜色の唇にしっとりと、静かにしかし互いをしっかりとなじませるように口付けして唾液を混ぜまぜっこしたい。そしてその様を対面の対戦相手に見せつけたい。多分これだけで大半のプレイヤーはリタイアする。
対エルフ(主にリノセウス)
キープ推奨:上記「優先」組、ストームエレメンタラー
マリガン推奨:冬の女王の気紛れ、オズの大魔女、変成の魔術、でたらめな接合、アダマンタイトゴーレム
対ロイヤル(主にアグロ連携)
最優先:境界の魔導士
キープ推奨:上記「優先」組、ストームエレメンタラー、エクステンドマジック、でたらめな接合、ゼルガネイア
マリガン推奨:冬の女王の気まぐれ、オズの大魔女、変成の魔術、アダマンタイトゴーレム
対ウィッチ (冥府土、式神、ドロシー抜きドロシー)
キープ推奨:上記「最優先」、「優先」組、エクステンドマジック、でたらめな接合、ストームエレメンタラー
マリガン推奨:オズの大魔女、アダマンタイトゴーレム
対ドラゴン(ディスカ)
キープ推奨:上記「優先」組、境界の魔道士、エクステンドマジック、ゼルガネイア、ストームエレメンタラー
マリガン推奨:オズの大魔女、アダマンタイトゴーレム、変成の魔術
対ドラゴン(庭園)
キープ推奨:上記「優先」組、境界の魔道士、マナリアの偉大なる研究、ストームエレメンタラー
マリガン推奨:でたらめな接合、オズの大魔女、冬の女王の気紛れ、ゼルガネイア、変成の魔術
対ネクロ (骸)
キープ推奨:上記「最優先」、「優先」組、ストームエレメンタラー、エクステンドマジック、(オズの大魔女)
マリガン推奨:アダマンタイトゴーレム、
対ネクロ (ミント)
キープ推奨:上記「最優先」、「優先」組、ストームエレメンタラー、エクステンドマジック、ゼルガネイア(オズの大魔女)
マリガン推奨:アダマンタイトゴーレム
対ヴァンプ (アグロ)
キープ推奨:上記「最優先」「優先」組、ストームエレメンタラー、エクステンドマジック、ゼルガネイア、でたらめな接合
マリガン推奨:アダマンタイトゴーレム、オズの大魔女
対ビショップ (教会)
キープ推奨:上記「最優先」、「優先」組、ストームエレメンタラー、エクステンドマジック、ゼルガネイア、でたらめな接合
マリガン推奨:オズの大魔女、アダマンタイトゴーレム、
対ネメシス
キープ推奨:上記「優先」組、境界の魔道士、エクステンドマジック、ゼルガネイア、でたらめな接合
マリガン推奨:変成の魔術、オズの大魔女、アダマンタイトゴーレム、

プレイング

盤面で押してくるAFや骸や教会は後ろよりの動きを意識して術式をため込んだり、アダマンタイトのための土を確保したりと、どっしりしたボードコントロールが重要となる。(ロイヤルやディスカドラもこの部類)。術式は余力があれば顔に打ち込んで相手を牽制してもいいが、アグロ系のデッキには処理に立ち回ることが多い。耐えて耐えて耐えた後にアダマンタイトゴーレムで一気に攻めに転じ、相手がそれの対処に追われている隙をついて禁約君でフィニッシュが主な勝ち方。ワンパターンではあるが、決まった時の爽快感はなかなかのもの。一方で、ミントデスタイラントとリノセウス相手にはとにかく前倒しな戦法が求められる。惜しみなく進化を切りながら敵の妨害を押しのけ、相手のリーサルを禁約君で防御しよう。

相性

対エルフ
(相 性 最 悪)どれぐらい悪いかというと、マッチングしただけでリタイアを推奨するほど。マギサなどのアグロプランを取ってはいないので8ターン目までに土を割りながらリノセウスを耐えなければいけないのでほぼムリゲー。頼みの綱である禁約君も熾天使の剣であっさりはがされてしまう。まともにフォロワーも出さないからエクステンドマジックもストームエレメンタラーも腐りに腐り果てるし、うかつにフォロワーを出せば対空射撃の当たり所になってしまう。それでも、可能な限りフォロワーを立てて顔を削りに行こう。場合によってはオズをポン置きして相手に除去リソースを割いてもらろう。それでもバインドとバウンスで対処されるとかなりきつい。ちなみに自分の対リノセウス勝率は一割です。
対ロイヤル
カモ。盤面勝負と小型疾走の積み重ねなので、しっかりと処理し続ければゼルガネイアやアダマンタイトゴーレムがきっちりと止めてくれる。
対ウィッチ
超絶な心理戦スキルを必要とする。7ターン目には互いが禁約君ガードを展開し、手札にもう一枚握っているかいないかを読みあうことが多い。そして、こちらは冥府を積んでいないのでダメージソースの利は相手にある。冥府は返しのターンで変成できるようにしよう。
環境が安定し、やや遅めになった後期からはやはりコントロール殺しの超越が台頭。(もはやこのゲームはゲーム性を否定するようなデッキじゃないと勝てなくなってきてるんだよなぁ)
対処としては、1,2ターン目になるべくフォロワーを立てて、その後はとにかく顔、顔、顔に真理の術式を叩き込むこと。また、相手の式神は絶対に破壊してはいけない。テンポロスになるばかりか、超越カウントを早めてしまう。超越の基本発動ターンは7、このデッキは最低でも8ターン目までは勝てないので相性は不利。だが、先攻が取れれば勝てる可能性は十分にある。落ち着いて対処しよう。
対ドラゴン
そこそこカモ。ディスカならば荒牙の竜少女に気を付けつつ土を割って相手の展開に付き合っていけば8から10ターン目にはリーサル圏内に届いている。
注意すべきは庭園。途中から素早くアグロプランに切り替え、相手が庭園を出してきた返しのターンには4コストになった禁約君を叩き込んで決着をつけよう。この時、、本体のコストが5コストになったクラークが非常にいい働きをしてくれる。5コスト9枚ドローPP全回復なのでたとえ禁約君が引けてなかったとしてもほぼ確実に呼び込んできてくれる。もしそのターンで決められなかったら禁約君は結晶に使い、庭園を編成で変えて(変えないと重ねて庭園を置かれた場合禁約君を結晶で使えなくなる)相手のゾーイが切れるまで耐久しよう。熾天使の剣にはご用心。もっとも、エンシュor熾天使ダゴンゼルには絶対に勝てないのでこのデッキにも相性は悪い。
対ネクロ
骸はカモ。変成の魔術さえ控えていれば3T骸はほぼ確実に阻止できる。4Tならば境界君で、5Tならば気紛れで、6Tならばオズ気紛れかアダマンタイトゴーレムと、その場その場で対処可能。しかし、フェイタルオーダーゼウスorデッドメタルスターはおとなしく受けるしかないので禁約君バリアはこまめに張ること。どうしても処理できない場合は、なるべく高いスタッツのフォロワーを残さないように。被害を最小限にしておけば、返しのターンでゼルガネイアなどを使って対処できる。変成の魔術は有能な反面使いどころは限られてくるので墓守に使うか棺に使うかを見極めよう。なお、天界への階段に使うのはほぼ意味がないので非推奨。猫の奇術師はデスブリンガー結晶でスケルトンにされちゃうので自害できる方法を先に見つけておくといい。
一方、ミントネクロは相性不利。3T目に出てくる王墓の骸から出てくる黄金の棺を消すことでミント沈黙の詩を遅らせることができる。しかし、決められてしまった場合はデスタイラントの恐怖におびえながらの耐久戦が始まる、禁約君バリアは4点までは通してしまうので冥府プランやレディ・グレイやグレモリーなどの小粒フォロワーがじわじわと削りに来てしまう。何より土の破壊カウントが満足に進められなくなってしまうのでストームエレメンタラーが必須となってくる。守護は最低でも3枚以上は立てないと小粒進化→死霊の手(PP回復)デスタイラントなどのコンボをいともたやすく決められてしまうのであまりあてにしないように。また、仮に禁約を晴れたとしてもデスタイラント進化→冥府→熾天使の剣で21点一撃必殺コンボができてしまうのがこのデッキの厄介な点。余裕があるのならば禁約君は2枚張りしよう。このデッキはAFネメシスに次いだ最強デッキであり、(遅延してドローし続けてミント詩さえ決めればいいという小学生でもできる簡単6Tリーサルがウリである以上)現在アンリミで最も使用率が高いデッキの一つ。なので、このデッキに勝てないことにはオズコントロールはデッキとして生き残ることはできない。正直相手の手札次第ではどれだけ対策しても勝てないこともあるが、それでも可能性は0じゃない。耐えて耐えて、耐えた先に待つ勝利への希望をつかみ取ろう。
対ヴァンプ
そこそこの有利。最序盤の猛攻をしのいだ後、5T目に来るであろうヨルムンガンドを変身させるために変成の魔術か気紛れが必要となる。逆にそこさえしのいでしまえばあとはアダマンタイトゴーレムやゼルガネイアでボーナスタイム突入し、程よく自傷してくれているおかげで8Tリーサルがしやすい。
アザゼル入りヴァンプの場合は素早く術式によるバーンプランへと切り替える。ちまちまダメージを与えていたのではブラッドコアやゼルガネイアで回復されて無効化されてしまうので、10点分のバーンが手に入るまではじっとこらえよう。幸いその場合はやや後ろよりの構築になりやすいので十分ボードコントロールをする余裕はあるだろう。10ターン目にゼルガネイアでOTKをされる前に何とかして4回相手を攻撃しよう。オズ気紛れのコンボをしっかりと狙っていけたら、術式のコストが1になり、リーサルが狙いやすくなる。
なお、この最近はこのコントロールデッキに背徳の狂獣を入れる構築も流行っており、そちらは相性が悪い。なるべくAFの当たり所を作らないというデッキの特性上、ほとんどのダメージが顔に入ってしまう。小粒を並べただけならばイオちゃんがすべておいしくいただいてしまい、ドローをトリガーとするので相手の事故がほとんど見込めないもの辛い点。
対ビショップ
相性微不利。宝石の輝きの追加によっていよいよ引けない事故が無くなってしまった教会。この最近は博愛の翼人で教会をコピーして手札にホールドする動きがよく目撃されるのでその前に変成の魔術で潰しておこう。また、教会をつぶした後も安心はできず、取りにくいケツデカフォロワーたちを取りながら体力を回復させなければならないのでストームエレメンタラーorゼルガネイアが必須となってくる。こちらも6ターン目まで耐えられれば一息つくことはできる。しかし、ジャスティーやムニャ糞がいる以上は安心はできない。耐えて耐えて、耐えまくった挙句にさんざん顔面をしばき倒してきた怒りを込めて禁約君を叩き込もう。
対ネメシス
今環境のボスにして最強の難敵。これに関しては環境トップだからと安直に手を出す熟練度の低いイナゴと、熟練に熟練を重ねたネメシス使いで序盤のプレイングが大きく変わる(なお勝率はほとんど変わらない模様)。
まず共通認識として、余計な当たり所は作らないようにしよう、AFは盤面を強化した分だけソリティアをおっぱじめてきっちり全処理されるばかりか、PPをどんどん回復させることができる関係上かえって相手の盤面を強化してしまう。それだけでなく、冥府カウントも早くなってしまうので、相手にこちらのフォロワーを処理させる当たり所を極力減らしつつ、相手の展開を毎ターン確実に返していくプレイングが求められる(なんで処理能力が無限大なクラスの相手がそれ以上の処理を強要されるのか…)。また、猫の奇術師は確実に処理される自信があるときに使おう。じゃないとミュニエがついでに殺してくる(なんでメタりにくいクラスがメタを豊富に持っているのか…)。

1Tから3T目:イナゴはこの辺から一気に攻めようとする。必ず補充できるという確証もないのにアナライズや加速装置や機構の解放をじゃんじゃん切りまくるので落ち着いて対処していけばいずれ手札枯渇やAFがなくてうまく回せない問題へと直面する。たまにトップで最適解を引いたりして3Tシオンを作られたりもするがそれはもうどんなデッキも返せないのであきらめよう。ベテランは、対土対面ではこちらが3ターン目まで強い動きをしてこないのはわかっているのでじっくりとAFを埋め込んだり手札に引き込んだりしつつ4T目から加速装置+機構の解放で展開する準備をしてくるので土と術式を相手の顔に打って牽制しつつ相手の出方を見て、ソリティアの為の当たり所を増やさないようにしよう。この段階では変成の魔術を撃つ対象はいない。猫の奇術師はミュニエでラストワードを消される可能性があるので早々に殺しておくべき。

4Tから6T目:ここからはイナゴとベテランも大して動きは変わらなくなる。というのも「加速装置と解放ののちにAF並べ、余裕があればシオン」という動きが普通だからである。相手の手札が一杯ならば境界君で一気に一掃させて相手のドローをたくさん燃やそう。ワンちゃん冥府gア燃えてくれてるかも…?また、相手の場に加速装置が残っている場合はまた次のターンにあっさりとAF盤面を作りなおされてしまうので気まぐれで盤面ロックしてしまうのもありか。その場合は相手の手札のまわりを1ターン遅らせることができるというメリットがある反面、シオンを切られたら一気にスノーマンが2/2になって襲ってくる。どちらが正しいのかはその時その時でないとわからないためしっかりと盤面を読み込もう。
また、このターンらへんではうまく盤面を全部返し続けると、しびれを切らしたお相手がレディアント進化顔面、悪い時は解放を絡めてレディアント進化+シオンで8点パンチを食らわせてくる可能性があるので禁約君バリアを展開しておくといいだろう。レディアントで殴られた場合はゼルガネイアで対応しよう。アダマンタイトゴーレムはゴーレムに振り分けられた時が悲惨なので余力があるときに切ろう。

6T〜:そろそろ墓地が30くらい溜まり始めるので冥府警戒のために禁約君バリアを展開しつつ確実に返しのターンで変成の魔術を切って処理しよう。オズ気紛れを仕込んでおいて変成の魔術を一コストにできていれば、相手が禁約君警戒のために入れている虚数物体を押しのけることができる。禁約君自体は2面以上盤面には触れられないので確実にリーサルを叩き込めるようになってから使おう。序盤で打ち込んだ術式はこういう時のために役に立つ。

シャドバ史上最強のデッキ、押し寄せるはインチキカードの軍勢。おまけのように冥府というサブプランを使ってくる「無理ゲー」をこのデッキで真正面から受けて勝つの正直な話軽くドラマだと思うんよ。

以上、相性と各立ち回り紹介でしたー。

統計

先ほども言ったように、一応自分はFOH環境が始まってからずっとこのデッキでアンリミを走り続け、夥しい数のプレミや惨敗を重ね、現在進行形でデッキをいじくり続けた末に、どういうわけかアンリミウィッチ勝利数一位、総合MPランキング41位(2020年7月13日1:22pM現在)になってしまった(隙あらば自慢語り)一応1000戦くらいして勝率は6割から6割5分程度。まあ環境デッキ相手にそこまで立ち回れてるのならば上々だろうと思うんだけど、お前どう?(意見)





ダメでした…。いやぁ…勝ったり負けたりでMPが増えない増えない。でも、ちゃんと勝利数は伸ばせたから問題ないね!今月も頑張るぞお!

まとめ

エーテル出費も比較的に見て安い部類なので「オズちゅきちゅき♡」「アンリミウィッチで勝ちたい」「糞猫氏にさらせ」と思っている方にはぜひともおすすめである。
今のTier1の大半のデッキをメタりにいっているデッキでもあり、プレイングスキルはかなり必要(というかプレミする要素が多すぎる)ではあるが決まった時の爽快感はかなり大きい。しかし、環境が固まってくるにつれリノセウスやミントデスタイラント、超越といったいつものコントロール殺し達が跋扈し始めることにより、「8Tまでは絶対に勝てない」このデッキもなかなか辛くなってくる。しかも、それらのデッキがダメージカット必須なので、ほかのデッキもダメージカットを採用し、禁約君はついでのようにそれらで止められてしまう。さらにそれらのダメカをはがすためにリノもミントも熾天使を積んでいるのでこちらの禁約君バリアも有効打になりにくい…と正直きつい。

それでも。

それでも、俺はこのデッキを決して見捨てることはしなかった。だって、これが一番今の環境でオズを使って戦えるから。俺はオズを愛してる。オズも俺を愛してる。この愛だけは裏切らない、裏切ってはいけない。その結果は御覧の通り。愛でこの世紀末なアンリミ環境を戦うことはできるのです。これを読んでいる貴方の推しが誰なのかはわかりません。でも、このページを見てくれることで「俺も推しと一緒に戦ってやる」という気持ちになっていただけたのならば、私としてはそれが一番の喜びです。大丈夫、きっとできます。だって俺とオズにもできたのですから――――。

このページへのコメント

ミントデスタかリノセウスを使おう

2
Posted by  tosshan_main tosshan_main 2020年08月05日(水) 22:46:45 返信数(1) 返信

ひいいいいいん僕のモデレーターさんが辛辣だよぉ!(ノД`)・゜・。

2
Posted by  ozozozozozozozoz ozozozozozozozoz 2020年08月05日(水) 23:22:15

自分もオズ推しだからこのデッキ本当に助かります⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝自分もオズの為に頑張りましたがデッキに焼きネズミ作る方を採用してしまい自滅が異常に多かったです…

4
Posted by 名無し(ID:j+hSWghmGg) 2020年07月31日(金) 12:10:42 返信数(2) 返信

ありがとうございます!変異の雷撃は対庭園ゾーイ最強かーどなので採用の余地はあると思うのですが…如何せんそれ以外にはあんまり刺さらないのが難点ですよね…

1
Posted by  ozozozozozozozoz ozozozozozozozoz 2020年08月05日(水) 22:06:58

今更だけどIDで草

1
Posted by  goisgod goisgod 2020年08月05日(水) 22:24:04

ばと。で草

10
Posted by 名無し(ID:DnUXpyVkgQ) 2020年07月17日(金) 23:06:06 返信数(1) 返信

コメ欄に現れては暴走してるのめっちゃかわいい

11
Posted by 名無し(ID:EzGQ8ddCtw) 2020年07月18日(土) 01:03:34

ネメに勝つのこれ絶対無理じゃね?
相手事故らんと勝てんわ

1
Posted by 名無し(ID:mkSrCh21jA) 2020年07月14日(火) 04:32:46 返信数(1) 返信

エンシェントOTK来る頃には禁欲バリア貼るけど8tで詰めきれる事は稀やな
虚数もあるし死ぬほどキツイ
骸対面捨てるならアブソや破砕積んで相手のブン回り妨害した方が勝てるけどあくまで全方位メタってるデッキだし仕方ないね♂

そもそも別にオズそこまで必要じゃないとか言い出したら根本から否定することになっちゃうし、あくまで参考にしてあとは回しながら自分で入れ替えればええんちゃう?

2
Posted by 名無し(ID:G5TArvGNAA) 2020年07月14日(火) 04:47:23

やっぱオズってシャンプーしてくれる時もあの台詞言ってくるもんなの?

22
Posted by 名無し(ID:oIeZ6xna7g) 2020年07月13日(月) 14:00:53 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

おんj Shadowverse部とは

おんjシャドバ部用語集







【メニュー編集】

編集にはIDが必要です

閉じる
お知らせ
当wikiはおーぷん2chの「おんJshadowverse部」の身内用wikiとなっており、シャドバに関係しない記事も多くある点をご了承ください。
なにか疑問、不満などがあれば『その他→wiki管理人へ連絡』から御気軽にどうぞ
コメントが書き込めるようになった?きのこの山でも食ってろ